トロスマン・チューバ

PEOPLE

友だちになる前は、彼等はパートナーだった。でも今は、まるでカップルのように見える。決まりきった表現から優雅な表現を見つけることが、彼等の仕事。ただのファッションを越えた新しいアートを、綿密なリサーチから見い出しているのだ。


伸ばしたり、ぐしゃぐちゃにしてみたり、彼はまるで、緑色の布で遊んでいるようだ。刺繍も自分で施してしまう。もし完成品が気にくわなかったら、もう一度最初からやり直す。彼の頑固な思いが、何かを服の中に生み出すのだ。

この状態がいつまで続くのか、ジェシカ・トロスマンとマルティン・チューバは知る由もない。むしろそれを知ろうともしないのが彼等なのである。人についてあれこれおもしろおかしくジョークを言い合うのが彼等は好きだ。ふざけ合っているように見えても、そのことでその話題なっている人がどんなありえない、正気でないアイデアやプロジェクトを決行しようとしているのかを見抜こうとしているのだ。

彼等はある意味、繋がっている。友だちでもあり、ソウルメイトでもあり、夫と妻、という関係もある。クローンとも言えるかもしれないし、2つのオレンジ、という表現もありかもしれない。しかし、彼等がどうこの関係を形容するのかは大した問題ではない。レタスととうもろこしになれ、と言われればなる。彼等にとって居心地の良いシェルターの中で生き、驚きという名の箱を一杯にする為に思い出を作っているのだ。一見、彼等は正反対の性格の持ち主に見えるし、もしかしたら実はそうなのかもしれない。マルティンが自信たっぷりに「無責任な人」むきだしのポーズをとれば、ジェシカはマ-ティンの母の元気のないまねをする。彼等が知り合って4年前。彼等は常に一心同体であり、そして彼等はこれから先も、ずっとそうであろう。

共通の友だちの紹介で出会ったジェシカとマルティン。ジェシカ曰く、『彼女が私達を会わせたのは、お互いが似たような活動をしていたのもあり、仲良くなれるのではないか、と思ったからです。実際の所、彼女は正しかった。私達は土曜日に知り合ったのですが、次の月曜日にはもう、一緒に働きはじめていたのですから」。こんな風に恋愛が始まる場合もあるのか、と不思議に思ってしまう。「お互いの作品を見せ合って、お互いがとても気に入ったのが、全てが始まったきっかけだと思います。二人ともオレンジ色の服を着ていたのも、何かあるのかもしれない。彼はプロジェクトに全身を注ぎ込むタイプだし、私もそうなのです。』とジェシカは言う。

『何かを一緒に独学で得ようとする時、すごく満足感を感じるのです。一緒に決断を下し、しかもその決断は決して何かの強迫観念にとらわれた様なものではありません。その決断は、私達のプロジェクトの証でもあるのです。』とマルティンは力強く語った。
彼等の献身的な容貌の間には、エネルギーが漂っているのだろう。『私達はもはや、ありがちな家族問題等が全くない家族の様なものです。でも実際にそう感じることが合っても、兄弟姉妹ではありません。でも私達が作った靴を履くと、その人たちはカップルになれますよ。』とマルティンは言った。

マルティンの洋服には、ワイヤーやニットが使われており、それによって計りしれない可能性が広がっている。必要な技術は全て身に付けて来たマルティン。それが今日、マルティンの洋服が認められたことに繋がっているだろう。そして彼は、まだ見ぬ未知の部分を探し続けているのだ。

トロスマン・チューバが設立された当初、ブランドとして国内、海外市場、両方への進出は同じぐらいの程度であった。マル・デル・プラタという街で開催された初のファッションショー後すぐに、イタリアのロフィッツィオ・パル・ラ・モーダからお呼びがかかり、ローマのザ・ピッザ・ディ・ポポロで、彼等のコレクションを発表するように要請が来た。
このショーの参加は、彼等のキャリアでは分岐点となった。『私達には実力がある。そして写真、メタリックの服、空飛ぶエプロン、風船バッグ、リバーシブルがきく生地、レタスのインテリア等、私達は、今日そう簡単には買ってもらえないものを制作しているかもしれない。でも、電気が通ったフックとリールで、一番良いごちそうを獲得したのです。とうもろこしの黄色。苺の赤。私達は庭で見つけることができる色を表現したのです。』

『世界中から私達のコレクションを扱いたいと、ひっきりなしに様々なところから連絡が来ました。雑誌のインタビューも沢山受けました。寝る時間もなかったし、とてもナーバスでした!そしてそれがスタート地点でした。』とジェシカはちょっとノスタルジックな笑顔を見せた。
色々な意味での成功はもう目の前だった。ローマでのショーの終了後、ギリシャ、ロシア、スペイン、日本、アメリカ、イギリス、スイス等、様々な国でのトロスマン・チューバ商品の発売が開始した。海外からの需要が増える中、トロスマン・チューバのブエノスアイレスでの第一号店がオープンしたのが1999年のことである。
『判断を下すこと無しに、私達の内に秘めた魂という問題のコンテナーとして、私達自身の体を受け入れること。人生の喜びの中で服を身にまとうことは、私達の魂の色であること。』が、 ブランドとしての当初のフィロソフィーであった、とマルティンが熱心に語ってくれた。
『私達のアイデンティティは、冒険心が膨らめば膨らむ程、進化していくのです。』とジェシカは続ける。『例えば、私達は小さな動物のようにいつだって頑固です。服ではそれを感じることができるかもしれないし、それが色のついた動物、そうでないもの、そして手織りのものとして表現されていると思います。』

洋服についてのたゆまぬ研究が、トロスマン・チューバの作品では見受けることが出来る。彼等の仕事はもはや、仕立業以上のものであるし、多種多様なアート的な要素のコンビネーションと関連している。ジェシカ曰く、『考え方を変えたり、他のアーティストの目線で自分自身を見つめるのは良いことだと思います。他のアーティストの作品から素晴らしいアイデアを得ているのも事実ですし、ファッションはアート自体へのリサーチという分野を広げてくれるものだと思います。』と説明するジェシカ。2002年秋冬コレクションで、この意味を確認することが出来るのではないだろうか。『これは、動詞、グラフィック、落書き等が組み合わされた多様なメッセージの問題であり、それらはシンプルにコミュニケートされる必要があるのです。』とマルティンが付け加えた。

来年の2003年春夏コレクションでは、ペルー人アーティスト、マルティン・チャンビと写真家のナン・ゴールディンも参加し、「イメージ、人生、エネルギー」を表現する予定だ。
『彼等は絵や生地等、私達の目の前にあるものからインスピレーションを得ることができる人たちなのです。ユニークな美しさを表現したイメージ、男らしさ、女らしさ、それら両方がミックスされたものは、この地球上にはないのです。』とジェシカは嬉しそうに表現した。

ファッションの世界に進出したのが4年前。時にその道は穏やかであり、非常に滑り易い時もあった。

『逃げまとう馬は、障害物にぶち当たるまで、それこそ21世紀まで走り続ける。皆がその馬を最初に目撃したのは自分だと言い張り、飼い主になりたがる。』ということを、彼等は考えていた。当時、彼等の一番の心配事といえば市場とそれが持つ力であった。一番になりたい、という人たちの中に競争心があった。彼等にとっては、他の人たちのプロジェクトには不均衡でアイデアも乏しいという考えがあった。だから彼等は新しいものを探したが、結果的には外国からのアイデアをコピーしたに過ぎなかったのだ。地位というものに当たって砕けたいのならば、これが一番手っ取り早い方法なのだ。
『マルティンが言うように、自分達の内側にある気持ちを信じてみることにしたのです。そうすることで、同じ疑問について徹底的に考えながら進化することが出来る。これはずっと続く作業です。しかし表の世界では、上手く行くように振る舞うのです。』という事を通して、彼等は他の人とは違う方法を見つけたのだ。
ファッションというスケジュールは、暴君的だ。『残念ながらファッションの世界では、半年毎にコレクションを更新しなければなりません。何かを分析したり、自分自身を評価するには、半年という時間は十分ではありません。でもこれが、このゲームのルールなのです。』とは、ジェシカの視点から出た言葉である。

たとえそうでも、次に何が起こるのか誰も知ることは出来ない。そして誰かが何通りにも広がる道を開いて行くかもしれないのだ。ジェシカにとって次のプロジェクトは『健康の為にエアロビを習って、柔軟さを養うこと。そしてそれをアートで活かすこと」である。マルティンの現実的な考え方からすれば、「デザインを調合させ、私達の冒険心でそれをデコレーションすること。』だそうだ。
服のデザインを冒険以上のものにしようと彼等は考えており、実際にもうそれは始まっている。最近発表されたパフォーマンスプロダクション「ミルキー・ティアーズ」や、韓国人アーティスト、エライン・キムが人間の毛髪を使用したドレス等がヒントとなっている。
引き続き作品は、6ヶ月前にブエノスアイレスのショッピングモールにオープンしたショップ内にある、「アーティストの視覚的表現」を専門に表現している、トロスマン・チューバ・オブザーベイトリーで紹介される。『アート作品は彫刻にも、ビデオプロジェクターにもなりうるのです。店内は半透明のガラス張りで、イメージはまさに、スクリーン効果を生み出す為に計画されたものです。』とジェシカが説明してくれた。

マルティンの緑の布の作品は、やっと出来上がったようだ。リールとスパンコールでうめ尽くされた、エナメルグラスが分解したようなものだ。
彼はそれを「ランプ」と名付けた。そしてジェシカは既に、それは自分のものだと言い出した。二人とも嬉しそうである。ちょっと現実から離れてみると、忠実なぐる、という馬と共に、彼等は果てしなく続く地平線へと向かって走っているのである。

Trosman Churba
住所:396 Broadway suite 702 A, New York, NY 10013 , USA
TEL:+01 212 625 3060
ftrosman@aol.com
www.trosmanchurba.com

Text and Photos: Gisella Natalia Lifchitz
Translation: Sachiko Kurashina

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
葛西由香
MoMA STORE