ストロベリーフロッグ

PEOPLE


アムステルダムの中心地に位置し、二面性があり、戦略的でクリエイティブなコミュニケーションエージェンシー「ストロベリーフロッグ」。世界で最も不気味な恐竜(大手広告代理店)との戦いで一躍有名になった広告代理店だ。スローガンは「FROG(蛙)VS. DINOSAUR(恐竜)」。ストロベリーフロッグは、オルタナティブで新しいメディアを利用し、ELLE.COM や、ハイネケン、CREDIT SUISSE など、クロスボーダーにある世界的なブランドと仕事をしている。世界中から様々なバックグラウンドを持ったクリエイティブで才能のあるスタッフが集まっている。締め切り間近になると、オフィスの隣にある小さなカフェ「WINKEL」から食事を運んでもらっている。今回は、カフェ「WINKEL」のウェイトレス、カルメンにアートやアムステルダムについて、また、世界を代表するブランドのクリエイティブなマーケティング戦略について聞いてみた。

何年くらいウェイトレスの仕事をしているの?

WINKELでは、6ヶ月くらい。15歳の頃からカフェで働いていて、フルタイムで働くようになったのは、ここ6ヶ月くらいです。

他の仕事に就いてみたいと思ったことは?それとも、フードサービス業界で続けていくつもり?

もっと現実的なことをやりたいと考えています。AIRMILES で5年間働いて、その後ラテン・アメリカを6ヶ月間旅行して、それで地元に戻って、今は WINKEL にいます。ここもいいけど、もっと頭を使える新しいことがしたいです。

ストロベリーフロッグの人達は、いつも何をオーダーする?

世界14ヶ国から集まった人達だから、皆それぞれいろいろなものをオーダーします。フロッグ達の、開放的で文化的にミックスしているところが好きですね。大抵彼等は、クラブサンドイッチ、スープ、アップルケーキをよくオーダーします。一度に7、8個のアップルケーキを配達することもありますよ。

毛皮のビキニを着てウェイトレスの仕事をしたいと思ったことは?

LA-FLAMME.COM の広告みたいなのでしょ?その広告のビキニは、50年代にブリジット・バルドーのビキニをデザインした同じ人達がデザインしたって噂を聞いたけど、本当ですか?

まず最初に、質問しているのは僕達だっていうことを忘れないで。ちなみに、質問の答えは、本当。
フロッグ(蛙)は好き?

ええ、好きです。

じゃあ、ストロベリーは?

大好き。

アムステルダムで一番好きなミュージアムは?

全然知らないです。ここに住んでいるのにミュージアムに行ったりしないのって、おかしいですよね。

カフェのお客さんは、どこの人が多い?

ストロベリーフロッグは、すごくいいお客さんですよ。皆すごく礼儀正しいし。お昼によく、フレッシュオレンジジュースとカプチーノ、当店自慢のアップルケーキを楽しみつつ、クラブサンドパーティーを催すんだけど、彼等のアップルケーキへの欲望は、彼等が世界的なクライアントやクロスボーダーなブランドと仕事をしているからだと思うの。うちの店には、世界中にお客さんがいるっていうこと。だから、この地球に住んでいる人は皆、当店自慢のアップルケーキを知っていることになるんです。

もし、ストロベリーフロッグがアムステルダムの他の場所に移ったとしたら、新しいオフィスの近くで働きたいと思う?

ストロベリーフロッグの人達は、皆若くて形式ばっていないから、オフィスに食べ物を運ぶのは好きです。もしオフィスが他の場所に移ったら、それはこの店のビジネスにとって大損害ですね。新しいオフィスにクラブサンドイッチを配達するから、いつでも電話してくださいね。

最後に一言。

じゃあ一言だけ。フロッグ(蛙)のようなイメージがあるけど、彼等は本当に良く食べます。ホントにたくさん。今、インタラクティブ部門を新しく設立中だって噂を聞いたけど、そうなると、もっとたくさんアップルケーキを焼くことになりそうですね。


Strawberry Frog

http://www.strawberryfrog.com

Text: Jay Taylor and Brad Dykema from Strawberry Frog
Translation: Mayumi Kaneko

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE