アルス・エレクトロニカ 2003

HAPPENING

CG-ARTS協会は、文化庁とともに文化庁メディア芸術祭を主催しています。今回、文化庁メディア芸術祭の作品上映が正式なプログラムとして組込まれたこともあり、初めてアルスエレクトロニカに参加しました。同じメディアアートの祭典を運営している立場としてレポートしてみたいと思います。


24年目となる今年のアルスエレクトロニカは、オーストリアのリンツで9月6日から11日まで開催。今回は“CODE – The Language Of Our Time”をテーマに、展示、上映、シンポジウム、ライブが行われた。シーグラフと比較してもそれほど規模は大きくはないが、メディアアートの最先端が見られる場所であり、世界中からメディアアーティストやキュレーター、研究者が集い、交流できる場としてうまく機能している。シーグラフや、トランスメディアーレのチェアマンやディレクターも来ていた。

また、アルスエレクトロニカは、リンツ市内のホールや美術館をうまく活用している。アートイベントも巨大化してコンベンションセンターで行われるものが増えているが、既存の施設を活用しているところがとても良い感じだ。このあたりはヨーロッパならではなのだろうか。

初日の開会式はドナウ河畔にあるブルックナーハウスにて行われた。ブッシュ大統領の「テロ」「イラク」「ウエポン」という言葉のスクラッチ映像から始まり、いきなり強いメッセージ性を出している。

シビアな印象で始まった直後に、明和電機のパフォーマンスが行われた。リンツ市長らVIPのスピーチのあいまに三度も登場。シビアなメッセージの後にナンセンスな楽器を駆使したパフォーマンスに最初は、きょとんとするヨーロッパの人たちも最終的には拍手喝采が湧き起こった。

開会式の後は、屋外で音楽と映像のコラボレーションイベント「Visual Linzer Klangwolke」が行われた。かなり大掛かりなものであるが、クリスチャン・コロノビッツクリス・ラスカによる民族や歴史を強く感じさせる内容は、少し意外な感じがした。

[NEXT]

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE