アート・オブ・バーレスク

HAPPENING


イラストレーター集団、レプレス・アバンダンが、フラッフガール・バーレスク・ソサイエティと共同で、2夜に渡るイベントを開催した。バーレスクとは、ストリップショーなどを呼び物にする演芸のこと。今回のイベントでは、バーレスクを題材にしたアート作品を紹介する他、実際にパフォーマンスも行い、ジャズの演奏も披露するというものだ。バーレスクが誕生したのは、1900年代初期。コメディアンやストリップダンサーが主にステージに立った。

イベントの内容と相反するように、開催場所として選ばれたのが、格式高いグラッズトン・ホテル。1889年に営業を開始したこのホテルは、カナダ国内では第一号となるバーレスク専用のホールやパフォーマンススペースがある場所だ。今回のイベントでは、油絵からデジタル作品まで、実に幅広い40点以上のオリジナル絵画を紹介。オープニングナイトでは、ジャズシンガーのアレックス・パングマン・アンド・ハー・アレイキャッツによるセッションが行われた。

イラストレーターでもあり、今回のイベントの主催者でもあるダレン・ブースに、このイベントを開催するきかっけとなったアイディアはどこから得たのか?という疑問を投げてみた。「何らかの形で、アートの展覧会を開きたいと常々思っていました。そんな中、マーフィー・デザインが主催した“ヘブン・アンド・ヘル”というイベントに参加したのですが、そのイベントを形にしていくうちに、ただの展覧会というよりも、今回マーク・マーフィーがヘブン・アンド・ヘルを行ったような、もっとイベント的なものを開いてみたい、という気持ちが芽生えてきたのです。その後、僕達なりのアイディアを胸に秘めた状態で、フラッフガール・バーレスクのショーを見に行ったのですが、ショー自体は本当に感動もので、“バーレスクのアート”を作り上げるのには十分すぎるほど、インスピレーションを得ることができた体験でした」と語ってくれた。

レプレス・アバンダンは、ダレン・ブ−ス、ジャッキー・オークレイ、スコット・マックナルティ、ダヴ・ボルドー、アダム・ボウィー、デヴォン・バウマン、エリン・カーティ、ケリー・カーティ、マルコ・シボーラ、カーラ・フラッサー、メリリー・リディアード、レイチェル・アン・リンゼイ、ダスハン・ミリック・カイル・リード、ヴラッド・ヤコブチュック、ブライアン・ヤングの16名から成るイラストレーターのグループ。今回のイベントでは、彼らの作品に加え、ゲストとして登場したジョー・モースギャリー・タクサリ、ロライン・トュソンと僕の作品が紹介された。

僕は恥ずかしながら、新進気鋭のメディアデザイナー、ジェイソン・ハイドとかなり遅れてショーに到着。ちょうどその日は猛暑の一日だったため、会場内もかなりの熱気。しかし、バーレスクの夜には完璧とも言える雰囲気だ。超満員の会場では、クールダウンするためにかなりの量のお酒を飲む人も大勢いた。たばこの煙が充満した会場では、汗をふきつつアートについての会話を続けるだけで精一杯だ。しかし、お酒と女の子の姿を目にする度に、実際のバーレスクのホールにいるかのような気分を楽しむことができた。また、僕が期待していた通り、会場に展示されていた作品はどれも素晴らしいものばかり。そこからは、スタッフがアーティストの立場になりつつも、各々の個性を十分に尊重しながら準備を進めていた姿が伺われた。アーティストそれぞれの、バーレスクの捉え方を見るのも興味深かった。ビールを飲もうと列に並んでいた時に「あの作品、何だか怒ってるみたいだよね」と、僕の作品についてのコメントが耳に入ってき、思わず吹き出さずにはいられなかった。

このバーレスクショーは、モントリオールにも近々お目見えするという計画もあるとか、ないとか。興味がある方は、レプレス・アバンダンのサイトを注意深くチェックしていただきたい。

The Art of Burlesque
会期:2003年7月4日, 5日
会場:The Gladstone Hotel
住所:1214 Queen St. West, Toronto, Canada
www.replessabandon.com
www.fluffgirlburlesque.com

Text and Photo: Mikey Richardson from Amoeba Corp
Translation: Sachiko Kurashina

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE