アーバン・ワールド・フィルムフェス

HAPPENING


アーバン・ワールド・フィルムフェスティバル2000 と名付けられたこのイベントは、「コンテンポラリーシネマにおけるマイナー映画の役割を高め、再認識するために捧げられたフィルムフェスティバル」。5日間にわたる会期中、13の長篇、20の短編、10のドキュメンタリーを含む61の映画が、ニューヨークのシネプレックスオデオン・ワールドワイドプラザで上映された。

このフェスティバルは、 1997年にエグゼクティブディレクター、ステイシー・スパイクスによって設立され、今では、かの有名なサミュエル・ジャクソンやケネス・エドモンド、アンドレ・ハレルなどが参加する諮問委員会と共に、この種のフェスティバルでは世界的に大規模なものへと成長した。

フェスティバルの審査員最優秀賞は、アメリカ初公開となった「ONE WEEK」が受賞。結婚を間近に控え、HIVに感染したかもしれないという不安を抱えた花婿の話で、検査の結果を待つ間の、彼にとっては人生で最も慌ただしい1週間を描いた映画だ。最近では、このようなインディペンデント映画は、メジャーな映画館では、めったにお目にかかれない。オーディエンス賞に輝いた「THE VISIT」という映画は、親族や幼馴染みの訪問が彼の精神的な覚醒と救済のきっかけとなる若い男をめぐるパワフルなドラマ作品だった。

フェスティバルで上映された 10のドキュメンタリー作品のうちのひとつ、「VOICE OF THE VOICELESS-THE LIFE, THE WORDS, THE MOVEMENT」は、懲役によって世界中を移動することになる死刑囚、MUMIA ABU-JAMAI を取り巻く移動や人生などについて語ったインタビューを収録したドキュメンタリー作品だ。

サンダンスなどの、いわゆる「インディペンデント」なフィルムフェスティバルは、娯楽産業の実業達が、次の大金稼ぎを見つけるために集まるメインストリームのマーケティングショーとなってしまっている。今年で4回目を迎えたアーバンワールドフィルムフェスティバルは、マイナーな映画制作者のための門戸を解放すべくその名前を広める努力をしてきたが、その一方で、インディペンデントフィルムのスピリッツも持ち続けている。メインストリームの映画もラインナップされてはいたが、今年のフェスティバルでは、力強くストーリーを伝える能力を持った才能ある気鋭の映画制作者を僕達に見せてくれるものとなった。

Text and Photo: Rei Inamoto From Interfere.
Translation: Mayumi Kaneko

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE