ベイ・ビーツ 2002

HAPPENING


『シンガポールでは前代未聞の大規模オルタナティブ・ミュージック・フェスティバル』というキャッチコピーのついた「ベイ・ビーツ」。これは、地元で活動する才能溢れるアーティストに、新しい形のプラットフォームを提供する、というもの。ザ・エスプラネイドで3日間に渡って開催されたこのイベントでは、アウトドアのステージが2つ、シンガポール市の端に設置された(その名もザ・アリーナと、ザ・チルアウト・ステージ)。シンガポール川と街全体を背景として見渡せる場所でのイベントだ。

お気に入りのバンドの登場まで、長い間待ち続けるファン達。彼らの熱狂が高まるのは当然のことだ。3日間の間にパフォーマンスを行ったのは、国内外から集まったアーティスト50組。ベイ・ビーツによって、ザ・エスプラネイドは、いかにもパンクとロック愛好者、という服装に身を包んだ人々で溢れ返っていた。

地元や海外からのミュージシャンを紹介しつつも、やはり地元のバンドが登場すると、観客の熱狂は最高潮になる。例えば地元でも有名なフィッシュタンク、フォース・ヴォミット、コンケイブなどが登場すると黄色い歓声が響き渡る。バンドとファンが、一歩近付ける瞬間だ。自身のコンサートのような状態になっているパフォーマンスもいくつかあり、それにはもちろん、アンコールだってあるのだ。
海外アーティストのパフォーマンスもロックでハウス感たっぷりなものばかり。ブランツオン(USA)、サマーセット(ニュージーランド)、ブディヒストン(日本)などの参加があったが、どのバンドも、地元バンドと同様に受け入れられていたようだ。

イベント全体がパンク色一色なだけではない。日没後はその雰囲気ががらっと変わり、DJ達が登場する。イベントの第1日目はハウスがメインだったが、2日目、3日目は地元のドラムンベースのDJにスポットが当てられた。海外からのDJのパフォーマンスの後、これから始まる長い夜へと導くのが彼らの役割だ。ザ・チルアウト・ステージでは、その卓越した楽曲でデジタル(UK)とスタミナMC(UK)が主役を努めた。マーライオンと摩天楼が背後の暗闇の中に見える。それはまるで、世界が音楽のペースで動いているかのようだった。

アウトドアのイベントの場合、悪天候が一番の障害物である。しかし、ベイ・ビーツは例外だった。雨が降ってもムードが冷めるようなことはなく、返ってオーディエンスにとっては気分転換になっていたようだ。街はビートとリズムと共に生きているのである。

BAY BEATS
会期:2002年12月6日〜8日
会場:Esplanade – Theatres on the Bay
Presented by The Esplanade
Produced by Awakening Productions

Text and Photos: Fann ZJ From npsea Enterprise
Translation: Sachiko Kurashina

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE