スティーブ・エトウ

PEOPLE

在日日系米国人唯一のメタルロックパーカッショニストとして、広く知られているスティーブ・エトウ。ノーマルなパーカッション類はもちろんのこと、 声、鉄骨、ドラム缶、ギター、電動グラインダー、電動ハンマー等を駆使し、楽器やジャンルに問われることなくスタジオワークやステージにおいて文字どおり火花を飛ばし続けている。
また、日本を代表するミクスチャーミュージックを展開するバンド「デミセミ・クェーバー」の一員として活動する他、ファッションモデル、ビデオクリエーターとしてもその才能を存分に発揮している。
彼のステージはとにかく激しい。身体から発するオーラが尋常ではない。メタルを叩き、お客を煽る。ただシリアスではなく、その中に笑いやジョークが込められている。一度ハマると逃げられないかもしれない。3月に彼は、デミセミクェーバーのアメリカツアーを行った。彼のウェブサイトではそのレポートも公開している。渡米直前に彼の素顔に迫った。


デミセミ・クェーバーのようなミクスチャーミュージックというのはアメリカでの反応はいかがですか?

やっぱり日本と同じですね。ウゲーって言う人たちもいれば、なんじゃこりゃって見ている人もいるし、反応的にはそんなに変わらないと思います。

今まで様々なアーティストに参加していますが、リーダー作というのは作ったことがなかったんですか?

初めてなんですよ。バンドみたいのはいくつもCDを出しているんですけど、自分名義というのは、初めてなんです。

なぜ、今まで作らなかったのですか?

自分が真ん中に立つというイメージが湧かなかった。それが大きいですね。真ん中のボーカリストに対して何をするか今まで考えていた。だからインストとかあんまり好きじゃなかったですね。歌があって、デミセミ(クェーバー)みたいな変なのから、歌謡曲も含め。あれで食えるようになったとしても、デミセミをずっとやったら飽きますよね(笑)。(藤井)フミヤとかずっと彼がソロになってからつき合っているんですけど、メジャーな大きなツアーも平行してやっていないと、ちょっと体調崩すかな(笑)。

すごく極端なバランスの上に成り立っているんですね。

だからといってもやり方を変えているわけでもないし、やっている上での気持ちは同じかな。

スティーブさんの音楽はニューヨークなどのストリートでやっているSTOMPに通ずるものがあると感じたんですが。

うん。そうですね。あーゆーパフォーマンスとかね、日本には来れないですけど、「BLUE MAN」というグループはご存じですか?
マンハッタンでやっているパフォーマンスなんですが、STOMPをさらにコミカルでもっとひねって。STOMPって最終的に音楽にまとまっていきますよね。打楽器セッションみたいな感じで終わってしまうんですが、結局「なんだ君たち叩きたいのか」と思ってしまって個人的には物足りないんですけど、「BLUE MAN」というのは、もっとパフォーマンス寄りなんですよね。
もちろん音楽も絡むんですけど、僕みたくスキンヘッドにしたのが3人出てきて、全員顔とか手とか真っ青に塗っているんですよ。それで「BLUE MAN」って直球なんですけど、その人たちが色々ドラム缶とか、楽器にしてもねじくったものを使ってパフォーマンスするみたいな。それはすごく面白いんですよ。ハコ自体が作り込まれていて、何年も続いているショーで、大きさ的には割と小さめなとこでやっているんですよ。

僕も2年前に行きましたが、ニューヨークは音楽に対して許容範囲の広い街という印象が強いですね。

そうですよね。グランドセントラルの駅の中でやっている人たちもちゃんとブッキングされているんですよね。やるからにはちゃんとしようぜみたいな。きちんとやっているようですよ。
言ってみれば音楽に対する民度の高さが違うかなって気がしますね。日本は結局カラオケなんだもん。あれも楽しみ方の一つかもしれないけれど、もうちょっとちゃうんじゃないかなぁって。それはスポーツで発散するようにカラオケ行っているのかなぁって。

スポーツに近いですよね。どこまで歌えるかとか。

そう。頭から否定するつもりは全然ないんですが、正直言うとアメリカとかに行って音楽と接している方が楽ですよね。あーこの人たち音楽好きなんだろうなぁって。日本は音楽というと、「いや、よくわからなくて」、とか「音楽は難しいから私にはわからない」とかね。あげくの果てには、カラオケで音楽を蹴飛ばしているわけですよね。なんとなくそこでね、今世紀中は無理だったかぁ・・って気はするんですけどね。でも、最近若い子たちは明らかに変わってきたと思いますね。もっと自然体で音楽と接している。で、センスがいいですよね。聞くモノとか。
もちろんある程度敷居はあって欲しいです。音楽は大げさな言い方をすれば天から降りたもの、例えば歌い手なんてそうじゃないですか。カリスマ性がなければ、オーラが出なくては引きつけられないと思うんです。

ところで、スティーブさんはなぜ金属を使うのですか?

最初はね、サンプラーを使っていたんですよ。例えばバンドやっていたりとか、人のツアーに回ったりしてそういう音を出していたんですよ。でもゴムを張ったパットを叩いてどんな派手な音を出してもこれは虚しいんじゃないかって。
ダン!という音やガン!っていう音が欲しいなら、そういう音のするものを叩けばいいんじゃないかと思ったところへ、たまたまツアーのローディーのハイエースのバンパーが取れちゃって。それくれるって?それをスタンドに付けて叩き出したのが最初だったかな。
それだったら見た目的には、叩いていればガシャン!っていっているのもわかるんじゃないかと思って。そうやっているうちに段々音は派手な方が好きなんで、こんな感じになっちゃったんですよね。

デミセミより、ソロの方が派手な感じはしますね。分かりやすいというか。

人間的にも分かりやすい方なんで、裏に秘める何とかとか、深みという面では縁がなくって。割と物事を構築するのが苦手で、やり逃げに近いものがあるんで(笑)。
例えば、こんな曲を作りたいって一生懸命作っていくことも大事なんでしょうけど、僕の場合では、割と飽きっぽいというか、子供の頃からプラモデルを作っていても、買ってきたらその日のうちに形になっていないとダメだんですよ。綺麗に仕上げるというより、セメダインが間に合わなかったら瞬間接着剤でがちゃがちゃ付けて。
だから今もそのクセが残ってましてね、音楽も凄い苦労して、気持ちを維持しながら自分の思っているイメージをなるべく100%に近づける為に数%に近づける時間があったら、7割でこんな感じ、こんな感じってどんどん次に行った方が健康でいられる。(笑)。ソロもそんな感じで、しばらく経って聴いてみると、全然リズムずれてるじゃんってみたいなそんな状況ばっかりなんですけど、それはそれで良しと。直感的ですね。それが外れたら悲惨ですけどね。

ステージでもそんな直感が大切ではないですか?

直感といえばかっこいいですけど、お客さんがいると急に変われるというか。リハーサルとか一人でじゃあって言われても出来ないんですよ。バランスを聴いて、叩けるか確認したら後はもうお客さんの前に出て、お客さんになんとかしてもらうみたいな。(笑)。三波春夫さんのいう「お客様は神様」っていうやつで、僕の場合、ちょっと努力が足りなすぎるんで、お客さんからパワーもらって、何かするっていう感じですかね。

モデルも以前やっていましたよね。

たまに写真使われたりしてますけどね、別にそれを仕事みたいにしたことはなくて、「ジェネラルリサーチ」とずっと最近つき合っているんですけど、それもたまたま知り合った小林くんがデザイナー兼社長だったんですよ。そうしているうちに仲良くなって、写真とか撮られているうちに、去年はショーがあったんですけど、僕の全身を石膏で型どりしてそれに服を着させて並べているというショーをやったんですけど、それはモデル(語尾が上がる)というより、モデル(語尾が下がる)型の方ですよね。
こないだもコージクガさんの靴のショーに出させてもらって、東京のイエローでやったんですよ。靴ですから、会場で60センチぐらいの舞台を作ったってとこで見えないですから、工事現場の足場を組んで2メートルぐらいの所を歩くんですよ。でも天井は2メートルちょっとしかないですから、そこを歩くと最後には這いずらないと歩けないという花道を作って、ちょっと吹き抜けで2階まで抜けているところがあるんで、そこに櫓をグシャグシャ形で組んで、最後はモデルたちがそこに取り付いて靴を見せる。僕はその中で鉄を叩いて、音に合わせて演奏したりするというやつ。

型どりしたモデルがネットで公開されていますが、大変そうですね。

大変は大変でしたね。やっている間は、僕のテンションが下がると周りも気を使うし、そうすると僕も辛くなるんで、やっている間は自分をハイに持っていて、イェーとか言いながら、やっているんだけど、次の日が言い知れぬ脱力感で動けなかったですね。10時間かかりましたからね。いっぺんに取れるわけじゃないんで、立った形でまず左足取って、右足取って身体取って、頭取って、みたいなバラバラに取っていったんで。

もう一回やってくれと言われたら?

多分やると思いますね(笑)。型抜き自体もこれで2回目なんで。その前はね、グラフィックデザイナーの人が最近型どりにはまっているんだ手伝ってくんないって言って、その時は頭だけだったけど。頭と手ぐらいだったかな?その時も鼻にストロー刺して。一回練習はしてたんです。嫌じゃないんで。疲れるけれど。

自分の魂の入っていないコピーを見るのは不思議じゃなかったですか?

不思議でしたね。ただ、顔とか鏡でしょっちゅう見ているし、細かいところもよく知っていますから、そういう所は樹脂の重さで垂れちゃうんで、少し老けているかなって。身体とか肋とか、秋冬もののショーだったんで、顔と手だけでいいのに全身取ったんですよ。この脇腹の感じは知っている!って。手首の細さとかそっくりじゃんって。

表現という部分ではモデルも音楽と差はないですか?

もちろん音楽、楽器を前にするのが楽ですよね。慣れていますから。これはもう20年ぐらいやっていますから。気持ち的にはないようにしてますが、まだまだ戸惑うというか、楽器がないとね。

例えばどんな時に戸惑うのですか?

ミュージシャンってギターを持ったり、ドラムのセットの前にいたりしてカッコになるけれど、それを脱がされれるとポンと前に出されたらあんな惨めなもんはないですよ。ミュージシャンなんて。

今後やってみたい事とかありますか?

色々あるんですが、ミュージシャンなら今度はどんなCDをという風になるんですが、僕の場合、音を作る自体が目的になっていないんですよ。今回もCDを出したんですが、これは自分がライブをやるための音ネタが出来たなっていう感じなんですよ。あれをどういう風にライブでやっていくかというのをしばらくは考えながらやっていこうかなって。今もビデオを作って、一緒にやるというのをやってますが、まだちょっと上手くビデオと絡むまでいっていないんで、もうちょっとビデオを物語的な、例えばローリー・アンダーソンであるとか、グレイス・ジョーンズのようになれて、しかも笑いもあると一番いいかなって思ってます。

Text: Kyota Hamaya

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE