NIKE 公式オンラインストア

ノルベルト・バイヤー

PEOPLEText: Andrew Sinn

ゲームが終わって、次はなんだろう?ロボットは眠るのか?ピクセルは無くなってしまうのか?サーキットボードは、落ち着くのか?

ヒンターコンティ・ギャラリーで行われたゲームオーバー・リアリズムと質より量ということを主題においた展覧会に遭遇するチャンスを得た。フロント・ルームでは、DJがプレイをしていて、壁は古い操縦桿で飾られ、現在の変圧器が壁にかけられていた。鏡には「私と一緒にゲームをするあなたなんて大嫌い。ゲームオーバー!—シャンタール」と書かれている。

後ろの部屋には、プラスチックのロボットがいくつか、巨大な鳥かごの中で足踏みをしている。ロボットは興奮し、足と闘っている。そして、自分達の身体をスピンさせようと頑張っている。それは、あたかも自由を手に入れようと、何かを打ち破っているかのようだ。床に散乱するひどい量のデータ・テープと闘っているロボットもいる。これは、センク・ヘルドによって制作された。

サーキットボードもいくつかある。アンジーが木、満ち、車、そして小さな人をコンデンサー、チップ、抵抗器、伝導体の間に配置したものだ。サーキットボードの構成や建物がどんなにそっくりに作られているかを見るのはとても面白い。道をはり巡らされた長方形の上で、全てがうまく配置されている。


展覧会のメインは、「ミニステック」を使った、ノルベルト・バイヤーの作品だ。ミニステックは、70年代、80年代にドイツで大人気を博した子供向けゲーム。テトリスのブロックのような、色のついた小さなピースが沢山と、プレート、そして格子がセットになっている。イメージにそのピースをくっつけることができる。ノルベルト・バイヤーは、ミニステックがピクセルベースのゲームスクリーンを模造するのにとても適しているという事を発見した。彼の「タッチスクリーンズ」は「ボールダー・ダッシュ」から「パックマン」までに及んでいる。

アナログ・イーツ・デジタル」は、ノルベルトがプロデュースしたCDの名前だ。全てのコピーにそれぞれ、小さなミニステックオリジナルがあり、CDの中には、様々なアーティストによる5つのミニステック・ラブソングがある。右側にあるのは、64をフィーチャーしているサンプラー、「インプット64」のために彼が作ったカバー作品だ。

続きを読む ...

【ボランティア募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
アドリアン・M/クレール・B
MoMA STORE