東京デザイナーズ・ブロック 2001

HAPPENING

東京は、10月10日から14日までの4日間、デザインが生み出したお祭りで沸き返った。昨年から始まった東京デザイナーズブロック。2回目となる今年は「デザインが都市をつくる」というテーマの下、青山や原宿をはじめとする都内の主要エリアで開催された。国内外からおよそ200名のアーティスト・クリエーターが参加して行われた、この「デザイナーズブロック」は、ハウス・アズ・ファーニチャーやTシャツプロジェクトをはじめとするプロジェクトや、多くのエキジビションの開催を含んだ、デザイン活動の集合体ともいえるイベントとなった。そして、天候にも恵まれた期間中、黄色い「TDBマップ」を手にした人々が、街中に溢れるデザインを楽しんでいる様子が多く見受けられた。ここでは、青山と原宿の会場を中心にいくつかレポートしたい。

アズミは、ロンドンを拠点に活動する安積伸・朋子夫妻のユニット。これまでに100%ブループリント・デザイン賞、グッドデザイン賞(日本)などの受賞歴を持っている。今回彼らの家具の展示会場となったのは、青山コスモスビル地下にあるUNカフェガーデン。オレンジ色の細いスチールを組んで作られたベンチや椅子、テーブルが会場にたくさん置かれた植物の緑に映えてきれいだった。そして、ブルーのクロステーブルは中にバッグなどちょっとした手荷物を入れるスペースがあるという、機能的かつかわいらしいデザイン。まん中にちょこんと乗ったスノーマン・ソルトアンドペッパー・シェーカーもとてもキュート。ここが、もしカフェだったら、何時間でもいてリラックスしたい。

青山通りに面するスパイラルでは、イデー・デザイン・コンペティションが開催された。「互換性」をテーマに行われた今回のコンペティションの大賞は、来場者とウエブサイトでの投票結果により決定する。床に寝かせてクッションの様に使ったり、壁に持たせかけてソファにしたりと様々な楽しみ方ができる天野和俊の作品「DROP」や、小テーブルでもあり、スツール椅子でもあるダン・レイド作「3イン1」など、多機能で楽しい作品が並んだ。作品を販売する際に適当と思われる価格や、作品をより魅力的にするにはどうしたら良いかなどを問い、作品の今後の可能性を探る内容の投票用紙を片手に、真剣にあるいは楽しそうに作品を見て回る来場者が印象的だった。

スパイラルから5分程度歩いたところに、ロン・アラッドによる椅子が展示されたエーポック・アオヤマがある。イスラエルで生まれ、ロンドン、ロイヤルアカデミーオブアートのデザイン・プロダクト学科で教える彼が、今回展示した作品は「ザ・ビッグイージー (1988)カーボンファイバー・バージョン2001」「ザ・リトル・ヘビー (1989)カーボンファイバーバージョン2001」という2つの椅子。これらは、以前ステンレススチールで製作されたデザインのカーボンファイバーバージョン。黒く光るオブジェのような椅子は、カラフルな洋服を扱う店の入り口に堂々と置かれ、来店客や外を通り過ぎる人々の目をひいていた。


イデーショップ1Fでは、マイケル・ヤングマーク・ニューソン、ジャスパー・モリソンの3人による白い食器を展示。マーク・ニューソンのプラスチックのカップと紙皿の形を持つガラス製の食器や、マイケル・ヤングのまるで受け皿を持つかのような形状のボウルやカップ、シンプルながらも途中から広がりを持つ形が存在感を演出するジャスパーモリソンの作品などが並び、国内外から訪れた人々の目を楽しませていた。

長大作の展示会場は、今回2ケ所であったが、そのうち「リ・デザイン」と称した椅子のエキシビションを行っていたのは、イデーショップパシフィック。彼自身によると、この「リ・デザイン」には2つの流れがあるという。ジャン・プルーべの鉄製脚の食堂小椅子からリ・デザインを繰り替えして発展させた木製脚の小椅子が1つ。坂倉準三デザインの「竹篭低座椅子」からリ・デザインを展開したものがもう1つ。そのように「リ・デザイン」してきた椅子や低座椅子がずらり。和洋を見事に融合したものとして有名な、竹材を応用した椅子の他に、落ち着いた色調の革や布を用いた、日本人としてほっとするようなデザインが、店内の薄明かりの下で独特な雰囲気を醸し出す。

トム・ディクソンが、機械より押し出されるスパゲティ状のプラスティックを成形するパフォーマンスを行ったのは、ラフォーレミュージアム原宿。もともと、籠づくりやガラス細工などクラフトワークが好きな彼が、プラスティックでしかも鋳型を作ったりする必要がないのでコストをかけずに、作品を制作することに成功した。多様な色のプラスティックで作られた籠が、会場内に展示された。また、トム・ディクソンの他にもアーティストや一般来場者が、押し出し機から延々と落ち続けるプラスティックと格闘し、おのおのの作品を作り上げていた。アズミはオレンジの球を3つ繋げたようなオブジェを作り、エアコンディションドはフォークに絡み付くパスタを、ピータークリスチャンは家族でかわいらしい「面」を、といったように一つの機械から、様々な表現を生み出していく。


ユナイテッドアローズ原宿本店アネックスと、ディストリクト・ユナイテッドアローズでエキシビションを行ったのは、カリム・ラシッド。本店では「トリ・ボウル」と「バイ・ボウル」が展示された。そして、手ぬぐいのプロジェクト「手拭処束矢(テヌグイドコロ・タバヤ)」では、ラシッド氏デザインによる柄を和の技術で染めた手ぬぐいの限定販売も行われ、13日にはその半数のデザインが完売になるなど、好評を博していた。ディストリクトユナイテッドアローズでは、カラフルな色彩が楽しい「OUチェア」とフェルトでできた「サーモチェア」が展示された。イデーの為にデザインされた「サーモチェア」は、これまで自動車産業の為に使われてきた技術を応用して生まれた、シンプルながらも有機的なフォルムを持つ椅子。「柔らかくて座り心地が良く簡潔なフォルムには一切の無駄がないが、そこには人間の精神の感覚的な特質が現れている。」と彼が言うように、軽やかで優しい椅子がそこにあった。

原宿、青山、西麻布、渋谷、代官山、恵比寿、東京のエリアをカバーした東京デザイナーズブロックは、期間中、東京の街を大きなデザインギャラリーにしてしまったようだった。デザインに敏感な若者、美術館を楽しむように会場を見て回る夫婦、国内外からTDBのために訪れたデザイナーをはじめとする関係者が街中に溢れ、同時多発するデザインでそれぞれ自由に遊んでいた、というのが全体としての印象だ。パーティーやイベントでは、デザインに関する会話を楽しそうに交わす人たちの姿も多く見受けられた。開催期間を同じくした東京デザイナーズウィークなどの他のデザインイベントとの相乗効果もあり、デザインで沸き返る東京で、お祭り気分を満喫できた。


東京デザイナーズブロック2001
会期:2001年10月10日~14日
会場:原宿、青山、西麻布、渋谷、代官山、恵比寿エリア
www.tokyodesignersblock.com

Text and Photos: Naoko Ikeno

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE