NIKE 公式オンラインストア

アーキグラム:前衛建築 1961-1974

HAPPENINGText: Matt Smith

アーキグラムは、建築家ピーター・クックによって1961年に設立された英国の前衛建築家集団で、同名の雑誌も出版していた。60年代の独特の視覚スタイルと、想像力に富み、遊び心があり、環境および社会的にも革新的で、さらにはユートピア的思想とテクノロジーを組み合わせた “建築作品” で知られている。

彼らの代表的な発明の中には、「スータルーン」(1967年)という服が家になるスーツ式住宅、移動可能な機械の脚を備えた建築物で街全体が構築された移動都市「ウォーキング・シティ」(1964年)、着脱可能な空間ユニットで組み立てられた「プラグイン・シティ」(1964年)、「リビングポッド」(1967年)と呼ばれるモジュール式のリビングユニットがある。

本格的なプロジェクトは実現していないものの、アーキグラムの未来的な建築の概念は、スタンリー・キューブリック(2001年宇宙の旅)、建築家の髙﨑正治(輝北天球館)、レンゾ・ピアノやリチャード・ロジャース(ポンピドゥーセンター、パリ)などに影響を与えたとされ、今日でもデザイナーや建築家にとって重要なインスピレーションの源となっている。

「アーキグラム:前衛建築 1961-1974」は、アーキグラムの貴重なドローイング、スケッチや模型も展示されており、今日ではあまり知られていない時代の建築物を見ることができる絶好の機会となる展覧会だ。シカゴの現代アート美術館での開催は1月19日まで。その後、巡回展として台北で開催される。

Archigram: Experimental Architecture 1961-1974
会期:2001年10月19日〜2002年1月19日
会場:Museum of Contemporary Art, Chicago
住所:220 E Chicago Ave., Chicago, IL 60611
TEL:+1 312 280 2660
http://www.archigram.net

Text: Matt Smith
Translation: Sachiko Kurashina
Photo: Courtesy of the Archigram Archives, London

【ボランティア募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
スティーブ・ベイカー
MoMA STORE