アディクティブTV

PEOPLE

ロンドンを拠点に活動する映像集団「ADDICTIVE TV」が、東京のクラブ「YELLOW」と「ALIFE」の2ヶ所でVJパフォーマンスを行った。彼らはイベントでのVJの他、「MIXMASTERS」というオーディオ・ヴィジュアル・ミックスのDVDシリーズや「AUDIOVISUAL LOUNGE」という、映像主体のイベントを「Cinefeel」と一緒にロンドンやパリなどでオーガナイズしている。今回は、その中のメンバー、VJ担当のニック・クラーク、グラハム・ダニエルズ、A&Rのフランシス・レミーの3人が来日した。


「Yellow」で行われたイベント「London Initiative」では、様々な角度で張られたスクリーンに映し出された彼らのVJがフロアーとDJブースを囲み映像をフィーチャーし、よりサウンドとのミックスを演出する空間となった。かれらのVJスタイルは基本的にはグラハムが映像の素材をセレクトしニックがVJミキサーでミックスしていくという、即興性の高いスタイルで、機材の複雑な手続きを二人で分担した即興性の高いスタイルで、リアルタイムでのサウンドとのコラボレーションを図るものだ

Howei BのDJとのセッションではそれを感じることができた。Howie Bの遊び心のある自由なDJプレイに映像が面白いように同期していたからだ。「ぼくたちは感じたものを、何も考えずに表現するんだ」とニックが言うように、フロアーの影にあるVJブースに目をやると、グラハムが楽しそうに踊りながら映像をミックスしているのが見えた。彼らのVJスタイルは、一瞬一瞬のフィーリングを大切にしそれをどう表現するかに注がれているようだった。

一方、「Alife」での「FOUSKILL featuring PIX」では、より自分たちがオーガナイズしている「Audiovisual Lounge」に近い形でパフォーマンス出来たと本人たちは語っていた。セットは短いものだったが、イベント自体が前半はラウンジ色の強いものだったため来ている人たちは映像に注意を向けて観ることが出来た。後半は音楽のBPMが上がるにつれ、彼らのVJも前日のような肉体的なものへとなっていき、踊っている人も座っている人も空間を楽しむことが出来るものだった。

ADDICTIVE TVの中心メンバー、グラハムに少し話を伺ってみた。

まずはじめに、ADDICTIVE TVについて教えてください。

きっかけは、仕事で遅くなり朝方帰ることが多くて、そこで新聞配達の人や郵便配達員の人とか一生懸命働いている人を見て、この人たちが楽しめることをボクが提供できないかと思い、5本ぐらいのショートプログラムをつなげてロンドンのクラブ・スカーラという場所で上映することから始めたんだ。
メンバーはボクとニックとフランシスと他に今回来ていない、ロブ、ポール、トーリ、ジョージがいて、この中には映像制作だけではなく、DJや作曲家などもいる。
活動は主にTVプログラムの制作や、フランシスの「Cinefeel」との共同プロジェクト「AUDIO VISU AL LOUNGE」のオーガナイズ、レーベルとしてDVDシリーズ「MIXMASTERS」のリリースなどをしている。「Cinefeel」はフランシスのプロジェクトで、アンダーグラウンドなフィルムやアーティストをキュレーションしているんだ。

AUDIOVISUAL LOUNGEについて教えてください。

映像をより楽しめる空間とVJがパフォーマンスできる場を自分たちで作ろうとした。そして、今までやっているショートフィルムなどを見るためのイベント、例えば映画館などで行われる事などは10分〜15分などと短いショートフィルを何本も観るにはあまり適さない空間だと思ったんだ。そこで考えたのが人と人が自由に交流しながら音楽も楽しんでそして観たいときにショートフィルムを観るというスタイルだったんだ。それと、クラブイベントで使われる映像のように単なる空間演出的な要素ではなく、映像それだけでも十分楽しめるものにしたかった。ここでは、DJがヴィジュアルに音楽をミックスしたり、VJが音楽にミックスしたり、ショートフィルムや興味深いミュージッククリップをつないだりしている。

これは、VJがより認知されシーンの向上を図るためでもあるんだ。例えばイベントのフライヤーを見ても、DJなどは大きくクレジットされているけど、VJはまだとても小さくクレジットされているだけなんだ。それを改善するためには、こういったシーンをもっと大きくしていかなければならない。これからもっとこのイベントを大きなものにして、海外のアーティストなどを招き交流を深めれる場にしたいね。月曜日に行っているのだけど、週末は沢山のイベントがあって競争しているしこれは普通のクラブスタイルとも違う、何より週始めにやることがみんなの一週間の活力になればいいと思ってるんだ。

VJするにあたって、どの様に表現しようと思ってますか?

VJの中には、ヴィジュアルにピースだとか色々なメッセージを織り交ぜたり、破壊的なイメージのものを流したりする人もいるけど、ボクはそうではなく何も考えずにただ楽しくやるだけなんだ、そしてVJをしているボクを見ることで、お客さんがわざわざそういったメッセージをヴィジュアル化しなくても感じることだと思うから。ボクがすることは客をリフトアップしてあげることなんだよ。

作品を作るにあたってどの様なものからインスピレーションを受け作りますか?

普段の生活の中からだね。昔、リドリー・スコットに話を聞いたとき、彼が雨が降りとても渋滞している道を走るタクシーの窓から見た渋滞してイライラしている人が運転している何百台という車のヘッドライトに照らされる水滴のパターンを見てそこに本当の美を感じたといっていたんだ。ボクはそれにとても共感したよ。アイデアは生活のいたるところにあるってね。
そして、かっこいいものを作ろうとするんじゃなくただ出てきたものを形にするだけなんだ。何も考えずに音楽を聴いていると本当にいろいろなイメージが浮かび上がってくる、それを形にしていくんだ。

最後に、今後の活動の予定はどういったものがありますか?

次回の日本のアーティストも参加予定のDVD「MIXMASTERS」シリーズのリリースとイベントとしては「AUDIOVISUAL LOUNGE」。あと、今度シカゴで行われるVJシンポジウムにも参加するんだ。こういった、活動が色々なVJの交流にもつながり、また、このシーンを活性化させる意味でもいいことだと思うよ。

「AUDIOVISUAL LOUNGE」のような動きは世界中で起こりつつある出来事であり、これからよりいっそう必要とされてくる場ではないだろうか。なぜならば、デジタル技術の発達によりヴィジュアルアーティストに限らず他分野のアーティストも多くの作品を生み出す機会が増え、それを発表できる場が必要だからだ。
そして、DVDシリーズ「MIXMASTERS」などに見られる、音楽とヴィジュアルの融合をより明確に打ち出しパッケージングする彼等の活動は、VJシーンだけではなく音楽シーンまたは他の分野の活性化にも繋がるのではないだろうか。

ADDICTIVE TV
住所:The Old House, 39a North Road, London N7 9DP, UK
mail@addictive.com
http://www.addictive.com

Text and Photo: Yasuharu Motomiya from Nordform
Translation: Sachiko Kurashina

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
ラ・フェリス
MoMA STORE