フラクタル:エッジ

PEOPLE


最近私は、ウェブサイトのコンテキストにおけるインターフェイスデザインについて意見を求められたことがあった。その時私の頭の中を横切ったのは、ウェブインターフェイスデザインでの一番の大きな違いは、純粋にスタイリスティックであることである、ということだった。その奥底にある、同じタイプの古いデスクトップのパラダイムは、何度となく様々な色、アニメーション、そして音響効果と共に利用されている。コマンドラインのインターフェイスの後に起こったGUI’s(Graphical User Interfaces)革命とは何だったのか、あなたにはきっと想像がつくだろう。そして次に来るのは何であろうか?次には誰が革命者として出てくるのだろうか?そして私達がコンピューターや持ち運びの出来るコミュニケーションデバイスを通してインタラクとすることに、どう彼等の作品は影響を及ぼすのだろうか?

GUI’sは、かなり長い間利用され現在はコンピューターに情報をアクセスするのに使われている。ウィンドウズやマックOSは、あなたが興味のあるファイルやフォルダーにアクセスするためのビジュアルインターフェイスの使用の古典的な例である、とも言える。これらのインターフェイスは、XEROX PARCによる草分け的研究から開発された。最近では、多くの人がビジュアル化、そしてアクセスを試みる情報量の急速な増加によって、様々な企業がウィンドウズシステムの改良に力を入れている。これらの企業はよく、「DRILLING DOWN」に関係したアニメーション要素をお互いに組み合わせたりする。そしてある人々は「ZOOMABLE USER INTERFACE(ズーム可能のユーザーインターフェイス)」や、これらの新しいタイプのインフォメーションの構造を言い表わす為にZUI’sという言葉を作り出したりするのだ。あなたがそれらの一つをほしいなと思う理由は、もし適したものを手に入れることが出来た場合、それがあなたが探し求めている情報により速くアクセスすることが出来るのが可能で、それによってあなた自身がより効率的に動けるようになり、以前よりも適確な決断をできるように促してくれるからだ。

このコンセプトをさらに掘り下げる為に、私はフラクタル:エッジのゲルヴェイズ・クリフトン・ブライとのインタビューを決行した。フラクタル:エッジは、ロンドン界隈では最も興味深い活動を行っている企業の一つである。

フラクタル:エッジの中心となるアイデアがゲルヴェイズの頭に浮かんだのは5年前。かなり難しいビジュアル的な問題について四苦八苦していた時の事だ。その問題を彼は、システム全体の理解力を受け入れる方法において表されていた、かなりの数の要素を含むシステムの中にいるようなもの、と表現した。しかし同時にそれは、あらゆる個々のエレメントのすばやい調査をも受け入れていることにもなるのだ。例えば、スクリーンやマウス等の2Dスペースを利用しながら、全体がディスプレイされナビゲートされる必要があった。彼が最初に辿り着いた答は、昔からあるような2Dシステムは、この種の問題を納得の行くまで解決に結びつかせるには不十分である、ということである。VRテクノロジーを利用して3Dシステムをフルに活用する為に、率直な解決策は早急な飛躍であった。しかし、現段階のレベルにおける一般的なコンピューターパワーとでは、スクリーンやマウスはこの解決にとって今の所、実行不可能なのである。もしかしたら将来的には実効可能になるのかもしれないが、しかし現時点では、ごく限られたディスプレイスペースしかなく、ユーザーインプットモードであるPDAや電話でどのように大量のデータを扱うか等といった重要な問題が山積みなのである。

「2.5Dの様な断片的なルートに着目すること。それは、2Dのスクリーンに更に次元的なスペースを圧迫する為の自己類似性において隷属的なものである。これは、小さな2Dスペースで何かをディスプレイしたりナビゲートしたりする最も適した方法についての問題なのだ。」これが彼等の主となる考えだった。

では、実際の所それはどのように作用するのだろうか?断片的とはつまり、単純なパターンということである。次から次へと情報を流し込み、あなたがそれらを探究するのだ。これが自己類似性の徴候である。例えば「木」。もし枝を一本切ったとしても、その枝自体が木一本分の一般的な構造を兼ね備えているのだ。木の葉でも同じことが言えよう。一枚の葉っぱからも、同じような構造を見ることができるのだ。このような断片的な構造の傾向により、莫大な規模の構造や情報を、自らリピートするディスプレイストラクチャ−を通して効果的にまかなうことができるのである。

ここでちょっと次のリンク先に行っていただきたい:
www.shodor.org/master/fractal/software/mandy/

断片的な次元についてあまり良く知らない人にとっては、これは分りやすい手引きだろう。もし情報が断片的なものの中に隠れていて、ズームしながら近くに近付くことだけでその正体を見抜く、ということが想像出来れば、そこからフラクタル:エッジが彼等のインスピレーションを得た、という基本的なアイデアを理解することができると思う。

ザ・フラクタル:エッジ・テクノロジーでは、ある特定の断片的なアルゴリズムのフォームを使用しており、また大量のデータストラクチャ−をマップ化する為に、本来の断片的なものの特性を利用している。適切なアルゴリズムの使用により、フレキシブルで、かつパワフル、そして効果的なシステムを作り上げることができるのだ。

特殊なリアルワールドアプリケーションがあると、このテクノロジーを楽しむにはベストかもしれない。フラクタル:エッジは、特にこの件に関連した製品を2つ程用意してある。

まずひとつ目はフラクタルPC。これはPC用のオールターナティヴなファイルマネージャーである。エクスプローラーの全ての機能性は保たれているが、唯一の相違点はウィンドウズの代わりに断片的なマップを使用しているということだ。一度これに使い慣れてしまえば、スピードという特典を得たことになる。ゲルヴェイズが提案する簡単な推定によると、一日に15〜30分の短縮が可能なのだ。たったそれだけ、と思われるかもしれないが、大企業では考慮すべく能率性のアップを示唆していると言えよう。この製品は現在、彼等のサイトから無料でダウンロードすることができる。

もうひとつのリアルワールド製品は、ファイナンシャル・マーケット・マップである。この製品には、ユーザーにカギとなるビジネスの変動を知らせてくれるカラーシステムを導入したベーシックな断片的テクノロジーが搭載されている。ゲルヴェイズによると、これは多種多様なアプリケーションにとって便利なもので、ただの財政面を分析するだけのものではないそうだ。どんなタイプの財政マネージメントフォームや、複雑な情報システムのモニタリングはこのテクノロジーにより利点を得ているのだ。「私達は第一の直接的なビジネス使用として、ファイナンシャル財政マネージメントに力を入れている。それでも全般的な原理は変わらない。あなたの財政マネージャーは、財政的、知性的、フィジカル的な利点がまかなえているかを、絵で見ることができ、情報が掲載されている同じ場所で重要な詳細を掴むこともできるのだ。」

もしかしたらこれは、何かややこしくて、日々人々がコンピューターを使うことと関係は無いように思われるかもしれない。しかし私にはわかる。そのように人々が思ったことこそ、GUISがこの製品を使い始める前に思ったことなのだ。オリジナルなアイデアを前には、怠惰をしたい、という人間として自然な傾向があるのである。

みんながみんなこの製品を好きだとは私は断言できない。しかし、私を含む多くの人はフラクタル:エッジの道具を使うことを楽しみ、それらから利点を見い出すことができているのだ。また彼等はその原理を理解し、最小限の説明で新しいアイデアを瞬時に得ているようにも思える。多くのコンピューターテクノロジーと比べると、これはかなりの励みである。では、実際に試してみよう。あなたのPCを使ってあなたなりの結論を出してみてはどうだろうか。

最後に私がゲルヴェイズに言っておきたいのは、彼は重大なポイントをとてもシンプルにとり上げたことだ。「全体的なコンピューターシステムのカーボンとシリコンのパートにおいて、ユーザーインターフェイスはカギとなるコネクターである。これはとても重要なことだが、25年間にも渡ってきちんとアッブデートされてきていなかったのだ。そのようなこともあり、私達はみんながこのテクノロジーから利点を見い出すことができればいいな、と願っている。最終的にはこれは、歩くこととジェットエンジンの違いぐらいの変化になると思う。」

ゲルヴェイズがダイレクトに彼が参加したシステムの長所、短所についてコメントをすることに、私は少なからず不適切さを感じた。この記事はZUI’sのコンセプトについてであり、競い合っている製品の評価についてではないのだ。いくつかURLを下に記しておく。そこではこのトピックについて探究することができるし、それぞれのシステムについてのあなたなりの意見を残すことができる。

フラクタル:エッジが推進するシステムについて学ぶ前に、ZUIのアイデアについて全般的に知ってみたい、という興味がある方にもチェックしてほしいサイトがある。しかし注意してほしいのは、みなさんはもう既にウィンドウズ/マックOSに慣れ親しんでいると私は判断したので、それらは他の基本的なモデルとして私は含んでいない、ということである。

大きく3つのカテゴリーに分かれている。

2D Tree Based:
http://www.inxight.com
http://www.thebrain.com

2D Area based:
http://www.webmap.com
http://www.thinkmap.com
http://www.antarti.ca

Fully 3D Models:
http://www.win3d.com and others.

Fractal Models:
http://www.fractaledge.com

フラクタル:エッジテクノロジーは、PC環境の為に初めて作られたものであることを忘れないでほしい。彼等のサイトでは、JAVAインプリメンテーションを通じてのマックの機能性に限りがある。今の所、ネイティブマックコードは作動しており、近い将来リリースされることであろう。

Fractal:Edge Limited
住所:7-10 Adam Street London WC2N 6AA UK
TEL:+44-20-7520-9325
contact@fractaledge.com
http://www.fractaledge.com

Text: Alistair Beattie from Me Company
Translation: Sachiko Kurashina

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE