NEUT.

THINGS

グラフィック、音楽、ファッション、プロダクトなど、既存の枠組みにとらわれず、ジャンルを横断しようとするデザイナー達自身が、自分達のデザインを自由に表現するメディアとして、新しい形のデザインを考える本『NEUT.』が発売される。今生まれつつあるデザインがここにある。編集を手掛けたアジール・デザイン佐藤直樹氏にお話を伺った。


Spread from NEUT., ASYL DESIGN / Photo Satoshi Minakawa.


まず初めに、自己紹介をお願いします。

佐藤直樹。1961年、東京生まれ。 北海道教育大学卒業後、信州大学で研究生に。専攻は教育社会学・言語社会学。研究生活、肉体労働、編集業務などを経験しつつ、赤瀬川原平らの活動で知られていた神田・美学校にも在籍。 94年から『ワイアード』日本版のADを2年間務め、クリエイティブ・ディレクターを経た後、独立。現在、アジール・デザイン主宰。というかんじです。


Spread from Design Plex., ASYL DESIGN / Photo Satoshi Minakawa.

アジール・デザインについて教えて下さい。どのような活動をしていますか?

ホント、いろいろですねえ。ウエブサイトを見ていただけると分かっていただけると思うんですが、いわゆるグラフィック・デザイン全般です。

NEUT.を始めることになったきっかけについて教えて下さい。

きっかけっていうのはもうよく憶えてないんです。2年以上前になると思うけど、最初はウエブジンをやろうとか言ってた。そもそもはデザイン業界に対する強い違和感があって。広告をやるとかエディトリアルをやるとかっていうのは、やるべきものがあってはじめるのがまっとうなモノづくりだと思うんだけど、今のデザイナーっていうのは、そういうのなしにやってるっていうか、業界人であることが目的になってしまっているように僕には思えた。そのポスターほんとに必要なの?とか、それ、ほんとにカッコヨク見せなきゃなんないの?とか、そういう根っこのところを全然考えないでやってる。そういうのが、すごくカッコワルイことだと思ったんですよ。

今の業界の発注とか受注を前提にしないで、つくらないでいいようなものはつくらないということを流れとしていくためには、いい仕事を運んできてくれる人を待っているだけではダメで、常にこちらからいろいろなことを提案できるようにしなきゃならないし、そのためには実験のプロセスを公開して、いつでもそれを見てもらえるようにしておかなければならないと思った。

最終的に、ウエブジンからのスタートにしなかったのは、ウエブっていうのはすごく自由にはじめられるものだから、放っておいてもいろいろな新しいメディアが生まれてくるだろう、でも、紙のほうでそれをやってる人が全然いないんで、じゃあまずは紙からはじめてみようかと。それに、今までのメディアのあり方に対するアンチだったりオルタナティブだったりというのなら、はなから違うことをはじめるより、同じ舞台で違うものを見せたほうが強いんじゃないかっていう。ウエブを使った提案だから新しいとかそういうことではなく、どんなメディアの使い方にもやりようはあるんだっていうふうに考えましたね。


Spread from NEUT., Naohoro Ukawa

NEUT.の内容について教えて下さい。どのような内容ですか?どのような方が参加されていますか?

ほとんどの頁がグラフィックのみによって構成されていて、文字を主体にした記事は3つだけです。ひとつはテイ・トウワと東泉一郎の対談で「DESIGN LIKE MUSIC, MUSIC LIKE DESIGN」というもの。もうひとつは、若手建築家とグラフィック・デザイナーのユニットであるスープ・デザインがデザインジャーナリストの渡部千春と家具デザイナーの藤森泰司を招いて行ったSOHOをめぐる鼎談。 そして、伊藤ガビンと椹木野衣と僕の3人がデザイン全般の話を6万字にわたって展開している「WHAT IS DESIGN?」。

グラフィックの頁も、ただ作品を掲載するというのではなく、各デザイナーと話し合って、今のデザインを再解釈するかたちで、新しいデザインを提示してもらうようにしたかった。そこで「○○デザイン」という場合の○○の部分を、各人各様にテーマ化してもらいました。


Spread from NEUT., Tomoo Gokita

たとえば、五木田智央は「看板のデザイン」をテーマにしています。当初はイラストを使おうと思ってたんだけど、作品性や作家性はこのテーマにそぐわないってことで、場末のポルノショーの煽り文句を書き殴った巨大な横断幕を、都内の至る所に持ち出してみることにしたんです。で、合成とかじゃないナマの強さがほしかったから、フォトグラファーの増田慶に依頼してすべて8×10で撮ってもらうことにした。これがどこで撮ってもハプニングの連続で、やーさんに囲まれたりもしました。デザインにとって「どこでなにを」っていうのがいかに重要かってことですね。今のデザインの作品主義、作家主義をふっとばすような仕掛けになってると思います。


Spread from NEUT., Nendo

それから、ネンドの藤本健太郎には「チラシのデザイン」をテーマにしてもらいました。旅行パンフの文字を全部○に変えちゃったんだけど、それでもすぐに旅行パンフってわかる。デザインの佇まいって強いもんだなあっていうのがすごくよくわかる、形式を特化させたすごくコンセプチャルな提示になっています。このチラシは実際にまくために刷ってみたんだけど、印刷所のオヤジをして「長年この仕事をやってきて、こんなに無意味な印刷物ははじめてだ」とまで言わしめたという(笑)。


Spread from NEUT., Ron Sexton

あとは、皆川聡とアジール・デザインが建築を、内原恭彦が東京のガイドマップを、ロン・セクストンがファッション写真を、ララスー・プーポ・ラボがお笑いユニットのラーメンズを、LEVEL1 の草野剛と広岡毅がゲームとパソコンを、エンライトメントと長澤章生が衣装デザインを、セキユリヲが生活雑貨を、千原航がTシャツを、趙瑛梨がバッグを、宇川直宏が自ら作ったグラフィックの再構成を、というようなかんじです。

NEUT.を、どういった個性をもったメディアにしたいでしょうか?

なるようにしかならないんで、どうしたいというのはとくにないんですが、社会全体のわけのわからなさをちゃんと反映したメディアにしたいです。今のデザインの主流って、悪いものをよく見せるゴマカシの技術をやたらめったら洗練させてきただけのものなんじゃないのって思うから、そういうものに対してはケンカを売り続けたい。

またプリントだけでなく、エキシビジョンなどオフラインの活動も行っていくのでしょうか?

7月には中目黒のデポでエキシビジョンをやったんですが、毎号出す時にはなにかやるつもりです。

どのようなペースで発行予定ですか?次号の予定は?

次号は年内に出したいです。季刊くらいが理想ですね。

日本の現在のエディトリアルを含むデザインシーンの状況ついてどう思われますか?

今までに書いてきたとおりですが、技術的には明らかに向上しているからスピードはすごいんだけど、整備された高速道路をただとばしているだけで、なんでそこに道路があるのか誰も考えてないっていうかんじですかね。僕は道のないところを進んでいくほうが好きなんで、車とばしてる人とか見てもとくに感想はないです。

それに対する他のメディアの動きはどうでしょうか?

結局のところみんな利権とか既得権とか好きみたいだから、動きは鈍いんじゃないですか。

日本のデザインシーンはこれからどうなっていくと思いますか?

変わらざるをえないと思う。インデペンデントなシーンから強力なのが出てくると思いますよ。音楽でもなんでもそうだけど、バックボーンがおもしろくなければ誰も興味を持たないじゃないですか。表層だけキレイに飾っているものより、なんかすごいこと考えてそうだとか、そっちですよね。情報の伝達はすごく早くなってるから、強いものを発信できればすぐに拡がっていくと思いますけど。今までの業界とかそういうものは壊滅していくでしょう。

日本で注目すべきデザイナーやアーチストを教えて下さい。

今回、NEUT.で声をかけた人たちがそうです。まだまだ他にもいっぱいいますが。

今後の予定について教えて下さい。

とくにありません。


NEUT.
標準小売価格:2,380円
ISBN:40-9008520-77-5
版型:364mmx297mm
頁数:136p(フルカラー)
編集:アジール・デザイン
発行:デザインエクスチェンジ
http://www.altdesigners.com

Asyl Design Inc.
住所:#501 29-17 Sakuragaoka-cho, Shibuya-ku, Tokyo 150-0031 Japan
TEL:03-5728-8288
http://www.asyl.co.jp

NEUT.は、Amazon で購入できます。

Text: Taketo Oguchi

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE