NIKE 公式オンラインストア

DFTVコンファレンス

HAPPENING

アメリカン・グラフィック・アート協会(AIGA)が、マンハッタンのミッドタウンにあるEQUITABLEセンターでこの3月に、 第一回目となるフィルムとテレビジョンのためのデザインのコンファレンス、 「DFTV.001」を 開催した。


ナンバー・セブンティーンのエミリー・オベーマンとボニー・シエグラーの指揮で、カート・アンダーソンの司会のもと、 その2日間にわたるコンファレンスでは 16作品のプレゼンテーションがあり、 多くの素晴しい作品が紹介された。プレゼンターは、ピタード・サリバンのビリー・ピタード、ビューロのマーレーン・マッカーシー、MTV/SciFi チャンネルのトッド・ミューラー、 アティックのデビッド・カーソン、イマジナリー・フォーシズのカイル・クーパーなど。

このDFTVコンファレンスは、 デザイナーが今現在、テレビジョンとフィルムに対して大きな影響力を持っていて今後デザイナーが視聴者との相互関係を築きつつ仕事をして行くにはどうすべきか、という問題に真剣に取り組んでいた。
ザ・トマンダンディのトム・ハッデュとサンタモニカミュージック、サウンドデザインスタジオは、テレビジョンとフィルムのデザインが、一種のコラボレーティブなプロセスになるべきだということをオーディエンスに理解してもらい、サウンドとデザインを相互作用させるにはどうすべきかという、素晴しいプレゼンテーションを発表した。
そのコンファレンスは2日間とも、 最終的にはデザイナーにとって興味深く、インスパイアするものとなった。
初日では、デビッド・カーソンがモーション・グラフィックの経験がないデザイナー達に、テレビジョンとフィルムのデザインをすることに対して、何も恐れる事は無いと勇気づけた。

何人かのプレゼンテーターが述べたように重要な事は、いかなるデザイナ−もテクノロジーの奴隷になることなく、テクニック的なノウハウよりもむしろそれぞれのアイデアから生まれるデザインの軸を強化すべきだという事。
カイル・クーパーは「タイプフェイスのカリスマ」であるジェシカ・ヘフランドの言葉を引用して、『デザイナー達は一つの事に固執するのではなく、より感情的で、より思慮深い作品を生み出す挑戦をすべきだ』という言葉でそのコンファレンスを締めくくった。

Text: Eddie Pak From SUCTION.
Translation: Mayumi Kaneko for SHIFT

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE