IDN フレッシュ・カンファレンス 2002

HAPPENING

シンガポールで行われた第3回フレッシュ・カンファレンスにおいてIdNは10周年記念を盛大に祝った。2日間におよぶ会議は世界中からデザイナーを招き、30を超える国々から3千人近くの代表者が出席。地球の裏側のデザイナーたちの作品を鑑賞し、それぞれの興味や哲学、影響について意見交換をして交流を深めた。同じ情熱を持った人間が一堂に会したカンファレンスだ。


人間は孤立した存在ではない。そしてツインタワーの崩壊から世界は変わりはじめた。これは2日間の会議でくり返し触れられたことだ。生命のはかなさを取り上げ、デザインの存在意義と人々の生活に与える影響を探りだす。まずはニューヨーク出身のステファン・サグマイスターが講演し、ある公式を提言した。「良い目的+悪いデザイン=良いデザインか?」というものだ。聴衆は良いデザインと悪いデザインの結果として生じるものをつかみ取ろうと考えを巡らせていた。

肩の凝らないところでは、デビル・ロボッツのキタリシンイチロウ、ヨシムラヨシゾーが英語で台本を読みながら作品を発表。トーフ親子のキャラクターもクリエーターと共にステージに登場した。ユーモアたっぷりでダイナミックなキャラクターを目の当たりにして、観客はフィルムのキャラクターの動きをじっと見つめていた。

ある者は世界観を披露し、ある者は作品を展示しているが、共通の要素が会議全体に広がっている。 現代技術によってもたらされたインタラクティブという概念や可能性だ。

インタラクティブという概念は常に定義が刷新されている。トマト・インタラクティブのジョエル・ボーマンや中村勇吾クワクボリョウタなどのデザイナーがインタラクティブを扱った作品を展示したが、マウスで目の前のナビゲーションシステムを動かすものとは違っていた。特筆するとクワクボリョウタは様々なインタラクティブ作品を発表。それはビットマンやヘブン.シードというおもちゃで、音や動きによって異なった反応を示す。美術館のインスタレーションなど様々なものに、この基礎的な原理を応用することができると示してくれた。インターネットや電子メールなど、現代テクノロジーは常に注目の的だ。多くのデザイナーに反響がある現代テクノロジーはメディアを変え、新しいコミュニケーション方法(以前は不可能であったこと)を確立した。

作品の発表者が即座に人々の反応を得ることができるので、会議の雰囲気は高まっていた。デザイナー達は観客から即座に反応を得ることができ、笑らいや喝采、驚嘆などは会場の雰囲気に電気的なエネルギーをつくり出す。サイン会が行われたIdNプロショップでは高揚感がさらに高まった。多くのフアンが作者のサイン入りの作品を得ようと列をなし、お客がお気に入りの商品を得ようと「IdN PROSHOP」に流れ込むと、アッというまに売り切れてしまった。

会議と同時にインスタレーションギャラリーが併設され、訪問客は展示作品を楽しむことができる。トマト・インタラクティブ&グラハム・プラムのリアクティブ・キューブやクワクボリョウタのビットマンも含まれていた。
インタラクティブギャラリーの隣にはIdNディケイド・アワードの入選作を展示。会期中に優勝者が発表された。たんなる講演会ではなく会議にインタラクティブ性を持ち込むことによって、フレッシュ・カンファレンスは素晴らしい経験を与えてくれた。シンガポールの有名クラブ「ゾック」で盛大に会議の終了を祝い、みんなが出席してさらなる交流を深めた。IdN・フレッシュ・カンファレンスは真に国際的でインタラクティブな交流会だった。

IdN Fresh Conference 2002 in Singapore
会期:2002年4月26、27日
会場:Singapore Expo Hall 2A&B
住所:#01-01, Singapore 486150
TEL:65 6580 8308
info@freshconference.com
http://www.freshconference.com

Text and Photos: Fann ZJ From Npsea Enterprise and Mickey Tan
Translation: Eriko Nakagawa

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE