ロバート・クランテン

PEOPLE

「何かを創り出す」という意味を持つ、ドイツのゲシュタルテン出版社。90年代後半にその活動は始まったため、比較的若い会社とも言えるが、数多くのアーティストがゲシュタルテン出版社を通じて作品集を発表し、最近では、広告やレビューなどが一切取り払われたデザイン雑誌「Ubersee」を発行するなど、常に興味深い展開を繰り広げる注目すべき存在だ。デジタルの時代に、ひときわキラリと輝くゲシュタルテン出版社の出版物。そんな魅力的なカンパニーを支える、代表のロバート・クランテン氏にお話を伺った。



DSOS1: The User’s Manual by Designershock; Die Gestalten Verlag, 2001

まずは、クランテンさんのバックグランドから紹介して下さい。どのようなきっかけで、ゲシュタルテン出版社を設立されたのでしょうか?また当初は、商業デザイナーとして活動していたクランテンさんが、このようなデザイン書を専門に扱う出版社の設立者となった経緯を教えて下さい。スタートした当初のゲシュタルテン出版社は、どのような雰囲気でしたか?

アンドレアス・ペイエル、マーカス・ホルマン・ロゲスと私の3人は、エッセンで商業デザインを専攻する学生でした。80年頃にアンドレアスとマーカスはベルリンに移ったのですが、私は残って、デザイン論とマーケティングの勉強をしていました。それからしばらく経って、88年のことになりますが、ある人に、フランクフルトで開催された、世界でも1、2の規模を誇る消費者展覧会での、模型デザインショーの企画運営をしてみないか、というお話をいただきました。それは、すべてまっさらな白紙の状態から私達の空間を作る、という挑戦でした。会場のど真ん中、5千平方フィートという空間に、私達が決めたテーマに沿った作品を展示する、というものです。例えば「デザイン・フィクション」「ムーブ」「アグリー(醜いもの)」がその時のテーマで、週末には、パーティーイベントも開催したりしました。また何かのためと思い、カタログも用意しておいたのですが、今思えばこのカタログが、3人で制作した最初の出版物です。このイベントを通じて、グラフィックデザイナーの方達だけではなく、映像アーティスト、プログラマー、ゴーゴーダンサー、DJ、ミュージシャンなど、当時、これから注目されるであろうアンダーグランドやテクノシーンで活動する人たちと多く知り合うことができました。


Index-A by Charles Wilkin; Die Gestalten Verlag, 2003

89年にベルリンの壁が崩壊した後は、パーティーのフライヤーやレコードのジャケットデザインを、よく壁の東西両方に貼っていましたね。消費者展覧会には92年まで参加し、94年に「Localizer 1.0」という本を出版しました。これは、その当時に活躍していたデザイナーやレーベル、クラブ、アーティスト、プロジェクトなどを集めた本です。その頃から、アンドレアスとマーカスがデザイン事務所を経営し、私が一人でフェラーグ社という出版会社を運営する、というスタイルです。なんせ当初は貧乏でしたからね。いろいろな雑誌に、うちの会社のオーダーフォームを挟んでもらうようにお願いに伺ったものです。オーダーフォーム千枚で、5万マルクの収入を得ることができました。その証明書を持って、銀行に駆け込み、融資のお願いをしたものです。結局銀行から借りたお金を資金として、5千部の本を作り、それを3ケ月で完売させ、請求書の支払いをし、見本誌を協力者のみなさんや、親しい人たちに配りました。そのうちに、DTPの技術が一気に向上し、それと同時に、ビジュアル・カルチャーに対する感心と需要が増しました。その時にはもう、私は出版社の運営や利益を上げるということに関しては、知識も充分あったので、97年にゲシュタルテン出版社を設立しよう、ということになったのです。その時は、4作品のリリースからのスタートでした。


Ubersee 3; Die Gestalten Verlag, 2003

デザイン業界や、またその発展において、インターネットはどのような役割を果たしてきていると思いますか?またこの動きは、ゲシュタルテン出版社の発展に影響を及ぼしましたか?

インターネットは検索ツールとしては便利なものです。でも、コミュニケーションや運営をもっと円滑にするような影響のほうが、重要性は高いと思います。もちろん、インターネットへの需要があったからこそ、ベクターデザインが発展しました。でも、美が重要視されるコミュニケーションに対してのポジティブな効果には、影響力はあると思います。


Buro Destruct2 by Buro Destruct; Die Gestalten Verlag 2003

デザイナーとアーティストの境界線が、ここまで曖昧になってしまった時期は、今までにはなかったような気がします。デジタル分野では、多くのデザイナーが大変な苦労をしながら、利益無しでさまざまなプロジェクトを行っていますよね。こういった、境があやふやになってきた動きについては、どのようにとらえていますか?またこの動きは、ゲシュタルテン出版に何らかのインパクトを与えたと思いますか?ここでのゲシュタルテン出版社の役割は何でしょうか?アーティストとしてのデザイナーからの質問には、どのような立場で返答しますか?そして、この2つの間には、どのような特徴があると思いますか?

これについては、2つの見方があると思います。

まずは、アートとデザインの境は、その作品の内容ではなく、マーケティングの段階で最も色濃く出る、ということです。この状況を変えたいと思っているデザイナーは、決して少なくありません。そして彼らはアーティストになり、いざクライアントもいっぱい付くようになると、いきなり富を得、天狗になってしまう、という見方です。

もうひとつは、アートはどこまでいってもアート。それと同様に、デザインはデザインだということです。アートは自由で、そして革命的であるべきものです。そしてデザインは、問題を解決してくれる存在です。または、アートは思わぬ展開でアイディアを形にしてくれるもの。そしてデザインは、空間を組み立たせるもの、と言えるでしょう。

状況や好みに応じて、どっちの見方を取るかはその人の自由です。そしてどちらの見方も、それなりに力を発します。アートがエゴ的なものだとしたら、デザインは相互作用的なものです。アートは謎めいても良い存在ですが、デザインにはそれは要求されません。双方が持つ自由性や分野には常に人を魅了する力がありますが、DIY精神が強く、間違った方向に突き進んでいるようなアーティストやデザイナーには、どうしても疑問が残ります。グラフィックデザインがこれほどまでの発展を遂げたのは、多くの才能がある人たちに、キュレーターやクライアントといった中間的な人たち無しに、アイディアを膨らませ、それを多くの人に向けて発表する、という場所を提供したからです。実際私達も、こういった発表の場を提供できるように努力していますし、常に必要に応じて変化し、その場を拡大しています。


Demanifest by Stephen Johnston and Michael Spoljaric; Die Gestalten Verlag, 2003

ゲシュタルテン出版社では、新境地開拓のために多くの努力を積まれていますよね。レイアウトからフォーマットまで、どこをとっても、とても新鮮です。このような展開をする上で、見本にした人物などはいますか?

マーセル・ドゥチャンプ、マン・レイ、ルイス・バンネル、マレーネ・ディートリッヒ、ジョン・ピール、ジョン・レイドン、チャーリー・パーカー、ケン・アダム、スタニスロー・レム、黒沢明、スタンリー・キューブリック、レン・ライ、ビリー・ワイルダー、スージー・スー、ソウル・バス、ゲルハード・リヒター、ヨーゼフ・ボイス、マシュー・バーニー、マーティン・スコセッシ、ベルナルド・ハーマンなど、その他にも多くのライターやミュージシャンは、憧れの的ですね。


72-dpi; Die Gestalten Verlag, 2003

ゲシュタルテン出版社から発行されている出版物で登場するデザイナーの多くは、プリントというメディアだけではなく、デジタルやビデオなどの分野でも活動していらっしゃいますよね。そういった、異種ともいえるメディアが、ゲシュタルテン出版社のページに登場するということで発生する、難しさなどはありましたか?またそういった問題は、どのように解決しましたか?

他の本もそうなのですが「3 Deluxe Projects」や「DSOS1」「72dpi Anime」「Device」「Writing」には、DVDやCD-Rといったデジタル素材が添付されています。「DSOS1」などは、デジタルプロジェクト上の本が、どのように機能するかを紹介した好例です。プリントにある程度限界があるのは確かです。でも、紙面上でデジタル作品を表現するとか、コンテンツを再度掘り下げて解釈するといった可能性を持ったものだと思います。


What a Happy Life & Death! by Furi Furi Company; Die Gestalten Verlag, 2002

多くの会社がプリント上のものをデジタル化しようと試みていた時に、ゲシュタルテン出版社では、それとはまったく逆の方向に進みましたよね。そしてその結果、デジタルカルチャーにとっては、とても特別な存在となる出版物を発行するに至りました。ゲシュタルテン出版社で本をリリースするということは、デザイナーのキャリアにおいても、輝かしい成功と見なす風潮もあります。そういった、デジタルとプリントという2つのものについて、クランテンさんはどのような意見を持っていますか?またこれらは、2つの別々のものなのでしょうか?あるいは何か他のものなのでしょうか?紙とデジタル、そしてエレクトロニックには、どのような未来があると思いますか?こういった点をふまえつつ、ゲシュタルテン出版社は今後、どのような方向へと進んで行くのでしょうか?

本は手にとって感じることができるものです。重さもあり、においもあり、そして焼いて無くしてしまうことも可能なものです。素材に対する人々の好みは、想像以上に以外と強く、実際に触ってみたり、その本に深い愛着心を持つことは、その人によっては、素材とその素材が提供する情報との間にある、極めて抽象的な関係です。
何かを具体化するということは、半永久的なものにするために、デザインの要素を実体的な物体に素早く変化させるというものです。触覚的な要素は、ここでは大変重要な役割を担っています。フォームあっての機能という考え方は、機能あってのフォームという考え方とひと組です。プリント作品では、かなり膨大でフェティッシュなキャラクターを求めることが可能です。
それは、バーチャル的、あるいは抽象的なデザイン書を、各々のライフスタイルを取り入れたり、具体化させたりする傾向が人間にはあるからです。音作りが大好きな人達と同じで、彼らもまた、どこかで聴いた好きなサウンドをオリジナルとして、好きな音を自分のものにしたい、という気持ちがありますよね。将来的には、デジタルな範囲内での可能性が、具体的なコンテンツとブレンドされるのではないかと思っています。現段階ではコンテンツもまだ、再考の余地があると思います。今よりももっと、抽象的なコンテンツが受け入れられるには、もう少し時間が必要なようです。今はちょうど、パラダイムが変化している最中なのだと思います。


Writing by Markus Mai and Arthur Remke; Die Gestalten Verlag, 2003

これから先、プリント以外に、種類は違えども、合体してひとつのもになるようなメディアが出てくると思いますか?また、もしあった場合、これはデザインにとって、そしてゲシュタルテン出版社にとってはどのような意味合いを持つのでしょうか?

自分達の周りで何が起こっているのかを、何度もテストしたり、そしてたまには失敗しながらも、注意深く観察する、という意味だと思います。例えば、旅行ガイドブックは、写真や表などがあって、アナログ的な情報があり、ウェブのURLや電話番号、ホテルのリストが掲載されているということは、誰でも容易に想像がつく、いわゆるよくあるガイドブックです。でも将来のガイドブックにはDVDがつき、そのDVDには現地やハイキング先のイメージや、音楽も収録されるでしょう。未来の本のコンセプトは、さまざまなメディアのいいところだけをピックアップして、構成されるのではないのでしょうか。

Die Gestalten Verlag
住所:Mariannenstr. 9/10, 10999 Berlin, Germany
TEL:+49-30-729-13-2000
verlag@gestalten.com
http://www.gestalten.com

Text: Jonathan Carr from Negative Space Media
Translation: Sachiko Kurashina

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE