バーチャル・アーキテクチャー展

HAPPENING


現実味を飛び越えたフィクションはよくあるが、今回紹介するのは、それとはまったく逆のもの。11月からマドリッドにあるコンデ・デュク・カルチュラル・センター内のメディアラボ・マドリッドで行われている展覧会では、さまざまな建築プロジェクトが紹介されている。そのプロジェクトは、インタラクティブな設備や、ビデオ、デジタルフォトグラフィーなどが搭載されているものだ。メディアラボ・マドリッドは、プロダクション、リサーチ、デジタルカルチャーの発信、最新テクノロジーとテレコミュニケーションに適応した施設である。

ミカエル・ベネディットとマルコス・ノヴァックは、建築サイバースペースの物理的な基礎を作り上げた第一人者。90年代初頭「リクイッド・アーキテクチャー(液体建築)」というフレーズと共に発表されたものだ。「過去のものの見えないかたち」と題された「ART+COM’Sプロジェクト」は、ベルリンの象徴的な場所を通じて、過ぎ去った時間を研究する、というもの。街がどのように変貌を遂げたのかを確認することができる。建築物がその時代や空間を作り上げ、その他の目には見えない空間と相互に連結し、重ね合わせる、というエネルギーと変化の状況を作り上げたのがソニア・シラーリだ。オランダ人アーティスト「MVRDV」は、自国の風土に関連した、多種多様な実際の消費統計(水、電力…)に結びついた、発展を続ける街「METACITY/DATATOWN」というプロジェクトを発表。「THE COLLECTIVE KONIC THTR」は、バルセロナという都会での、4人の移民女性の体験をフィーチャーしたプロジェクトを発表している。

どのプロジェクトもメディアやデジタルの使い方が素晴らしく、目を見張るものばかり。複雑さが感じられる街や、決してあり得ない形をした世界は、コンピューターから得ることができるツールによって作り上げることができるのだ。実際にある素材など、ここでは不必要なもの。バーチャルな楽園は、それこそ、バイトごとに出来上がるのである。

Virtual Architecture Projects
会期:2003年1月7日まで開催
会場:Conde Duque Cultural Centre. Sala de las Bovedas
住所:Conde Duque 9, Madrid
www.medialabmadrid.org

Text: Terevision Ruiz from Neo2 Magazine
Translation: Sachiko Kurashina

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE