メディアローグ「日本の現代写真 ’98」

HAPPENINGText: Atsuko Kobayashi

MEDIALOGUE(メディアローグ)「日本の現代写真’98」と題して、現在の写真の2つの流れともいえる“プライベート”フォトと、写真に“デジタル技術”を盛り込んだ作品を見せる日本人クリエイター、全11名を紹介する展覧会が東京都写真美術館で行われている。

より一層個人的な部分、人の内的部分に興味が集まる傾向のある中で、写真というメディアで切り取られたフォトグラファーの私的な一部分は、転じて私たちをとりまく環境・社会的/文化的風景全体を広く映し出している。一方デジタルな手法を取り込んだ作品を早くから見せている所幸則や、自らをコスプレ・キャラクター化した森万里子のセルフポートレートをはじめとした作品は、改めてデジタル写真の新しい表現に興味を抱かせる。

出展フォトグラファー:所幸則/太田三郎/茂木綾子/森万里子/オサム・ジェームス・ナカガワ/伊奈英次/オノデラユキ/鈴木秀ヲ/山田亘/山本昌男

MEDIALOGUE「日本の現代写真’98」
会期:1998年4月11日〜5月24日
会場:東京都写真美術館
住所:東京都目黒区三田1-13-3 恵比寿ガーデンプレイス内
https://topmuseum.jp

Text: Atsuko Kobayashi

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE