エル・ソナー

HAPPENING

5月は、花々が咲き乱れるだけの季節ではない。多彩なエキシビジョンやイベントが盛り沢山な季節でもあるのだ。一ヶ月に一度だけのこの記事の為に、たった一つしかエキシビジョンなりイベントなりを選ぶことは、かなりの至難の技である。冬の間のぐったりとした倦怠感から抜け出すように、見逃してはならない面白い行事が待ちうけている。すぐに6月がやって来る。エル・ソナーのイベントももう目前だ。5月はまるで、ウォーミングアップの季節のようだ。


キャサリン・ランパートの指揮によるエキシビジョンが、遂にマドリッドにやってきた。このエキシビジョンは既にパリのジョルジュ・ポンピードー・センターとロンドンのホワイトチャペル・アート・ギャラリーで行われたもの。有名なアメリカ人のフォトグララファーの初めての回顧展だ。展示される作品の数は 350点にも及び、70年代から現在に至るまでの白黒写真のシリーズが、年代別に分別されている。それだけではなく、ビョークの音楽を交えながらの「HEART BEAT」というスライドショーや、映画「I’LL BE YOUR MIRROR」、彼女の作品についてアーティストが語るドキュメンタリーも上映されている。

ナン・ゴルディン「El patio del diablo」
会期:2002年6月30日まで
会場:Palacio de Velazquez
住所:Parque del Retiro Madrid, Spain
TEL:34 (1) 5746614

今回紹介するもう一人の女性アーティストもフォトグラファー。彼女の展覧会は、エスパシオ・ウーノ・オブ・ザ・ナショナル・ミュージアム・オブ・ザ・レイナ・ソフィア・アート・センターにて6月2日まで開催される。ファッションフォトグラファーのトップの一人として知られ、またアメリカン・ヴォーグ等の雑誌で活躍をする彼女。そのジェシカ・クレッグは、アメリカの上級階級、ロック界、ハリウッド界の著名人のポートレイトを撮影するスペシャリストである。最も飾らない、本物の部分のグラマーさを垣間見ることができる。

ジェシカ・クレッグ・マーティン「Los elementos del estilo」
会期:2002年6月2日まで
会場:National Museum of the Reina Sofia Art Centre
住所:Espacio UNO Santa Isabel, 52 Madrid, Spain
http://museoreinasofia.mcu.es

こちらも女性だが、今回はスペインから。生存する生き物、オブジェクト、動物、人間のミックス。それらを改造した、彼女の奇妙な世界を紹介しているのがこのエキシビジョンだ。写真だけではなく、天井からはベーネの世界からやって来た生き物がぶら下がっているのが見える。

ベーネ・ベルガード「Una historia verdaera」
会期:2002年5月18日まで
会場:Espacio Minimo Gallery
住所:Doctor Fourquet, 17 E-28012 Madrid, Spain
TEL:(34) 91 467 6156
galeria@espaciominimo.com
http://www.espaciominimo.com

これは90年代初頭に始まった音楽祭。スペインにいる音楽の才能溢れる人達をプロモーションするのが目的だ。そのようなフェスティバルなのにもかかわらず、その活動は2000年まで停止されていたが、グループとDJによるミックスライブが行われた一夜から復活。去年もル・ハモンド・インフェルノ、ベント、小西康陽等の国際的なラインナップが勢ぞろいした。今年も更に成長して帰ってきたPRIMAVERA SOUND。今回は2日間に渡り4ステージ、エキシビジョン、インターナショナルトラッシュシネマが行われる予定だ。参加決定アーティストは次の通り:APHEX TWINCHICKS ON SPEEDDAVE CLARKEIAN POOLEY、PULP、SPIRITUALIZEDTINDERSTICKSVIOLENT FEMMESなど。

Primavera Sound
会期:2002年5月17日、18日
住所:Poble Espanyol, Barcelona Spain
TEL:(34) 93 301 00 90
info@primaverasound.com
http://www.primaverasound.com

異なる規律、種類、音楽、ダンス、アートをミックスするというアイデアの下、今年から始まったこのフェスティバル。アーティストセレクションを担当したのは、パレイ・ド・トウキョウのコーディレクターでもあるジェローム・サンスだ。絵画、写真、そしてザ・パノラマズ・ヨーロッパでは、ヨーロッパの15の都市における都市開発についてフィーチャーしている。音楽部門では卓越したリズムは魂であり、ダンスミュージック、そしてヒップホップでもあるのだ。マーシー・グレイレニー・クラビッツ、セント・ジャーメインがゲストアーティストとして迎えられる。ダンス部門ではザ・オペラ・オブ・ベルリンのコリオグラファーでありディレクターのブランカ・リーがマカダン・マカダンというショーを披露する予定。そのほかKAFIGが「10 VERSIONS」を伝統舞踊にヒップホップを交えてパフォーマンスを繰り広げる予定だ。いくつかのイベントはザ・ムラーラ・アルベというマドリッド市内にある特設会場で行われる予定。

Schweppes Urban Mix
会期:2002年5月31日〜6月2日
会場は点在するため、サイトで確認のこと。
http://www.schweppes.es

Text: Terevision Ruiz from Neo2 Magazine
Translation: Sachiko Kurashina

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE