インタラクション 2001

HAPPENING

インタラクション2001」、今回で5回目となるこのシンポジウムは、3月5、6日の2日間に渡り、東京の早稲田大学を会場として開催された。生活を豊かにし、実世界と有機的に連携する「情報技術」を展望する場として、約300名が参加した今回の「インタラクション2001」では、12件の論文発表と、58件のデモンストレーションを交えたインタラクティブ発表が行われた。メディアアーティスト八谷和彦による招待講演で幕を開け、2日間に渡り、これからの情報技術のあり方に対する多くの研究が示された。


「インタラクション」は、情報処理学会の主催するシンポジウムで、通常の口頭発表に加え、デモンストレーションを交えた聞き手との対話形式による、インタラクティブ発表が大きな特徴となっている。

実行委員長の土井美和子による、『誕生から20年経った GUI (Graphical User Interface)、に続く新たなインターフェイス、21世紀のインターフェイスができつつある歴史的な瞬間だ』という開会の挨拶に続き、メディアアーティスト八谷和彦の招待講演が行われた。『美術と技術の界面のお話』というタイトルのこの講演では、視聴覚交換マシンや、ポストペットなどの自身の作品や、日本の他のメディアアーティストの紹介を交えながら、インターフェイスを作るのが自分の仕事、人と人とをどう結びつけるか、枯れた技術をバカなことに使う、コンピュータ・技術が前面に出ない作品、クオリティーを上げるにはエンジニアとくっつつほうが良い、といった内容が話され、その中でも、「技術をアウトプットするときには細心の注意が必要」、といういわばメディアアーティストから技術者への要望とでもいう言葉が印象的だった。

続いて、実世界をテーマとした論文発表がおこなわれた。ここでは、早稲田大学の園田らによる空中での手書き文字入力システムの発表に続き、SONY CSL の暦本、大場、MIT MEDIA LAB の BRYGG ULLMER らによる、「DataTiles」の発表があった。これは透明なタイルをトレイ(水平な平面ディスプレイ)の上に配置することで、コンピュータや情報を制御するもので、例えば白地図が印刷された天気図のタイルと円形の溝が掘られた時間軸のタイルとを組み合わせると、ペンで溝をなぞることで、時間の変化に応じた天気の変化を知ることができる、といったように様々なタイルの組み合わせで多様な機能を実現することができる。
システムの構成を簡単に説明すると、タイルには無線を利用したRFIDタグが内蔵されており、それによりトレイはタイルの置かれた位置を認識し、対応した画像をディスプレイ上に表示する。ソフトウェアはJAVAで構築され、ユーザがタイルを置くことで対応したクラスファイルを動的に読み込む。今回のインタラクション2001の中で、この「DataTiles」の技術的・デザイン的な完成度の高さはずば抜けており、この手で実際に体験することができなかったのが非常に残念だった。

昼の休憩をはさんでの第1日目のインタラクティブ発表では、数多くの興味深い研究を実際に体験することができた。 ATRの米沢らのセンサを内蔵したぬいぐるみによるこの手で音楽表現や、ATRの多田/北陸先端大の西本らによる、装着型楽器「CosTune」といった音樂に関連したもの、NTTドコモの福本によるクリック感を持ったタッチパネル「ActiveClick」、富士ゼロックスの坂巻らによる触覚マウスのような触覚によるフィードバックを与えるもの、慶応SFCの田谷らによる加速度センサと地磁気センサを利用した星座早見盤、ATRの OLIVER LIECHTI らのi-modeを利用したパブリックディスプレイの制御環境、大阪大学の伊藤らによる各種のセンサ等を内蔵したActiveCubeシステムによるアプリケーションの開発環境、東大の池田らによる透明球ディスプレイ「i-ball」を利用したインタラクティブコミュニケーションなど、様々な新しいインターフェイス・インタラクションが示され、日本の、主に工学系の研究者たちが、これらの分野に実際どのように取り組んでいるかを知ることができた。

続いて行われた論文発表では、NTTの安部らによる関連発見情報ブラウザ「AssociaView」、国立情報学研究所の細部らによるXMLの制約を利用した情報の視覚化方式「XML-VL」、SONY CSL の増井によるスナッピングを活用した図形編集方法「HyperSnapping」、がデモを交えつつ発表された。

夜には、パーティーが開催され、その席でベストペーパー賞として、先ほどの「DataTiles」と、翌日発表予定の成蹊大の緒方らによる音声翻訳に画像の翻訳を加えたビデオ翻訳システムが、また1日目ののベストインタラクティブ賞として、「ActiveClick」と「触覚マウス」が表彰された。

2日目も論文発表から始まり、午前中はやわらかいインターフェイスと題し、京都大学の中尾らによる心臓の視覚・触覚シュミレーション環境「ActiveHeart System」、 SONY CSL の飛田らによるスケッチベースの3Dシーン構築ツール「Flat3D」、京都大学の須藤らによるひも状の物体のモデル化、といった研究が発表された。

さらに休憩をはさんで、1日目に引き続きインタラクティブセッションが行われた。東芝の松下によるヘッドセット型無線デバイスや、高精度の手書き文字認識を用いた農工大の坂東らによる対話型電子白板、多摩美大の楠らによるプロジェクタとRFIDタグを組み合わせたセンサリングボード上での音楽学習の支援システム、室蘭工大の佐藤らによる手書きの曲線を入力するインターフェイス、コーヒーメーカーの稼動状況をアンビエントに表示する玉川大の椎尾、はこだて未来大の美馬による「Meeting Pot」、東大の西本らの木のメタファーを利用したファイル構造の3D視覚化、奈良先端大の山本らによる空間的な配置を利用したビデオデータの分析用ツール「Time-ART」など、この日も多様な研究に触れることができた。

その後、生命工学工業技術研究所の森川らの映像の合成を用いた超鏡「HyperMirror」によるビデオ対話方式、ATRの高田らによるコンピュータ上のエージェントとのコミュニケーションの提案、電通大の北島らの頭部の位置と姿勢を利用したインターフェイスの提案、ベストペーパー賞を受賞した成蹊大の緒方らによる「ビデオ翻訳システム」の論文発表が行われた。

最後に2日目のベストインタラクティブ賞として、「手書き曲線入力インターフェイス」と「Meeting Pot」が表彰され、インタラクション2001は幕を閉じた。

インターフェイス・インタラクションの世界は体験することではじめてわかるという部分が多く、また通常これほど多くのデモを一度に体験できる機会というのは殆どないため、今回のシンポジウムは現在、そしてこれからの情報技術のあり方を考える上で大いに参考になった。ただし、参加者のほとんどは工学系のバックグラウンドを持つ研究者であるためか、技術的には優れているもののプロダクトとしての魅力に欠けるものも多く、個人的には今後、デザイナー、アーティストの参加による研究者とのコラボレーションが活発に行われることを期待したい。来年度の開催も既に決定しているとの話なので、これを見て興味を持ったデザイナー、アーティストは、ぜひ参加してみてはいかがだろう。単に見に行くだけでも、いろいろなアイデアが浮かんでくるはずだ。

Text and Photos: Jo Kazuhiro
Translation: Joe Kazuhiro, Fayd Kwan

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
スティーブ・ベイカー
MoMA STORE