「フュージティヴ」展

HAPPENINGText: Matt Owens

バックグランドが違う7名のアーティスト達が集結したグループ展「フュージティヴ」。グラフィックデザイン、コミック、イラストといったフォーマルな分野を、ペインティングやコラージュといった、更に伝統的なメディアで表現しようというものだ。

作品をストリートに持ち込む者、アルバムのカバーとして表現する者、Tシャツにする者、雑誌、ウェブにする者と様々。彼等の力が集結すると、個人の作品と商業用の作品、そして素材とデジタルという範囲の狭間を流動的に活動する能力が発生することから、このアーティスト達を「フュージティヴ(無法者達)」と呼ぶのがもっとも相応しい。このショーにちなんだ限定版Tシャツとステッカーのセットは、ギャラリーとオンライン上で発売中だ。


Travis Millard

カンザス州出身のトラビス・ミラードは、現在ニューヨークで活動中。彼のペインティングやコラージュ作品はフッジ・ファクトリー・コミックスから発表している彼特有のキャラクターの中で見受けることができる。彼の「羊の頭」のタグは、ニューヨーク中の看板や電工掲示板で見つけることができる他、連載コミック漫画は、スピン&シャウト・マガジンに掲載されている。トラビスの作品は、マックス・フィッシュでシェパード・フェアリーと共に参加した展覧会でも紹介された。


Lee Misenheimer

リー・マイセンヘイマーは、ノースカロライナ州出身のグラフィックデザイナー。彼も現在は、ニューヨークで活動を展開している。当初はイラストレーターとしてのトレーニングを積んでいたリー。1994年から「デストロイシティ」としてドローイング、ペインティング、スクリーンがベースとなった作品の制作を開始。ランプ・ギャラリーにて作品を発表した経験もあり、彼の作品は世界各国で出版、紹介されている。


Paul Clark

ニューヨークにあるファニー・ガベージでの活動経験があるデザイナー兼イラストレーターのポール・クラークは、ここ最近の5年間程は「BLIXIE」として個人作品、プロフェッショナル作品の制作に打ち込んでいる。彼の作品は、「サウンド&ファニー」という、ニューヨーク市のローワー・イースト・サイドにあるレコード店のプロモーション素材として使用されておりビキニやイースタン・エッジ・マガジンなどでも紹介された。現在ポールは、スケールの大きなコラージュ作品を手掛けるか、スケボーをするかの毎日を送っている。

続きを読む ...

【ボランティア募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
スネハ・ディビアス
MoMA STORE