レスフェスト 2001

HAPPENING


あらゆる祭典の催される街ロサンゼルスだが、そのシーンのヒップ度や、どのセレブが何を着てた、とは程遠い次元の「フェスト」はなかなか希少。毎年サンフランシスコを皮切りに、世界のあらゆる都市を旅するRESFESTはそんなロサンゼルスに「でも実は先端の技術を知ってる街でもあるんだよね、」と優しく問いただしているかのよう。

鍛練と熟練の賜物と言えるデジタル・フイルムの先駆作品が一堂に介するこの祭典は、かなり着実に市民権を得てきている。とはいえ、足を運ぶ多くはフイルムメーカーやアニメーター、そしてグラフィックデザイナーやその卵たちだ。上映の後のたわい無い会話には Flash、After Effects、Maya などのソフトウェアの名前が当たり前のように飛び交う。出向いた理由も「ひらめきを求めて」とか、「After Effectsを習得中だから」と実に勤勉だったりする。世界中の様々なフイルムフェスティバルにはそれぞれの「色」があるわけだが、RESFEST では明確な素材の限定と主旨の特殊さによって、まるで美術館のキュレーションに近い完成美をかもし出す。まだまだ未知指数といえるデジタル世界のスキルと先駆性を讃えるこの祭典は、 2000年代を生きる我々を常に新しいレベルへと引き上げていってくれるだろう。いや、世界中のどこかのデザイナー、クリエイターによってすでに実践されたいわば「事後報告」なわけだから、実に最前線の戦士達の手の内あかし大会と言ってもいいかもしれない。

1分から40分の短編作品達がテーマによってグループ化されてのプレゼンテーション。今年のテーマ設定は応募作品の増加を反映して短編5部門に、シネマエレクトロニカ(ミュージックビデオ部門)、映画タイトルデザイン部門を加えた7部編成。それに特別上映の『SCRATCH』と『BLOOD: THE LAST VAMPIRE』が名を列ねる。後者が日本アニメということで、1995年のケンイシイのミュージックビデオ『EXTRA』(6年前のものとは思えないでき!改めて日本のアニメーション技術に乾杯)、そして御存知ダフトパンクと松本零士のコラボレーション『Harder, Better, Faster, Stronger』(シネマエレクトロニカでは『Aerodynamic』もエントリー)のとてもおまけと言えないような2本が同時上映された。その中からほんのいくつかを以下に紹介したい。

SHORTS PROGRAM 2: HUMAN NATURE
Avenue Amy “Outfriended” / アベニュー・エイミ−「のけ者」
USA/11:00/2001
監督:Joan Raspo 脚本:Amy Sohn

「人情」の痛いところを突いた傑作。最高につまらないデートの相手がもし自分の大親友の男友達と意気投合してしまったら?そして自分よりもそいつと過ごす時間の方が長くなってしまったら?小さな嫉妬から生まれるそんな恐怖がエイミ−の身には降り掛かってくるのです。しかも10年ぶりにバーで遭遇した女友達までどうやってか一瞬にして二人に意気投合してしまい…と落とされるところまで落とされるエイミ−。実際の動きからつくられた暗いカラーパレットのアニメーションがダークな笑いを誘います。

SHORTS PROGRAM 3: HIGH RISK
Delusions in Modern Primitivism / 近代原始イズムの錯覚
USA/17:00/2000
監督・脚本・編集:Daniel Loflin

この監督、日本にも行くそうです。ピアシングと入れ墨の先にはこんな発展形の「アート」(?!)があったとは。米国郊外臭ムンムンの、ただのパンクなモノローグかと思いきやとんでもない。ここまで手に汗を握らせながら、それでも笑わせるこの監督、最高です。Jerome(主人公)万歳。

SHORTS PROGRAM 4: BY DESIGN
No Words / 言葉なんて…
USA/5:10/2001
監督:出演者と同じ

ぐるぐる歩き回るカメラ、めくるめく字幕と主音声の遊び、同じことの繰り返しに見えて、なんだか途中から頭の回転がついていかなくなります。刷り込み本能をくすぐる賢ーい作品。マフィア「ファミリー」の命名美に酔って下さい。

19-2000: GORILLAZ
UK/4:01/2001
監督:Jamie Hewlett, Peter Candeland

アニメバンド、Gorillaz。その一貫した姿勢の重要な「マーケティング用具」でもあるミュージックビデオだけに、ビジュアルの強さ、スムーズさは断トツです。日本では喝采が聞こえてきそうな箇所がそこここに織り込まれてます。今年のRESFESTのプログラム兼RES誌5周年記念号の表紙を立派に飾ったフェスト代表作。

Ya Mama: Fatboy Slim
UK/4:51/2001
監督:TRAKTOR

シネマ・エレクトロニカエントリー17作品の中でロサンゼルス観客の支持を最も集めた作品。Fatboy Slimことノーマン・クック氏の遊び心を最大音量で演出した大作。カリブ海に浮かぶこの小さな村は、『push the tempo!』の指令に合わせ、事実ちゃぶ台ヒックリ返し状態に。地元警察も巻き込んで大騒ぎ。クック氏、さすがイビザで幾千もの腰を振らせ続けてきた男。MTVが尻込みするのも頷けます。アメリカのメジャーな配給ラインからはじき出されてしまった形になったこの作品、RESFESTがこの大陸でのお披露目会となった。「ヨーロッパでは方映OKなのに…」とさり気なく嘆いて見せてたTRAKTORは、計300本以上の広告を共に手掛けてきたスイス人クリエイタ−二人衆。ミュージックビデオ監督はこの作品がなんと初だったそう。

THE FUTURE OF FILMMAKING PANEL SERIES
Guest: Mike Mills (Graphic Designer, Film Maker) – Los Angeles

開催都市を代表する若手クリエイタ−をフィーチャ−するこのパネル・シリーズのロス代表は、やはりマイク・ミルズでした。1997年のエントリー作品、『Deformer』(プロスケーター、エド・テンプルトンをインティメートに描写)を筆頭にRESFEST、雑誌RESの寵児としてシーンを自然体でリードしてきたミルズ。彼世代の雪男(サスクヮッチ、ウッキー)への執着や(そういえば同世代でディレクターズ・ビューロー仲間でもあるジェフ・マクフェトリッジも雪男のデザインをしてましたね)、ティーン特有の無防備さから生まれる美しさの徹底追求などについて、大スクリーンでの自分の作品の紹介を交えながら気さくに話してくれました。楽しいアイディア沢山の「ファミリー」(仕事仲間、友達などなど)思いなミルズの賢さと優しさが伝わる貴重な貴重なパネルでありました。

今年のツアーでは初開催となる都市がぐんと増えた。サンフランシスコ、シアトル(9.11事件の影響でで開催延期となった)、シカゴ、ロンドン、ニューヨーク、ロサンゼルス、ソウル、ブリストル、ケープタウン、東京[ラフォーレ・ミュージアムにて11月23−25日]、大阪[パラダイス・シネマにて12月1−7日]、リオ・デ・ジャ・ネイロ、そしてサンパウロ。中でも南アフリカとブラジルでの開催は主催者達も実に嬉しそうだった。日本での開催、お見逃しなく。

RESFESTの詳しい情報は、オフィシャルウエブサイトで。(日本語のオフィシャルページへもここから飛べます。)

Text: Aya Muto from New Image Art Gallery
All Images: Courtesy of Resfest

【ボランティアスタッフ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
icon
MoMA STORE