ユニバーサル・デザイン展

HAPPENING

The Cooper Hewitt National Design Museum にて現在開催されているのは「Unlimited by Design」というタイトルのエキシビジョン。
「Universal Design」というコンセプトのもと150ものデザインが一同に会されており、創造と具体的な回答により導きだされたデザイン思想の、造り出した美しく斬新なプロダクトを目のあたりする。館内に設けられた小さなスペースでは、過去50年間の Maria BottaやHans Hollein などのデザイナーや建築家のデザインした「取っ手」までも陳列されている。そこでシンプルだが生活において基本的で非常に重要な取っ手の様々なデザインを見ることができる。


The Georgia Institute of TechnologyのCollege of Architecture にある The Center for Rehabilitation Technology でデザインされた Supine Work Station などは、レーザー砲の台座のような形状をしていて、このステーションの上では体の動きに合わせて必ずスクリーンとキーボードも一緒に動くので、一定時間同じ姿勢で仕事を続けることができないようになっている。

子供達が祖父母に連れられて夢中になっていたのは「Playdesigns」というグループによってデザインされた子供のための遊び場だ。

Henry Miller Research Corporation によってデザインされた家庭内の衛生環境に考慮したMetaform Personal Hygiene System という未来的な形状のバスルームには温度管理機能のあるビデや洗浄機能付のトイレも備わっていて高齢者への配慮も十分にいきとどいた設計となっている。さらにはもっと小さなアイテムも展示されていた。
Sporeによってデザインされたセルラーの携帯電話はゴムのボタンが哺乳ビンの飲み口にようになっている。

それに、本エキシビジョンの最大の目玉ともいうべき「Universal Kitchen Project」は、Rhode Island School of Design (RISD)によるもので、「日常生活におけるデザインの貧困さの象徴」とも言われているキッチンのデザインを1993年から、リサーチし、そしてデザインを徹底して追求し、3つのタイプを完成させた。そのうちの2つがこの機会に展示された。
リサーチを行った後、作り上げられたこのキッチンは優れた機能性とデザインを実現。高さ調節可能なカウンターにシンク、シンクの中の水周りはスプレーが装備され、皿洗い機もボタンひとつで飛び出す、とはいえこれらはほんの一例にすぎないほどの様々な装備が充実している。オーブン、冷蔵庫なども同時に大幅な改良が加えられ完全なユーザー・フレンドリーを実現した未来のキッチンとなっている。

Text: Eddie Pak From SUCTION.
Translation Satoru Tanno

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE