インカ・ショニバーレ展

HAPPENING


9月14日まで、パビリオン・オブ・コンテポラリー・アート・オブ・ミラノでは、ナイジェリアン・イングリッシュ・アーティスト、インカ・ショニバーレの個展が開催されている。演出を担当したのは、ジャン・フバート・マーティンだ。ショニバーレは、独自のリサーチの下、皮肉を含めながら、作品を通じて文化的な問題提起を行うアーティスト。黒人男性から宇宙飛行士、そしてエイリアンまでが、アフリカ特有の色が散らべられた衣装をまとって登場する。彼が追い求めるのは、一般的だと思われている考え方についての反応を刺激するような、挑発的かつ不安定な要素。自身がアフリカ人でもあり、アングロサクソン人でもあるという魂が、彼の作品の随所から感じることができる。

ファッションの世界が多く表現されているのが、彼の作品の特徴。階級や権力といったものが、ヨーロッパの文化と、アフリカ文化の要素のコンビネーションを追求するフィールドとして表現されている。そういったコンビネーションを、皮肉っぽく作品に取り入れるのが、ショニバーレ流。コンビネーションが衣装となり、それを彼の彫刻がまとうことで、政治的批判を行っているだ。その他にも、写真を利用した作品もあり、ショニバーレ自身がオスカー・ワイルド著の「ドリアン・グレイの肖像」や、18世紀に活躍した肖像・風刺画家、ウィリアム・ホガースの「放蕩者のなりゆき」に登場する人物に扮しているのもある。

今回の個展では、1994年から2001年にかけて制作された、巨大なインスタレーションから彫刻、そして写真など、合計18点を紹介。どの作品も、イスラエル美術館、ロンドン・スティーブン・フリードマン・ギャラリー、テート・ギャラリー、そしてシカゴ現代美術館などで保管されていたものばかりだ。この個展は、2001年12月に、ローマのヘンドリック・C・アンダーソン美術館で展覧会を開催して以来の、イタリアでの開催となる。

インカ・ショニバーレ「Double Dress」展
会期:2003年6月26日〜9月14日
会場:PAC Pavilion of Contemporary Art
住所:via Palestro 14, Milano, Italy
segreteria@pac-milano.org
www.pac-milano.org

Text: Simone Biffi from Troopdesign
Photos: Courtesy of PAC Milan
Translation: Sachiko Kurashina

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
スティーヴン・チータム
MoMA STORE