ライティング

THINGS

ここに「Writing – Urban Culture and Beyond」という一冊の本がある。これは、ストリート・カルチャーだけではなく、グラフィックデザイン、そして建築のような立体的なスタイルへの敬意が、本という形となって表現されたものだ。長い間、コミック・カルチャーとのつながりが深いという理由で、その価値が認められずにいたグラフィティ。しかしそのような状況下でも、ファッションやパッケージ、グラフィックデザイナーなどに特に好まれて使用されてきたのは事実である。そして現在グラフィティは、都会にある当たり前の風景の一部と化している。


本書では、グラフィティの隠れた魅力についても紹介。グラフィティが持つ美しさに改めて気付かされるだけではなく、この本がさまざまな分野においても貴重な一冊であることが、ページをめくる度に感じることができる。本書「Writing」ではまずはじめに、「タグ」について紹介。タグとは、街角でよく見かけるなぐり書きのような文字のことで、それを書いた人物のサイン代わりのようなもの。70年代からは、公共物などへの破壊行為と見なされていたことも。その後、複雑な立体的アート作品の紹介へと続き、最後には3Dのタグと、こういったアートがデジタル化された際に開発された、携帯可能のスプレーマシーンについての説明が行われている。編集は、ベルリンを拠点に活動するデザイナー、マーカス・マイとアーサー・レムケ。ディゲシュタルテン出版社から発行されている本書では、都会で誕生したアートの歴史を知ることができる他、これまでとは違った側面から、このライティングカルチャーを垣間見ることができる。


Masa, Caracas Venezuela 2003

「その昔タグは、街にたむろするギャング達のテリトリーを示す境界線としての役割を持っていました。そしてこういった、ギャングがある地域を独占するといった風習がなくなった頃には、境界線という情報を伝える、という意味も薄れ、もっと個人のスタイルを表現するスタイルに変化していったのです」と、著者であるマイ氏は語る。独特のスタイル、アーティスト各々の個性が表現されたラテン語のアルファベット、丸みを帯びた書き方など、それらすべてがタグを形成する。タグとは、感情を伝える術のひとつ。「このタグはどんな人が書いたのだろうか?」といった疑問を投げかけるパワーも兼ね備えているのだ。


From top to bottom, left to right: Drama, Milk, Bas Two, Inca, Bas Two, Yok One, Milk – Berlin 2000-2003

これは、2003年にベルリンで発見された「ドラマ」という作品。こういった作品は「スローアップ(さっと仕上げる)」と呼ばれており、明らかに文字としてわかるタグよりも、絵的要素が強い。個人のサインとしての働きも共わない場合もあるのだが、そのスタイルと個々の性質を表現することで、作者自身の主張や認識を高める情報を伝える役割を持っている。


Dez 78 Berlin 2003

あるひとつのものがアートとして確立するのに長い年月を要するのと同様に「サイン」がアートの一分野としての地位を築き上げるのにも、それなりの時間を有したのは他でもない。良いタグは「作者の個性を表現したもの」として認識され、そういった優秀な作品はどれも、作者独特のスタイルが光るものばかりだ。


Bek, Caracas Venezuela 2002

「ライティングにおいて、空間は考慮すべき重要なポイントです。だからこそ、昔からあるライティングのスタイルから3Dの作品へとレベルアップした際は、空間は然るべくして発生する結果なのです。自らの作品で、3次元的な構成を作り上げるために空間を持たせるのは当たり前です。そしてそれは、3Dのタグを作り上げる最初の一歩でもあるのです」とマイ氏も言うように、文字の組み合わせや構成は「空間をデザインする」ということにおいては、重要なポイントだ。


Poe – Jazzstyle Corner at Glaswerk, Berlin 2002

3次元のオブジェなどを作り上げるクリエイターにとって、野外で絵を描いてみたり、スプレーでの作業といった経験はある程度必要か?という質問をマイ氏に投げかけてみたところ、絶対的に必要ではないだろうが、あればあるだけ強みにはなるだろう、という答が返ってきた。「タグの構成を考える時は、そういった知識は少なからず必要かもしれませんね。でも、それがあるお陰で、3次元のものを考える時にとても役に立つのは絶対です」。2Dのものから3Dへ挑戦しようとしている作家がもしこの場にいた場合、2Dの下書きは、完成作品の質を左右するものにもなりかねない。つまり、3Dのオブジェを制作する際は、2Dと3D双方の秀でた点が共鳴し合っているのである。


Point, Prague 2002

上の作品は、旧チェコスロバキア出身のアーティスト、ジャン・カラブのもの。3Dグラフィティのオブジェを専門に制作しており、公共の場やストリートなどで作品を発表している。エアゾール噴霧器「タギング」を使って、夜中にストリートを徘徊するのが、ほとんどアーティストにとっての初めの1歩だ。そして少し経験を積んだ後、3Dやオブジェの制作に着手し始める。「ライティングでは常に、都会を取り巻く状況を反映し、それに対する批評が書かれてきました。ビルが都会の風景を作り出し、そしてライティングがそういった風景や空間についてコメントを残す。ライティングからは、建築スタイルの明日を垣間見ることができるのです」とマイ氏は語る。


Colin Ardley – “Above And Below Horizon” 1994

これは「Above and Below Horizon」という作品で、コリン・オードリーが94年に制作したもの。彼の作品には、色がつけられた、あるいはそのままの色が残された木が複雑な形を形成しており、周囲の空間を引き立たせるような、壁に掛けるタイプの彫刻の、典型的なスタイルが取り込まれている。


Pfadfinderei Allstars – Working Without My Computer, Berlin 2002

これは、ベルリンを拠点に活動するデザイン事務所「Designbuerau Pfadfinderei」が制作した作品。マイ氏の説明によると、これは当初、パックジャンプスという雑誌のために制作された作品だとか。「コンピューター以外なら、何を使って制作してもいい」とのリクエストで、作られた作品だ。


Hektor – Work Set

これは「ヘクター」という機械で、チューリッヒで活動するユーグ・レーニとウリ・フランケのコラボレーションによって開発されたもの。壁を這うようにスプレーしていく機械としては世界初のものだが、今の所、生産と販売の予定がないのが残念だ。ヘクターは、ベクターがベースとなった、スプレー缶を直接ボディにセットし、始動するマシーン。 コンピューターがイマジネーションの至る所で登場する昨今。ヘクターも例外ではない。「いくらコンピューターの技術が発達しても、人間の手で描かれた動きを完璧に表現できるマシーンは存在しない」とマイ氏は語る。


Kraze – Pips:lab, Amsterdamm 2002

光のアニメーションを披露しているのは、アムステルダムを拠点に活動するグループ「Pips:lab」。メンバーの正面にカメラを設置し、電球がついた空のスプレー感を使ってライティングをするというもの。区切らずに一気にスプレーを動かすことで、このような目をみはるような効果が可能となった。

時を重ねるごとに、その重要性が高まりつつあるライティング。このような状況の今日、ライティングは至る所に出現し過ぎているのではないか?という疑問をマイ氏に投げかけてみた。「情報が氾濫しているのは確かです。いろいろな意味で、昔からあったグラフィティのスタイルの存在が難しくなりつつあるのは、どこにでもライティングが溢れているからだと思います。そして、ストリートアートを通じて伝統的な方法を打破し、新しいものを作り出したいという願いは、キャラクター、ポスター、ステンシルを使って描いたり、都会的なメッセージに呼応したりすることで解決されていると思います」。

今ではあらゆる分野で目にすることが多いライティング。しかし、現存する分野の中でも、何か今までにない新しいスタイルの確立や試みを行うことができる、穴場的なポイントがきっとあるはずだ。そして本書こそ、そういった情報が氾濫した中で見い出すことができる、希望の光に焦点を当てたものであり、見応え、読み応えともに十分の一冊だ。

Writing – Urban Caligraphy and Beyond
著者:Arthur Remke, Markus Mai
編者:R. Klanten
頁数:192 ページ
判型:24 x 28 cm
仕様:オールカラー/ソフトカバー/CDR付属
発売日:2003年7月
定価:US 45.00/EURO 39.90/UK 26.99
ISBN:3-89955-003-X
発行:ディゲシュタルテン出版社
http://www.gestalten.com

※Writing – Urban Caligraphy and Beyondは、アマゾンで購入できます。

Text: Michiko Ikeda
Translation: Sachiko Kurashina

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE