ZAC(集団的アクティヴィスムと表現)展 ’99

HAPPENINGText: Aki Ikemura

アーティストが次々と、自ら新しい展覧会・スペースを創り出している。アーティストよりも評論家が注目されがちなパリにも、最近やっとこんな場所が出てきた。

最近の大きな展覧会は、アーティスト個々の作品よりも展覧会そのもの、つまり、評論家が集めたアンサンブルの方が作品のようになっていた。今回のパリ市立近代美術館の企画展「Zac’99」は、このようなアソシエーション何組かを展示し、紹介するというものだ。

その中にはアートだけでなく、オブジェ・デザイン、建築、音楽のグループが含まれている。中でも注目したいのは「Buro」。「Salon d’ecoute」(リスニング・ルーム)では、毎日違うアーティストを紹介。更に「Burorama」(Buroのもう一つの試み)の9つのコンサートでは、ポストインダストリアル系ミュージックを満喫できる。

他に、ラディ・デザイナーズというファニチャー・オブジェデザインのグループが入っていた。アートとの境界線をいくオブジェを創りだし、過去にファンダシオン・カルティエでも紹介されたことのあるこのグループはとても気になる存在だ。

ZAC (Zones d’Activation Collective) ’99
会期:1999年10月7日〜28日
時間:10:00〜18:00(月曜日休館)
会場:Musée d’Art Moderne de Paris
住所:11 avenue du president Wilson 75116 Paris
TEL:+33 (0)1 5367 4000
https://www.mam.paris.fr

Text: Aki Ikemura

【ボランティア募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
MoMA STORE