IDN マガジン

PEOPLEText: Mayumi Kaneko

香港発の デジタルデザインマガジン「IdN」。ウェブを中心に、グラフィックデザインからモーショングラフィックスまでクリエイティブ全般にフォーカスし、世界中のクリエイターから注目を集めているデザインマガジンだ。毎号気鋭のデザイナーによるカバーデザインをフィーチャーし、隔月で発行される誌面には、世界中のデザイナーの作品やインフォメーションが満載で、コンテンツ、デザイン共にクオリティーの高い雑誌を制作している。

尚以下のインタビューと同じ質問構成で、SHIFTのインタビューが、「IdN」9月号に掲載されるので、興味のある方はチェックして欲しい。

まずはじめに自己紹介をお願いします。

V:ヴィクター・チャン。IDNのクリエイティブディレクターです。
C:クロエ・タン。IDNマガジンのアシスタントエディターで、デザイン/エディトリアル部門では、唯一の女の子です。
B:ブライアン・レアン。IDNのデザイナーです。
F:フランシス・ラム。ウェブデザイナーです。
S:エスケー・ラム。IDNのジェネラルマネージャーです。

IDNをやっていなかったとしたら、何をしていたと思いますか?

V:やっぱりマウスを使って何かやっていたと思います。
C:デザイン/エディトリアル部門に女の子が一人以上いる雑誌をやっていたかな。
B:クリエイティブ関係のことをやっていたと思います。
F:多分、自分で何かしようとしていたかも。
S:世界中を飛び回って、いろんなものを食べ、その後はダイエット。そしてまた旅に出て、その繰り返し。

今のIDNは面白いと言えますか?

V:雑誌のデザインは、継続的なものなので、満足しているとは言えません。そうでなければ、良くなっていかないと思う。
C:自分の今の状況に完全に満足している人なんて一人もいないと思います。でも、自分達ができる限りのことはしていると思いますけど。
B:もっと良くなって行けると思う。
F:IDNは面白いと思うけど、特に実験的なものに関しては、今後もっと発展していくことができるはずだと思います。
S:十分面白いと思う。

今後やってみたいことは何ですか?

V:「自殺」をテーマに、コントリビューターと読者がIDNそのものを批評できるような号を作ってみたいです。僕にとってはすごく刺激的だけど、ボスにとっては刺激が強すぎるかも。
C:テキストなしで、グラフィックと写真だけの号を作ってみたいです。テキストがないんだけど、読者が見て、そのテーマと私達が言いたいことが理解できるようなもの。私の仕事も少なくなるし。
B:想像上のアイディアを現実に実行すること。
F:面白いものを販売するショップをIDNオフィスの下にオープンしたいです。
S:香港でのカンファレンス。もうすぐウェブサイトで告知する予定なので、チェックしてみて。

あなたにとってデザイン/クリエイティブとは?

V:デザインとは、面白くて他とは違ったものを作ること。クリエイティブとは、面白くて他とは違ったものをクリエイトすること。
C:クリエイティブとは、他とは違う考え方をすること。
B:くだらないものを「再パッケージ」すること。
F:ささいなことで人を感動させるもの。
S:デザインとは、コミュニケーションツールであって、デザインの種類に関わらず、「メッセージ」があるべき。クリエイティブとは、アイディアを遊ぶこと。

続きを読む ...

【ボランティア募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
クォン・オサン
MoMA STORE