スナップ・ハッピー・デイズ

HAPPENING


2月15日から23日 まで、 ロンドン市内ケンジントンにあるザ・ビクトリア&アルバート美術館で、写真のワークショップ、展覧会、コンペティションが開催された。イベントのタイトルは「スナップ・ハッピー・デイズ」。ロモカメラの現状を伝えるだけではなく、写真界の新たな動きとしての「ロモグラフィー」の人気の強さを紹介したものだ。

「スナップ・ハッピー・チャレンジ」は、ビジターが実際にロモカメラを手に取り、美術館での一日の様子を写真におさめる、という試み。美術館内は、多くの人たちが撮影した写真で溢れかえっていた。一歩美術館の中に入ると、スタッフの人に「目を大きく開いて、自分の直感を信じて、そして何も考えないで。とにかく撮るのよ。」と促される、といった状態。こんな感じだから、展覧会自体がオーディエンスによって作られたといってもいいほど。まるでミケランジェロやドナテーロの作品のように、誰にでも自分の作品を発表できる、というチャンスが与えられるのだ。

参加者各々には用紙が配付される。その用紙に、自分のお気に入りショット8枚を貼り付け、例えば「色、形&模様」「彫刻のようなポーズ」「来る&行く」といったように、写真一枚一枚にテーマをつけてもらう。展覧会の片隅には写真のミニラボが設けられており、そこではフィルムの現像ができ、写真を貼って用紙を完成させる、というわけだ。完成した用紙は展覧会で掲示され、それが一同に集まると、巨大な写真のコラージュとなる。ポラロイド写真とフォトブーズのイメージ、そしてメッセージが添えられた用紙。おちゃらけ感のあるものから、ちょっと恐いものまで、かわいらしいものから理解不可能な内容のものまでと、実にさまざまだ。

ロモカメラで撮影された写真がずらりと並べられていたり、ドキュメンタリー番組のビデオも上映。「BOOTH-CLIBBORN」から近日発売されたばかりの本「DON’T THINK JUST SHOOT」の紹介も見受けられた。

Don’t Think, Just Shoot
Snap Happy Days
会期:2003年2月15日〜23日
会場:Victoria and Albert Museum
住所:Kensington, London
http://www.vam.ac.uk

Text and Photos: Tim Spear from Now Wash Your Hands
Translation: Sachiko Kurashina

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE