東京デザイナーズ・ブロック 2003

HAPPENING

10月9日〜13日の5日間、東京デザイナーズブロック(以下TDB)が、青山、原宿、渋谷、六本木、代官山、新宿、二子多摩川など都内各所で行われた。その規模もさることながら、東京には、様々なブロックがあるというコンセプトのもと広範囲にわたる開催場所や展示の仕方、様々なプロジェクトとの連動などアートフェスティバルとして、大変ユニークなものとなっている。ここでその一端を紹介できればと思う。


はじまりは、青山にある「IDEE SHOP」。ここはインフォーメーションセンターも兼ねたTDBの中心的存在だ。こちらに展示してあったのは、ミラノ在住のデザイナー、ジャージー・シーモアの作品。

『wellcome to scam city』 と名付けられた一連の作品は特殊な樹脂で固められた照明や、サウンドウォール、見た目とは裏腹に腰を下ろすと特殊樹脂が体の形に変形し、ぴったりフィットする溶岩が固まったようなフォルムを持った一見ゴツゴツしていて座り心地の悪そうなソファーなど、イメージ的には、おどろおどろしいもの。しかし、そこをポップにロックにまとめていて、彼の持つユーモラスさを伺わせた。

同ショップには、マサミチ・カタヤマによるワンダーウォールシリーズも展示されていて、キッチンシェルフとCDラックが。

鏡面仕上げのキッチンシェルフの引き出しの中には、蛇をモチーフにした倉品昌高のペイントが、硬質なアルミのイメージに柔らかい蛇や恵比寿などと書かれた漢字のイメージのミックスは不思議な魅力を放っていた。

次に向かったのは、骨董通り沿いにあるポールスミス・コレクションとウーメン。どちらもシー・ソウの作品があり、コレクションにあるシー・ソウ作のファー地のスツールには、マネキンが座り、店内との統一感をまったく損なう事のなく存在していた。

ポール・スミス・ウーメンには、同じくシー・ソウの作品が。こちらはやしの実をくり抜いたような椅子と、積み木を組み合わせた椅子。オーガニックで優しいデザインからなぜか女性らしさを感じた。ウーメンにいるからだろうか。

「IDEE SHOP」と並ぶ、TDBの拠点、国連大学へ。ここでは様々なシンポジウムや展示やが催され目を引いたのは、ブリティッシュカウンシルの主催で、今英国で最も注目される4人の若手デザイナーをフィーチャーした展示「グレート・ブリッツ」。大きなテントの中には、トルド・ボーンチェ、マティアス・ベンツォン、ダニエル・ブラウン、サム・バクストンの作品が並べられ、ブリティッシュ・デザインの底力が感じられる内容のものだった。

[NEXT]

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE