NIKE 公式オンラインストア

ウォーム・フェスティバル

HAPPENING


寄生虫フェスティバル?きっとあなたも、色々な種類の寄生虫を集めたフェスティバルなのだろうか、と不思議に思っただろう。ウォーム・フェスティバルとは、毎年恒例のマルチ・ディシプリナリー・アート・フェスティバルの事で、様々なクリエイティブな規律を持つアーティストから成っている。パフォーマンスアート、音楽、映画、ビジュアルアート、デジタルアートが紹介されている。

第3回目を迎えた今年、ウォーム・フェスティバルをサポートする団体、プラスチック・キネティック・ウォームの希望は、より多くの人が現代アートへの感心を持ってもらうことであった。プラスティック・キネティック・ウォームは、地元の若いアーティストによって発足、運営された、アート・シーンでの活動の場を作るためのサポート団体である。シンガポールでのアート・プラクティスの限界を広げ、追求するのが目的だ。

インドネシア、日本、シンガポール、タイなどの周辺諸国からの参加者が多かった今回のフェスティバル。マルチ・ディシプリナリー・アートと、フィーチャーされた作品は、どれも異なりミックスされた規律に焦点を当てている。例えば、キリン賞を受賞した、ダイキ・ワカチは、パフォーマンスとして発表された彫刻の脱構築の過程に重点をおいていた。「エンタイトル・メルティング・キューブ・サロン」というプレリュードは、これからの開かれる予定の彼のエキシビジョンのためのもので、参加者が実際に目の前で、立方体が溶けて行くのを目撃できるようになっている。立方体が形を変えて行く間に、落ちる直前までボールが持ちこたえつつも、はかなさと自然の厳しさの間をさまよいながら、空間の中に飛び散るのである。

次に紹介したいのが、タイ人のヤックプラフーン・タナテーラノンの「ドロー・バイ・ライト」である。そのタイトルからヒントを得たアートの設備とビデオプレゼンテーションは、ライトというテーマと、人間の精神への関係を表現している。様々な写真的要素とテクニックを利用した長期にわたる実験の結果、ヤックプラフーンの作品は、現代の写真テクノロジーと共にお香とろうそくの炎によって影響されている伝統的に信じられているものに焦点を当てている。

アートとデザインにおける、インターネットの影響力の発達とともに一線上にあるものは、地元代表の「コードピクセルズ」という、シンガポールで一番最初にできたアートギャラリーであり、このフェスティバルをフィーチャーしていた団体である。コンピューターウィルスの世界を探検や、世界規模の病気との関係などの社会的問題への類似を描いたりしている。

13日間の開催期間の間に、10以上のプログラムがフィーチャーされた。入場料は無料。ウォーム・フェスティバルは確実に、人々と現代アートの距離を縮めた。

WORMS FESTIVAL: 3
会期:2001年10月18日〜11月3日
会場:Plastique Kinetic Worms
住所:199A/B South BridgeRoad, Singapore 058748

Text: Fann ZJ From npsea Enterprise
Photos: Plastique Kinetic Worms
Translation: Sachiko Kurashina

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE