レスフェスト 2003

HAPPENING

レスフェストに足を運ぶようになり3年目。毎年毎年これだけの進化/変化を見せる映画祭は、他にないといっていいだろう。なにしろ、お題がテクノロジーの最先端をいかにアートに生かせるかということ。フェスティバルディレクターのジョナサン・ウェルズが説明するように、レスフェストから生まれたアニメーションテクニック「ロトショップ」(リチャード・リンクテイラー監督の『Waking Life』で使用された)だってある。アートディレクター達が新しい才能を漁りにくるのでも有名なフェスティバルだ。9月24日から28日までロサンゼルスで開催されたフェスティバルから最新情報と注目作品をお届けします。


THE WINNER OF RESFEST 2003 (HOLLAND 2003, Dir. Johan Kramer)
アムステルダムの著名な広告代理店「KesselsKramer」の共同創設者、ジョハン・クレーマー(彼は今フェスティバル「OFF THE MAP 部門」のドキュメンタリー『The Other Final』も監督)による賢い自己妄想フィルム。曇り空とグレーな空気が実にオランダで、眩しいくらいの青いスーツに身をまとった主人公の、絶妙なフレーム位置におもわず膝を打つ。レスフェスト2003の勝者、というタイトルにも実はふさわしいコンセプトと完成度。

SALAMI FIGHT ASSOCIATION (US 2003, Dir. Douglas Avery)
ベーコンがこんなにセクシュアルだったとは。無機質などこにでもあるアパートの一室。サラリーマン風の画体のいい赤ひげの男が慎妙な面持ちで登場。何を引っ張り出すかと思ったら、数パックのベーコンとダックテープ(強力ガムテープ。銀色で繊維がはいったものが規格商品となっている)。それを世にもおぞましい方法で身にまとい、びちびちと男の真剣勝負が始まる。肉に対する果てしないまでの執着。これを観た後にベーコンを食べれるあなたは、実に勇敢。

NINJA PAYS HALF MY RENT (US 2002, Dir. Steven K. Tsuchida)
世界の忍者に対する尊敬と畏怖は日本の皆様の想像を超えたもの。子供の頃「ニンジャ」に真剣になりたいと思っていた、という人に会うことも稀ではない。生活空間をシェアすることが浸透している(特に都市において)ようで、実はドアの向こうに隠された様々な葛藤が。それをニンジャファンタジーに絡ませて展開させたのがこの作品。素早く、静かで、いるかいないかわからない。そんなルームメイトが実は理想的だったりして。

THE JAPANESE TRADITION: RELATIONSHIPS (JAPAN 2003, Dir. Namikibashi as Junji Kojima & Kentaroh Kobayashi)
待っていました!昨年の『Japanese Tradition: SUSHI』(DVD Best of Resfest#3 にも堂々エントリー)シリーズの再来は喝采を持って迎えられました。海の彼方の東の果て(Far Eastと実際言います)の国、ニッポンの伝統と作法を丁寧な分析でぴしゃりと提言。今回は福永武彦の『愛の試み』のように、概念を実証するエピソード付き。実写とアニメーションの実に効果的なミキシングに会場は識者がいるかのような統括された笑いの渦。小島淳二監督(テーヴィーグラフィックス代表)、貴方はサイコーです。

MULIT (US 2003, Dir. Ivan Zacharias)
Hollywood が Bollywood に追い付いた!世界中にその華やかな姿を誇示するハリウッドだが、実はボリウッド(インドはボンベイの「ボ」をとって)の方が年間制作本数で群を抜く。それにしても決まったストーリーライン(美女が暑苦しい<それともカッコイイ設定なのか?>男との恋模様を、いやよいやよ、好きよ好きよでダンスに盛り込んだ徹底プロデュースの大ミュージカル。)でこれだけの歴史を築いてきたボリウッド。ついにはショートフィルム先鋭陣にもその熱が。偉大なるアメリカ神話「マレット」(てっぺんが短く、襟足が長いという実に醜くも美しい髪型)が生まれたのがインドだったとは(笑)。

THE M WORD (US 2003, Dir. Rocky Morton)
人生における最頂点の合併(“M”erge)…いや失礼、幸せな契り「結婚(“M”arriage)」。恋愛段階の駆け引きを通り越し、いざ人生をともにする決意をした男女の間には様々な見えない規則が存在する。オフィスの個室に設定されたこのダイアローグ(会話)には米国サラリーマンの必須アイテム、トールラテと蛍光ペンが登場し、見たこともないような分厚い(分厚すぎてキンコ—ズでバインディングしてきましたー状態の)企画書をもとに二人の軽快なやり取りが交わされる。夫婦の「あうん」の間が生まれる瞬間である。

ROOM SERVICE (JAPAN 2003, Dir. Namikibashi as Junji Kojima & Kentaroh Kobayashi)
またまた小島淳二フレーバーに富んだ完成度の高い作品。シティホテルの無機質な空間を押し黙ったユーモアで埋め尽くす、アーバン・ミス(都市神話)的存在の小林ケンタロウ扮するプロフェッショナル荷造りベルボーイと、山咲千里扮する生き甲斐を探すように買い物しまくったなぞの女性客のふれあい。こってりした照明がバブルに包まれた都市生活を示唆し、美しくも哀しい(笑)男女のふれあいが画面いっぱいに静かに展開する。

SQUASH (FRANCE 2002, Dir. Lionel Bailliu)
仕事場のダイナミクス(力学)を狭いスカッシュコートに投影しようなんて、フランス人以外考え付かないでしょう。というわけでどっしり重い、男のエゴと取り引きが蛍光灯に照らされた狭いコートでビシバシと交わされる。血をにじませながらの格闘は実に巧妙な精神プロセスをゲームの展開に例え、本当に脱帽もの。最終的には秘密兵器を持ち出した若手社員が決め手を打つ。それにしても「チャイニーズ・ウォーターバレル」って何だろう?

TREEVIL (FINLAND 2002, Dir. Christer Lindstrom, Aino Ovaskainen, Aiju Salminen)
世の中は実にうまくできているもの。そんな小宇宙を体現した人形アニメーションがおとぎの国フィンランドよりエントリー。気違いのように甲高い声で笑って逃げてしまうもみの木。それを捕まえたくなるのは人間心理と言うもの。が、それが許されないとしたら?車のバックミラーにぶら下がる木(車中芳香/消臭用のタグ。大概の車にかかってます。)はこうして作られるのかと関心。ルーティーンの大切さを痛感いたします。

FISH NEVER SLEEP (UK 2002, Dir. Gaelle Denis)
巫女さんのような女の子と回転すし屋と片田舎の漁村。そんな3つが夢の中のような無意識空間を浮遊するようにふわふわとしたアニメーション(しかし、白に黒、赤という強い筆使いで)に仕立て上げられる。訛りのきいた英語が何とも耳に心地よく、彼女の不眠性がこのあからさまな異国の地の設定に神話感を足し、若者なら誰しも経験する葛藤を、軽快に、普遍的に物語化。驚きのイギリスからのエントリー。

KID KOALA “BASIN STREET” (CANADA 2003, Dir. MONKMUS)
レコードサンプリング術に長け、オーケストラのような音空間を作り出すニンジャチューンのスター選手、キッド・コアラ。レコードと音にこだわる彼は、今回も常連のコラボレーター、モンクマス監督のシュールなアニメーションでニューオリンズのジャズストリートの独特の哀愁をかもし出す。それにしても私の夢と同じように身体の浮遊は、地面の重力から切り離されたように足から始まるのですね。

FUNKY SQUARE DANCE “PHOENIX” (US 2003, Dir. Roman Coppola)
正直に言ってこの作品が一番シンプル且つ斬新でした。フランスのポップバンド、フェニックスの曲を聴いたイメージそのままに映像の常識をやぶってのメモ書き的制作に挑んだローマン・コッポラ、普段は妹ソフィアや偉大なる映画監督の父親の陰に隠れてしまいがちな巨匠2世である彼だが、パーソナルなナレーションで、(しかも文字を読み続けなければならないと言う必然的効果で)見るものをスクリーンに釘づけにする。バンドメンバーの依頼のE-mailに始まり、ソフィアからのアドバイスや、自分の思いつきノート、そして彼女でスーパーモデルのフランキー・レイダーのプライベートダンスなど、ローマンワールドへ諸手開きでご招待。シンプルな中にも最新特殊効果が謙遜に盛り込まれた、映像の可能性を感じさせる新鮮な作品。

YOKO ONO “WALKING ON THIN ICE” (US 2003, Dir. Mike Mills & Arya Senboutaraj)
今回のマイク・ミルズワールドは白黒アニメーションによるファンンタジー。「え?これヨーコ・オノ?」っていうボーカルのことは、いつの間にか忘れて、必死に物語を追う自分がいることに気づくはず。ベッドの上で読む絵本の中のウサギが森の中を実際にかけ始めて、やがて降ってきた雪に埋もれて土に帰ってく草となる。その草に花がついて、それを嗅ぐのが最初の女の子で、そのにおいの細胞の中に閉じ込められた小さな小さなウサギが女の子の体内に雪のように落ちていく。女の子の身体に閉じ込められたウサギはかごに閉じ込められたウサギのメタファーで、それを女の子が助け出し、森の中にかえしてやる…といった緩いループを描いて戻ってくるという種の起原をも思わせる哲学世界。ヨーコ・オノの冴え渡る才能発掘力に喝采を送りたい。

CHAMPAGNE “MILLIONAIRE” (FRANCE 2003, Dir. Phil Dussol)
可憐なカメラさばきで、パリの街をインラインスケートで駆け抜ける現代の銀行強盗トゥルーパーを追う。白黒という一切の不必要を排他した効果と、光の飛ばしなどでスピード感いっぱいの、見事な映像。撮影にはやはりフィルムが使用された(AVIDにて編集)。この映像、もとはと言えば監督フィル・デュッソルが4か月に渡って違法に撮影した23分ショート『Easy Money』から編集されたもの。

THE POSTAL SERVICE “SUCH GREAT HEIGHTS” (US 2003, Dir. Josh & Xander)
シアトル在住の「デス・キャブ・フォー・キューティ」のボーカル、ベン・ギバードとロサンゼルス在住のジミー・タンボレロの郵便のやり取りでアルバムが作られたといういきさつを持つ「ポスタル・サービス」。80年代の音に多大な影響を受けるタンボレロのトラックがギバードのもとに送られ、彼の透き通るボーカルで、センチメンタルな歌詞が乗せられ戻ってきた。そんな切ない思いを未来型精密工場の無重力空間のような映像で表現。リズムにあわせて動きを刻む機械を見ていると、人と人が触れあうことがいつか過去のことになってしまうかのような不安に苛まれる。

MICHEL GONDRY RETROSPECTIVE

ドラマーとして活躍していたバンド「OUI OUI」のミュージックビデオを作り始めたところから映像作家のキャリアを築きあげたミシェル・ゴンドリ—。80年代に作られたという「La Ville」という曲のビデオは完璧エイティーズながらも、今見ても斬新なアイディアと映像編集力(良ーく探して下さい。本人も出ています)。OUI OUIのビデオにいち早く眼を付けたビョークとの数々のコラボレーション、そして最近ではゴンドリ—が手掛けたレゴのビデオが知られるザ・ホワイト・ストライプスとの継続的なコラボレーションによって、彼の確信犯的映像実験は続けられる。ドラマーとしてのリズムへのこだわりと、幾何学的表現、繰り返し行為への視覚的応用で、どの映像にもゴンドリー印が焼き印される。ダフト・パンクの初期傑作、AROUND THE WORLDではディスコ鍵盤、ベース音、ギターなどのセクションごとに仮装したダンサーを丸い階段状のセットに位置し、それぞれの音にあわせ、振り付けが工夫される。「真ん中のミイラはマイケルジャクソンへの敬意だよ」と冗談めいて見せるのも5年前制作のこの作品に対する自身の現れに他ならない。

最近のプロジェクトでエントリーしたのはカイリー・ミノーグの「COME INTO MY WORLD」、これまた、ザ・ホワイト・ストライプスの「THE HARDEST BUTTON TO BUTTON」。前者は街角四方を使って、ミノーグが歩き回るたびにすべてが2重、3重にと増えていく(あっぱれのデジタルアフターエフェクトは、ゴンドリーの弟オリビエによる)。見事なフローとどこまで行くのか的な限界への挑戦精神で、返り咲きを試みるミノーグまでをもキュートにクリエイティブに見せる。(ゴンドリーを見つけだしてきた彼女のプロダクションにブラボーを送ろうではないか。)後者は32セットのドラムセット(「メジャー・レーベルのミュージックビデオのバジェットにしたらたいしたことない出費さ」とゴンドリー)を駆使してバンドのシンプルな音を効果的に、視覚的にみせた作品。バンドの顔でありながら、神経質で有名なジャック・ホワイトの「何がおこっているんだかわからない」的な表情も手伝って(実にキュートだ)視覚的にもリズム感のある音の異空間が作り出される。

彼自身がロスの街角あちこちでドラムセットを広げて演奏した映像を編集し、サンプリング使用した「Drum and Drummer」も必見。自分をカメラの前に立たせて実験するその純粋な遊び心がいつまでもゴンドリーを映像のフロンティアに立たせることだろう。

SPIKE JONZE RARITIES

ファットボーイスリムのビデオ、「PRAISE YOU」のダッサダサダンサー軍団を覚えているだろうか。その名も「Torrance Community Dance Group」という架空の団体を率いる男こそ、リチャード・コフェーことジョーンズ氏なのです。(ここで明かすのもどうかと迷ったのだが、少なくともそうすれば会場で「あれってスパイクでしょ?」などという野暮な発言をしなくてすむはず。ロスの会場は上映後のランス・バングスとのQ&Aでも、誰一人として神話を壊す者はいませんでした。あっぱれ。)そのビハインド・ザ・シーンをドキュメンタリー(モキュメンタリー?)として撮影仲間のランス・バングスが、「TORRANCE RISES」として作品にまとめた。近所の教会地下での練習の様子から、振り付け案のぶつかり合い、そしてリンカンセンター(NYC)でのMTVミュージック・アワードステージで踊りを披露するハイライトまでを見事な感動のスペクタクルでお送りする。スパイク…いや、リチャードの没頭ぶりには最後に思わず涙します。

そしてその他にもスパイクのレア作品が倉庫から引っ張り出されてきています。「THE OASIS VIDEO THAT NEVER HAPPENED」は、バンド、オアシスの人気絶頂期に、懲りずにスパイクアタックでアイディアを仕掛けたら思いっきりボツられた、という傷(笑)を癒すかのごとく、そのアイディア収集の足跡をたどる。ごく普通の人たちがこんなにもおかしいのはきっとジョーンズのレンズを通す魔力に違いない。普通であって、そんな自分を堂々と見せるということは実にカッコイイ。そんな美学がジョーンズのドキュメンタリー作品にはいつもにじみ出ている。

そしてあの!クリストファー・ウォーケンをケーブルで吊り、ファンキーダンスムーブ(あれはウォーケンが6歳の時に習ったダンスムーブらしい。彼の年齢になり、それをなんてことなく引き出しから出して来れるウォーケンはやはり尊敬に値する)を披露させた、あの有名な作品はみなさんご存じだろう。これまたアイディア勝ちで、大御所にうんと言わせてしまう、そのジョーンズ魔力がご披露される。ウォ—ケンの独特のしゃべりで楽しめる「WEAPON OF CHOICE: FATBOY SLIM WITH CHRISTOPHER WALKEN COMMENTARY」もお見逃しなく。

レスフェスト2003 ワールドツアー
ワシントンD.C./10月3日〜5日/グロスベノー・オーディトリアム・アット・ナショナルジオグラフィック
ニューヨーク/10月9日〜12日/バウエリー・ボールルーム/トリベカ・パフォーミング・アーツ・センター
シカゴ/11月7日〜9日/ミュージアム・オブ・コンテンポラリーアート
東京/11月21日〜24日/ラフォーレミュージアム原宿
大阪/12月5日〜7日/なんばHATCH
博多/12月12日〜14日/IMSホール
この他にも、10都市以上での開催が予定されている。
主催:RES MEDIA GROUP (米国ニューヨーク州ニューヨーク市)
http://www.resfest.com

Text: Aya Muto from New Image Art Gallery
Images courtesy of Resfest

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
マリアンナ・ドブコウスカ
MoMA STORE