ミヤタケイコ

PEOPLE

かわいらしくて、でも不思議で、思わず「これは何だろう?」と手を伸ばしてみたくなるような立体や写真等の作品を制作しているアーティスト、ミヤタケイコ。彼女の原点は、誰もが一度はお気に入りを持ったことのある「ぬいぐるみ」。身近な存在ながらも、彼女が作り出す独特の世界では、その存在も特別感を増す感じがする。「ソ-ソ-カフェ」での展覧会を9月1日からスタートする彼女にお話を伺った。

まずはじめに自己紹介をお願いします。

ぬいぐるみデザイナーをする傍ら、94年より作家活動を始めて、いろいろな動物をサンプリングしたようなカワイくクールで奇妙なギリギリのラインの立体や写真の作品を発表し、独自の世界観を作ってきました。
2000年にロンドンで個展、また国内での美術館の企画展、個展など多数参加し、CDジャケットやCM、ショップとのコラボ等ジャンルを超えて活動中です。

ミヤタさんは、小さい時からぬいぐるみが大好きだったのでしょうか?

好きだったと思うけど、小さい時呼吸器官が弱かった為、フワフワの毛のぬいぐるみは全部ビニールをかけられて高い手の届かないところに置いてあった。自分が遊ぶのは毛のあまりないカチカチの固いぬいぐるみだけ。たまにイスに乗って高いところに置いてあるぬいぐるみをこっそりさわっていた記憶がある。

ミヤタさんにとってぬいぐるみは、どのような存在ですか?

おもしろい可能性のある柔らかい彫刻。生活の一部でしょうか。名前は個々につけたり、記号をつけたりもするけど感情移入とかはあまりしない。でもあのフワフワの触感とか色とか、形とかにグッと来るものもある。素材を選んでいるときが一番ワクワクする。

実際にミヤタさんの作品は、可愛いけれでも何処か不思議な感じがします。このようなキャラター達は、どこから生まれてくるのでしょうか?

かわいくしようと思って作っているわけでもないので、その微妙なズレとか、制作しているとき影響された雑多なものとかいろいろミックスされて作品ができるため、何か不思議な感じが出てしまうのかも。キャラクターはかなりコラージュ的作業。切り刻んだものをどう繋ぐかということ。かと思えばちょっと紙の隅っこにラクガキしたものがどんどん大きくなって3mの立体になったりもする。(笑)

海外でも展覧会を行いましたね。反応はいかがでしたか?

個展、客は楽しんでくれたようでよかった。日本より強烈にキャラクターとして見ているような気がする。自分ではあまりそういう意識してつくってないのだけど。そういえば、いろいろな資料等、ギャラリー側が紛失してしまい凹んでいたところ随分後にある本を見てモンスタリズムの作者のピート・ファウラー氏がシャムシャムという作品を購入していた事を知り驚きつつもうれしかった。他の作品の行方も気になるところです。購入者リストが無くて困っているのでロンドンで私の作品を購入された方連絡くださーい!

9月2日から「ソーソーカフェ」で開催される「IN&OUT展」について教えて下さい。

最初に動物園でキリンをみて なんて不自由なんだろうと思ったのがきっかけです。それに四国で見た見事な枝振りのウネウネした松の木とダブリ、空の高さも感じたかった。他にもいろいろミックスしているけど形的にはそんな感じですね。「BLACK BOX」は飛行機のボイスレコーダーから名を取り、何もなかったところから出てくる真実 → 外へ!「RED BOX」はその反対で、あるものを隠蔽していく → 内へ!といったものになっています。
プラス今も続けて撮影中の旅と共に増えていくトラベリングシリーズの写真は現実の場所を撮ったもので合成ではないが、コピーをかけることによって、線や粒の集まりになり、どんどん現実から遠のいて非現実のようにぼんやりとしたものに変化していく。OUTからINへ展示から観客の記憶に変わっていくけどまたそれを思い出して語る時がくること希望。世の中は廻っている。

その「BLACK BOX」「RED BOX」は、かなり大きな作品ですが、作品の大小問わず、制作の段階では具体的にどのようなステップを踏まれるのでしょうか?

絵を描いたり考えている時間が異常に長くて、なんとなく降りてくるような感じ。頭の中にスロットマシンがあって、毎日ボタンを押している感じでもある。小さいものだと即興で作ってしまう場合もあり、それも意外性とかあって捨てがたい。
制作は彫刻と一緒で、小さい見本を作って、計算して拡大していきます。大きいものだと、イージーに作ると形にはっきり出てしまうので、バランスを見つつ構造、材料を考えていきます。制作にはいると工作的考えになるので、考えているときの感覚とちょっと違うような気がします。

今回は、音楽家「NIPPONIA ELEKTRONICA(ニッポニア・エレクトロニカ)」主宰のハマサトケンタロウ氏が本展覧会に参加するなど、その他にもCDジャケットの制作等、他のアーティストの方達とのコラボレーションも多く手掛けていらっしゃいますね。単独としてではなく、全く違ったテイストの作品ととミヤタさんの作品がミックスされることについてどう思われますか?

あまり人と一緒にやったことがなかったので、たまにはやってみようかなと思って。ハマサトさんとも以前から作っている曲が気になっていて、今年は絶対やろうということで実現できてうれしいです。私とデザイナーのナトリヒロコさんと3人で個展限定のブックレットCDを制作しました。やりとりが部活動のようでおもしろかった。

単独で行うのはとても自由で融通の利くことなんだけど、たまに異業種の人とコラボをするのは楽しくツライ。けれど、新たな発見も多くて興味深かったりもする。やらないよりはやったほうが良い。直感を信じつつやってみたりもする。まあ人生出会いも結構大事。

会場にいらしたお客さんには、どのようにこの展覧会を楽しんでほしいですか?

こんな物体たちがこのお店にいることはかなりオカシイ事なので、まあゆっくりくつろいでいって下さい。

これからの活動予定について教えて下さい。

近いところでは、9月27日~10月6日まで東京の「小山登美夫ギャラリー」というところで「寿限無展」というグループ展に出品します。あとは未定です。

ミヤタケイコ「IN & OUT」展
会期:2002年9月2日~9月21日
会場:SOSO CAFE
住所:札幌市中央区南1条西13丁目三誠ビル1F
TEL:011-280-2240
協力:ART BY XEROX
入場無料
http://www.shift.jp.org/soso/

ミヤタケイコ
k-miyata@d3.dion.ne.jp
http://www.h3.dion.ne.jp/~k-miyata/

Text: Sachiko Kurashina

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE