ナンド・コスタ

PEOPLE

今月のカバーデザインを制作してくれたのは、ブラジルのアーティスト、ナンド・コスタ。24歳の若手アーティストながらも、その才能はプリント、インタラクティブ、アニメーション、ウェブの経験を経た今、見事に開花している。ドイツの美術書籍出版社「DIE GESTALTEN VERLAG」からの本とDVDのリリース、そしてサンフランシスコを皮切りに9月18日からスタートする「RESFEST」での作品上映など、彼の世界に触れる機会が増えそうな嬉しい予感もする。ブラジルのアートをもっとたくさんの人に知ってほしい。そう願う彼に、お話を伺った。


まずはじめに自己紹介をお願いします。

カルロス・フェルナンド・ファリア・コスタです。友人や家族からは「ナンド」と呼ばれています。アーティストとしては、ナンド・コスタの名で活動しています。ブラジルのリオデジャネイロの生まれで、小さい頃からペインティングやドローイングに親しんで来ました。芸術系の高校でドローイングを学び、卒業後、3年間カレッジでグラフィックデザインを勉強しました。大学1年の時からデザイナーとして活動を始め、その時期にプリントメディアからインタラクティブメディアに転身しました。最近は、アニメーションのスキルを磨いています。さまざまなメディアで働いて来た経験は、思わぬところで役に立つのでとても貴重なものです。プリントデザイナー時代に身に付けた技術は、ウェブの世界に足を踏み入れた時から、更に熟練したものになったと思いますし、また、ウェブアニメーターとしての技術も、テレビやDVDのプロジェクトに携わることで、その磨きにも拍車がかかったと思います。アメリカで活動を始めて3年になりますが、自身のプロジェクトやペインティングに集中する為に帰国することにしました。

ブラジルの出身ですが、アトランタ、NY、シカゴ等、アメリカでの活動経験もありますね。母国ブラジルを離れ、アメリカに渡ったのは理由は何ですか?また現在は何処を拠点に活動していらっしゃいますか?

子供の頃からアーティストになるのが夢で、ペインティングやドローイングを制作しながら暮らせていけたらなぁ、と思っていました。そして成長し、さまざまな経験を積むうちに、アーティストになることは想像したよりもずっとハードなことなんだ、と気付きました。高校を卒業し、2、3年アートのフィールドで経験を積んだ後、リオデジャネイロの厳しいデザインマーケットよりも、アメリカへの興味が強まりました。アメリカのデザインスタジオで、中間レベルのフラッシュの技術を持ったデザイナーの需要が高かったのも、私にとっては、家族、友人、故郷を離れる理由の重要なポイントでもありました。アメリカでさまざまなクライアントとの繋がりを深め、そして出来る限りいろいろなことを吸収したお陰で、リオデジャネイロに戻り、独立して活動しようという決心がついたのです。現在はアメリカのシカゴに住んでいますが、9月の始めにはブラジルに帰国します。

一般的なブラジルのイメージといえば、サンバ、コーヒー、そして一番強いのはサッカー王国だということだと思います。アートに関するイメージは残念ながらあまりクリアではないのですが、実際の所、現在のブラジルのアートシーンはどういった感じですか?また、ブラジルとアメリカのアートシーンの違いがあれば教えて下さい。

メディアの間違った情報伝達のお陰で、ブラジルに関する事実とは違ったイメージがみなさんには埋め込まれていると思います。ブラジルの文化の違った部分がスポットライトをあびることは、 テレビ番組では滅多にありません。いつもカーニバル、女性、サッカー、社会問題ばかり。このようなイメージを最小限にするプロジェクトを、 最近手掛けています。このプロジェクトはウェブに繋がっているのですが、これを通じて少なくとも、才能溢れるリオのアーティストや、国内のその他の地域のアーティストの作品をみなさんに紹介できることでしょう。このサイトはBRASILINSPIRED.COMといい、地元で生まれたアート、デザイン、音楽、そしてエンターテイメントを紹介するものです。コンテンツは英語表記なので、地元の人たちだけではなく、世界中の人々も楽しむことができると思います。

現在24歳のナンドさんは、同世代の私からは、単身でアメリカに渡り、デザインの経験を積み、数々のカンファレンスへの参加やクライントワークをこなし、とても勇気と行動力がある人に見えます。そのパワーの源は何ですか?

バーに行ったり、パーティーに参加したり、友人達と頻繁に遊んだり、人と接するのが好きだからではないでしょうか。アメリカ時代に持っていた目標は、出来る限りいろいろなものを学び、そして何かを成し遂げることでした。私はたばこも、もちろんドラッグもやりません。お酒もめったに飲みません。そのお陰で長時間起きていたり、仕事に集中するのは簡単なことでしたし、またそれが、私にとってはセラピーのようなものでした。家族の中にアーティストが多いことも、パワーの一つだと思います。母は彫刻家ですし、兄や弟も広告やデザイン業界で働いています。祖父も画家で、その他の家族もアートの世界で生きている人たちが多いです。そのことが何らかの形で、私がプロジェクトに熱中するのを促しているのでしょう。また、信頼が置かれた上でのクライアントワークは、私にとってセルフプロモ-ション作品と同様に、個人的な存在になるのも一理あるかもしれません。

99年から始まったパーソナルショーケースでもある「hungryfordesign」では、ナンドさんのビジュアルに対するアイデアが紹介されているとのこと。このサイトについて詳しく教えて下さい。

このサイトの第一段階的なアイディアは、デザインやアートを勉強する学生だけではなく、プロの人たちにとっても便利なリソースになるサイトを作ることでした。ブラジルのアーティストの作品を紹介する他に、アートやデザインの歴史、そしてイベントや展覧会の最新情報を掲載する予定です。私のサイト自体が、個人のポートフォリオ色が濃くなってしまったので、「BRAZIL:INSPIRED」という新しいサイトを作ることにしたのです。

11月にドイツの美術書籍出版社「DIE GESTALTEN VERLAG」から「BRAZIL:INSPIRED」の本とDVDが発売されるそうですが、この本ではどのような役割ですか? またプロジェクトの内容について教えてください。

アメリカに居た時に、ブラジルについていくつかおもしろい質問を受けたことがあるのですが、それがこのプロジェクトに関するアイデアへと繋がっています。多くの人が外国について良く知っているわけではないのだなと、さまざまな経験を積むうちにわかってきました。アメリカ人全員がそうだとは限りませんが、特に海外旅行をした時などは、彼等が持つブラジルのような国への見解は乏しかったりするのです。

そこで私はグラフィックアーティストを集め、彼等が持つブラジルの印象を表現してもらう、という企画を出版社のDGVに提出したのです。アーティストには、ブラジル文化のさまざまな局面を選んでもらいました。彼等の中にはリサーチのために実際にブラジルに行った人もいますし、そうじゃない人たちは、彼等が聞いた情報を頼りに作品を制作してくれました。プリントとアニメーションの作品は驚くべきもので、それによって素晴らしいプロジェクトを来年の春にリリースすることができそうです。このプロジェクトでの私の役割は、アイデアを明確なものにし、アーティストを集め、作品提出の管理をし、DGVのスタッフとコンテンツの編集を行うことでした。

テーマである「ブラジル」という一つの国に焦点を当てている作品は、それだけでも興味深く、その制作プロセスも気になります。制作プロセスについて教えてください。また実際にドイツに滞在し、プロジェクトを進められたのですか?

直接DGVのスタッフと打ち合わせをするために、実際にはベルリンまでは行きませんでした。最終段階に至るまでの約6ヶ月、連絡はメールや電話で取り合いました。アーティストの手配も、すべてインターネットを通じて行いました。

そしてこちらの作品は、11月に日本に上陸する「RESFEST」でも上映されますね。ナンドさんも「RESFESTツアー」で世界中を廻られるのでしょうか?また、日本で自らの作品が紹介される事についてはどう思われますか?

このプロジェクトのために制作されたモーション作品が、「RESFEST」の舞台で発表されるので、とてもわくわくしています。「RESFEST」で自分の作品を発表出来れば良いな、と長い間思っていましたし、素晴らしい機会に恵まれたと思っています。このフェスティバルの世界ツアーには残念ながら参加できませんが、ツアーがリオに来た時には是非とも参加したいです。日本のクライアントとの仕事も私にとっては長い間願っていたことで、その機会にも恵まれました。日本のマーケットでのプロジェクト展開も夢です。

ブラジルは、日系人の方々が多くいたり、日本との繋がりもありますが、個人的に日本についてはどのような印象をお持ちですか?

日系人の方達の数は、ブラジルが最大ではないのでしょうか。彼等のほとんどがサンパウロに住んでいます。私が高校生だった頃も、友だちの何人かは日系人でしたし、そのことが私にとって、日本の文化に対する印象を形成するのに影響が大きかったと思います。私が今までに会った日系人の家族は、どれもとても礼儀正しく、友好的な人たちばかりでした。その反面、何組かの両親は子供達にとても厳しかったですけどね。日本の文化にはかなり感銘を受けていますし、近いうちに絶対、東京に行ってみたいです。

今回制作していただいた、今月のカバーデザインについて教えて下さい。何をイメージして作られましたか?また、この作品に込められたメッセージは何でしょうか?

このアニメーションでは、生きることと死ぬことの狭間にある変換が表現されています。この生と死の輪廻は、ハートのイラストレーションで表されており、生きることをうながすレイヤーによって明らかにされ、そしてカバーされているのです。スムーズで速いアニメーションを制作したかったのと、フラッシュにはない効果を付けたかったので、この作品ではクイックタイムを使用しました。生きることは信じること、そして生きることを楽しまなければいけない。これが私がこの作品を通じて伝えたいメッセージです。最近仕事をし過ぎると、何だか時間を無駄にしているような気になる時があります。今とは違う、何か別なことをするために努力を重ね、その傍ら、自分自身のアート作品を制作出来ればいいと思います。

現在どのようなプロジェクトを手掛けていますか?また、デザインを通じてのこれからの活動展開についてどのようなビジョンをお持ちですか?

今はちょうど、作品集の制作に取り掛かったところです。過去に制作した作品だけではなく、この作品集のテーマに添った新しい作品も収録される予定です。「BRAZIL:INSPIRED」のサイトも手掛けており、このサイトではDGVから発表される作品だけではなく、ブラジルのデザインコミュニティーを更に強力にし、世界中のグラフィックアーティストに赤道の下で何が起こっているか、を伝える役割があります。

現在行っているプロジェクトの中で重要なものの一つとして、私のサイトにあるショップが挙げられます。タイプフェイス、ポスター、服、その他のグッズを購入することが出来ます。

最後にシフト読者に向けて、メッセージをお願いします。

直感を信じてみて下さい。もしかしたらこれは、ある人にとっては不適切なアドバイスかもしれませんが、でも私は常に直感に従って来ました。難しい状況に陥った時、直感に従えばいつもベストな選択をすることができました。私の作品制作のプロセスも、その時に思いついたままに進められています。直感を信じることは、私の中に常に存在する姿勢なのです。

Nando Costa
nando@hungryfordesign.com
http://www.hungryfordesign.com

Text and Translation: Sachiko Kurashina

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE