フレデリック・デュリ

PEOPLE

フレデリック・デュリ。現在は、才能あるアーティスティック・プログラマーとして知られている彼とは以前、ニュマー等のイベントで何度か会う機会があった。そして今回、彼のパーソナルワークを紹介しつつインタビューに答えてくれた。


自己紹介と、ル・シエル・エ・ブルーについて教えて下さい。

フレデリック・ドュリューです。ベルギー生まれの現在35歳です。只今エンジニアの勉強をしています。パリに住みはじめて4年が経ちました。ル・シエル・エ・ブルーは、オフライン、オンライン共に、インタラクティブ・プログラムを提供している会社です。クリスティン・マルデン、ジャン・ジャック・ビルジュ、ニコラス・クロスが、私のコラボレーターとして働いてくれています。LECIELESTBLEU.COMというサイトは、インタラクティブアートのラボラトリーでもあります。

アートとしてのプログラミングを始めたきっかけは何ですか?

基本的に数学と科学は好きなのですが、科学の分野に対して堅苦しさを感じています。それは、正確さと厳密さが義務的なものである、という意味での事です。ダイレクターを使ってインタラクティビティーをプログラミングすることによって、数学を詩の制作に利用することができるのです。私が利用するセオリーの厳密さは、それほど重要なことではないのですが、無視することのできない結果ではあります。美しい効果を得るためには、想像上のファンクションを開発することも出来ますし、同時にこれはとてもエキサイティングなことでもあります。私の中では、プログラミングとは方式的な詩なのです。

最近はどのような活動を行っていますか?

ジェローム・ボッシュの有名な作品「ル・ジャルダン・デ・デリス」のインタラクティブバージョンの制作を行っています。

あなたの目標はどういったものですか?

私の作品を通じて、みなさんに楽しさと夢を与えることができればいいと思います。また、インタラクティブアートについてのショーを作ることです。

影響を受ける物はありますか?

自然と美しい物に影響を受けます。

今日の、マルチメディア・クリエーションについてどう思いますか?

つまらない物が多いので、がっかりさせらる事が多いです。勝つことが全てではないので、ゲームは好きではありません。発見、理解することがゴールであり、それが備わったおもちゃの方が私は好きです。私の仕事は“アルファベット”というCD-ROMの中にあるような、インタラクティブなおもちゃを作ることです。今の段階で、おもしろいインタラクティブなおもちゃがないのが残念です。

日本についてはどう思いますか?

残念ながらまだ日本には行ったことがありません。しかし、日本からの私のサイトへのビジターは多いです。きっと、私の作品が日本人のみなさんのテイストに近い物があるのでしょう。

LE CIEL EST BLEU
http://www.lecielestbleu.com
fred@lecielestbleu.com

Text: Jerome Lacote from 6um
Translation: Sachiko Kurashina

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE