NIKE 公式オンラインストア

ピクセルサージョン

PEOPLE


アーバーとリナに会う前、私がピクセルサージョンについて知っていることといえば、傾斜のあるグリーンのポータルインターフェイスから、最新のニュースと、クールなスプラッシュページ、デザイナーとアーティストのインタビューを届けているということだけだった。2001年9月23日、私はたまたまその「外科医」アーバーとリナを見る機会に出くわした。私が彼らに抱いた印象は、とても楽しく、クリエイティブで、みんなに優しいというものだった。疑う余地もなく、ピクセルサージョンはすばらしい成功を収めている。

香港にはどのくらい滞在の予定ですか?今回の目的は何でしょうか?

アーバーノート:この惑星には33年前着きました。香港には4日前。香港に来るのは初めてですが、高層ビルから仏教の寺院にいたるまで、この街に恋してしまいました。

リーン:私は香港生まれで、ここには14歳まで住んでいました。その後、留学のためUKに渡りました。それを数えなければ、4日間の滞在ですね。

アーバーノート+リーン:この東洋旅行の大きな目的は、リナの家族を訪ねることと、シドニーのIdNフレッシュカンファレンスへ行くことです。
オズ・ディーンと一緒に、シュノーケリングしたり、バービーに海老を投げたりと、クレージーなことをしながら1週間をすごす予定です。

着いてからこの何日間かで、どこに行きましたか?何か面白いものはありました?

アーバーノート:義理の祖父のフラットと、義母のフラット、リパルス・ベイ、スタンレー、セントラル、コーズウェイ・ベイ、チ・リン・寺院をはじめとする仏教寺院。

リーン:コーズウェイ・ベイのショッピング街、マン・モ寺院やクァン・イン寺院のようなお寺、スタンレー、リパルス・ベイなどですね。

香港の印象はどうですか?香港の人々はどうでしょうか?

アーバーノート:ここへ来る前の香港に対する印象は、香港映画とリナの話に基づいていました。でも、ここへ来てみて、ぶっ飛ばされた気持ちになりました。とても美しい。ニューヨークにも、高層ビルと摩天楼がありますが、きちんと並んでたっています。香港は、カオス!私はカオスが大好き。香港の人もとてもクールで、私の妻の家族はとても暖かく迎えてくれます。

リーン:香港はとてもセカセカしています。人でいっぱい。みんな急いで動き回っている。

香港出身のデザイナーに会ったことはありますか?香港のウェブ・エージェンシーには、出かけましたか。

アーバーノート:インターネット上でだけ。

リーン:いいえ。あなたが初めて。まだ会っていません。もう少しでも香港に長くいることができたら・・・。

香港のウェブ業界についてはどう思いますか?何か提案はありますか?香港発のウェブサイトで知っているものはありますか?香港のサイトをどう思いますか?

アーバーノート:香港のウェブデザインに対しては、パニズムシェルムーンサイトディービーディービーなど、たくさんの個人的なウェブサイトやポータルがあるな、という印象です。そして、そういうサイトはすばらしい。私のウェブサイト設立の経験は、881903.COMIdNWORLDなど、少ししかありません。おそらく、香港のウェブデザインがどうであるか、明確に示すには、まだ経験が必要でしょうね。

リーン:たくさんの香港のサイトは、すごいと思います。偉大な潜在性を秘めているし、とてもクリエイティブです。文化的な経験もありますが、デザイナーになるのは、医者や法律家や、会計士になるほど魅力的ではないでしょう。でも、私たちの周りにあるものはすべて、クリエイティブなデザイナーによって価値をあげているのです。良いデザイナーのいない生活なんて、退屈でしょうね。

もし、ピクセルサージョンの香港特集をするとしたら、どうしますか?香港で見た物事をどのように使いますか?

アーバーノート+リーン:ピクセルサージョンで、香港デザインについてのスペシャルフィーチャーをする予定なのです。リナのフィーチャーした「デザインの分野で働く女性」と似たようなものを。私たちの知っている香港のウェブデザイナーがスタート地点になるでしょうね。フランシス・ラム(ピクセルサージョンがコントリビューティング・エディターとして参加している)、ベナ・ロエムリーパン・チャンなど。他にもクールな香港デザイナーがいれば、もっと広くフィーチャーしたいです。ピクセルサージョンはすでに、アジアのデザイナーに大きな関心を寄せています。(リナは、香港出身です。)そして私たちは、世界中からのリンクとコントリビューションを持っています。ニューヨークのジェマ・グラ、オーストラリアのアンドリュージェード、日本のエリンなどがそうです。

そのフィーチャーの前に、香港とシドニーのIdNフレッシュから全ての写真を見せるワールドツアースペシャルというのをする予定です。中国のタイポグラフィー+デザインをフィーチャーで紹介するつもりです。でもまだどんな風になるのか、はっきりしたことはわかりません。たいていいつもマックの前に座るまで、デザインをどのようにするか全くわからないのです。

ピクセルサージョンについてもう少し教えてください。

アーバーノート:ピクセルサージョンは、デザイナー、クリエイティブ、そして風変わりなウェブを好きな人たちをターゲットにしたウェブポータルです。私たちは、ニュースのポイントにたくさんのユーモアを交えます。ただ単にクールなウェブサイトだけではなく、変なものもお知らせしています。だから、サーフステーションやK10K、DIKよりも、広いウェブコミュニティーにアピールしているのです。また、バンド(DJヴァディム、オーガニックオーディオなど)やデザイナーなどのインタビューも多く扱っています。私たち全員、日中の仕事を持っているため、ピクセルサージョンナイト+ウィークエンドにも取り組んでいます。ただ、私たちは起きている間中ずっとピクセルサージョンのことを考え、夜はピクセルサージョンの夢を見ているのです。

リーン:ピクセルサージョンは、UKロンドンを拠点にし、ジェイソン・アーバー、リチャード・メイ、リナ・チョンで成っています。ピクセルサージョンはフレンドリーなデザインポータルで、最新ニュースやゴシップなど、全ての人に向けたホットな話題が満載です。フレンドリーなサイトなので、タイトルにはこだわっていませんが、みんなそれぞれの分野を専門に活動しています。ジェイソンはニューメディア、リチャード・メイはイラストレーション、リナ・チョンはプリントグラフィックスといったように。

ジェイソン・アーバーとリナ・チョン、このインタビューを受けてくれてありがと
う。香港でまた会えることを願っています!

Pixelsurgeon
www.pixelsurgeon.com
info@pixelsurgeon.com

Text and Photos: Mlee from Shellmoon
Translation: Naoko Ikeno

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE