NIKE 公式オンラインストア

イシ・ラ・リュンヌ

PEOPLE

今月のカバーデザインを制作してくれたのは、フランスのイシ・ラ・リュンヌ。サイト制作からエンターテイメントまで、幅広く活動の場を広げている。スーパーメディア・デザイナーとして、インターフェイス・カルチャーに貢献したい、という彼等のデザインは、どういったものなのか?


ご自身のバックグランドも含めて、自己紹介をお願いします。

イシ・ラ・リュンヌのスーパーメディア・デザイナー、アルノ・ル・ウエデック、ブノワ・ブラトル、ヴァンソン・ケギネーです。約4年前からイシ・ラ・リュンヌを設立し、現在は8人編成でコンセプター、プログラマーとして活動しています。設立当初から、革新とクリエイションをミックスし、それを大切にしながら頑張ってます。

イシ・ラ・リュンヌが設立された経緯について教えて下さい。

1998年の初頭の事になるのですが、私達、アルノ・ル・ウエデック、ブノワ・ブラトル、ヴァンソン・ケギネーは、まだその当時デザインとアートの学校の学生で、しかも最終学年の5年生でした。でも、その学校を退学して自分達の会社を作ろう、と決めたのです。学校以外でも、5年間のマッキントッシュを使ってのニューメディアの経験があったのも強かったと思います。そういう訳で、独立したお陰でトータル的なクリエイションとインタラクティビティの自由を私達は手に入れることができたのです。表現することの新しいエリアには一切、歴史とかルールといったものはありませんでした。素敵な出会いやエクスチェンジが頻繁に起こっていた、素晴しい時代がまさに、ウェブデザインの世界が始まった頃だったのです。

イシ・ラ・リュンヌの活動について教えてください。

主にウェブサイト、CD-ROM、オフィス・イラストレーションのインタラクティビティなコンテンツの制作を専門としています。幸運にも、高価な製品、音楽、産業、エンターテイメント等、様々なエリアで活動しています。私達のプロジェクトにおいて常に革新し続け、産業的な邁進する為に、徹底的な調査を行い、開発にも十分な時間を費やしています。

イシ・ラ・リュンヌのウエブサイトではどのようなことをやっていますか?

現在は、ショックウェーブ8.5を使った、ハッピー・ニュー・イヤー・カードの企画を行っています。

他とは違うリアル・スクリーンのアプローチで、インターネットとCD-ROMにおける新しいインターフェイス・カルチャーに貢献するのが目標だそうですが、具体的にどのようなことを経て目標に近付きつつありますか?

学校に通い始めた頃は、コンピューターについての知識は皆無でしたし、むしろ建築や産業的なデザインに興味を持っていました。ただ単に、頭の中で考えていた建築やデザインプロジェクトで、何か面白いことができそうだ、ということだけを感じていました。最初のうちは、デザインプロジェクトの3Dピクチャーやアニメーションを作る為のツールとして、マッキントッシュを利用していました。その一年後には発表できるテキストやピクチャーが沢山でき、それらを発表できる適した場所を探し始めました。またマッキントッシュのお陰もあり、インターフェイス・ユーザーの考え方に対して、居心地の良さをとても感じていました。ちょうどこの時期、デイレクター3.0 についての情報が入って来て、私達独自のインターフェイスを作り、プロジェクトをスクリーン上で発表したいと思うようになり、実現にまで持って行くことができたのです。「こうしたいな」と頭の中でイメージしたことが全て可能になるように、プログラミングを独学しました。今では自らの事をとてもラッキーなデザイナーだと思っています。それは制作過程のあらゆる段階において、製品のクォリティーをコントロールできるなど、コンセプトからファイナルプロジェクトまでの全てを自分達の方法で出来るようになったからです。私達にとってスクリーンとは、全てを可能にできる場所です。結論として言ってしまえば、私は私達自身を何かを編集する、というよりは産業的なデザインのアプローチに近いところに居る、と感じています。

自称「スーパーメディア・デザイナー」だそうですが、マルチメディア・デザイナーとの違いは何ですか?

実は自分達の仕事を「スーパーメディア」と呼びたかったのは、1996年はマルチメディアが取り上げはじめられた頃で、それが必要とする新しいアイデアを十分に含んでいない物足りない言葉だな、と思ったからです。スピーカー、CD、DVDプレイヤーについてや、あるいは異なるメディアを一つの物にする、ということについてマルチメディアは、フォーカスを当てています。私達にとってスーパーメディアは、ミックスと違うメディアの間というよりも一種変わった中間的要素があるものなのです。
クリエイティブでテクニカルな面も含めて、私達は常にグローバルに物事を考えるようにしていますし、これは永久的に繰り返されることなのです。スーパーメディアのテリトリーとは、スクリーン、ユーザーの心、そして感受性の間にあるものです。これは触れることのできないメディアですし、インタラクティビティ、グラフィックス、モーション、音楽などと共に表現される感情なのです。

LE SITE DE L’ATELIERという、ウェブデザインにおける日本の影響についてのカンファレンスが開催されましたね。ディレクターという立場で参加されましたが、日本とフランスの間の相違点などを感じましたか?

フランスと日本のウェブ・エージェンシーには、共通した革新とクリエイションの可能性があると思います。ですが、ケンゾー、モエ、ポメリー、ディオール、サロモンといったフランスの高級ブランドのウェブサイトでは、クリエイティビティーを感じるのですが、日本のブランドのサイトでは、それが感じられない気がします。きっとこれは、その国によって制約するものが違うからでしょうね。

フランスにとって日本の影響力は強いのでしょうか?

はい。漫画やアニメにとっては、必要不可欠なものだと思います。と言うのも、この2つは、15年以上にも渡ってフランスの若者を魅了し続けており、現在では、その彼等がフランスのウェブデザイナーになっているからです。私の場合は、テイ・トウワ、安藤忠雄、北野たけし、映画ゴジラやその他の映画、そしてキャプテン・ハーロックに影響を受けましたが・・。

日本の文化に精通されているようですが、日本の良いところ、悪いところは何だと思いますか?

私にとっては、とてもエキサイティングな国です。とても水準の高い現代性と伝統が、驚くようなかたちで共存していると思います。また、多くのクリエイションが共通した二元性を持っているようにも感じられ、これはとても面白いことだと思います。日本の良いところは、製品のサービスと刷新に対して、真剣な想いがある、ということです。悪いところは、観客が多い割には、十分なアクターがいないところです。

では、パリの良いところ、悪いところは何だとおもいますか?

東京に比べるととても小さな大都市だと思います。でもパリには、平和を感じたり、言葉にするのが難しいのですがパリジャン独特の雰囲気を楽しめる場所があります。多くの場所がカルチャーとアートに溢れており、様々な顔を持った街です。クリエイションには最も近い場所がパリだと思います。

フランス、パリについてお聞きします。ニューメディアシーンで注目すべき事、人はありますか?

本質的にパリ、ライル、ブルドー、マルセイユでは、ニューメディアシーンはアクティブです。活動は、ほとんど仲間内か、いくつかのウェブデザイナーグループですが、頻繁にあうことは滅多になく連絡を取り合う程度です。

今月のシフトのカバーについて、何をイメージし、どのように制作しましたか?

シフトの読者に新たな感動と、感覚を知ってもらう為に、ショックウェーブ8.5をカバー制作に使用しました。革新することは大好きです。

最近行っている活動と今後の活動予定について教えて下さい。

いくつかのコンペティションに向けて活動していますが、次のビックプロジェクトは、新しいイシ・ラ・リュンヌのサイト作りです。モエ・シャンドン、ルノー、その他のクライアントとも引き続き活動を共にして行く予定です。

最後に、シフトの読者にメッセージをお願いします。

私達はまだ、ウェブクリエイションが始まったばかりのスタート地点に居て、全てが現実になる、ということを信じ続けてほしいです。

ICI LA LUNE
住所:12 rue du mont thabor, 75001 Paris, France
TEL:+33-1-44 50 50 37
contact@icilalune.com
http://www.icilalune.com

Text and Translation: Sachiko Kurashina

【ボランティア募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
iconiconMoMA EXCLUSIVE© YOKO ONO
MoMA STORE