デレク・ジャーマン「グリッターバグ」

THINGSText: Atsuko Kobayashi

光り輝ける者たちへ デレク・ジャーマンが駆けぬけたライフ、ラブ&ワーク

グリッターバグ」には、1994年にこの世を去ったデレク・ジャーマンのプライベートなシーンと、彼でなくては撮れないであろう独特の視点によるフィルムワークが詰まっている。1970年から86年までに、スーパー8で撮りためた映像のコラージュ。病床にあったジャーマンの意を受け継ぎ、デヴィッド・ルイスが完成させたフィルムである。

あたかも思い出の一つ一つが脳裏にひらめき、浮かんでは消えていくかの如く、ランダムに、早廻しで現われる過去のシーン。初の長編映画「セバスチャン」(1976年)撮影時のスタッフやロケ地、「ジュビリー」(1978年)、「イン・ザ・シャドウ・オブ・ザ・サン」(1980年)などのワンシーン。「テンペスト」(197年)の撮影を行った教会、「ラスト・オブ・イングランド」(1987年)などに出演したティルダ・スイントン。


「ジュビリー」 1978年/103分
音楽:ブライアン・イーノ、アダム・ジ・アンツ、スージー&ザ・バンシーズ
出演:トーヤ・ウイルコックス、アダム・アント、イアン・チャールソン
近未来のロンドン。暴力、略奪、犯罪を繰り返すパンクスたち。未来の荒れきった都市&パンクロックを通して、現実の闇のイメージを表現したフィルム。公開時、ヴィヴィアン・ウエストウッドは怒り、失神者も出たという作品。しかしジャーマンの両親は理解を示してくれた、という

自らがゲイであることで、多くの葛藤があったであろうジャーマンは、どの作品でも狂おしいまでの美しい映像と詩的な表現でホモセクシャリズム、宗教、戦争や破壊といったテーマを現し、タブーや慣習から解き放たれ自由になること、そして生きていくことの美しさをフィルムにしてきた。

上映するたびに論争をもたらした映画監督の私生活や映画制作の裏には、たくさんの友人との忘れ難い時間があった。その多くは既に亡くなっている友人や恋人、スタッフ、出演者達とのひとときであり、彼らの笑顔が次々に浮かんでは消えていく。


「テンペスト」 1979年/97分
出演:トーヤ・ウイルコックス、デヴィッド・メイヤー
シェイクスピアとエドガー・アラン・ポーの合体。ドラマと詩、幻想と闇のなかに描かれるジャーマン版「テンペスト」

「グリッターバグ」ではまた、映画監督だけでなく、画家、詩人、舞台美術家としての顔も持つデレク・ジャーマンの視点から、70年代〜80年代のエキセントリックなロンドン・カルチャーシーンを覗く事ができる。ゲイファッションのショーのバックステージや、彼の活動拠点であったスローンスクエアのフラットに集まる仲間たちを撮ったフィルム「スローン・スクエア」のシーン、マリアンヌ・フェイスフルのプロモーションビデオ「ブロークン・イングリッシュ」の撮影シーンなどから、ジャーマンのライフスタイルや70年代のアート、ミュージック、ファッションムーブメントを感じることができる。

80年代に入ると、ウイリアム・S・バロウズの最後の学会や、ダンサーのマイケル・クラークのダンス、スロッピンググリッスル/サイキックTVのジェネシス・P・オリッジとのトークシーンやライブ、パンクロックコンサートなどが撮られており、彼の作品に通ずる刺激的で退廃的だった80年代のカルチャーシーンが残されている。


「ラスト・オブ・イングランド」 1987年/87分
音楽:サイモン・F・ターナー
出演:ティルダ・スイントン、スペンサー・リー
大英帝国の現在、過去、未来、そして終焉を狂うように美しい映像で描いた作品。80年代の停滞感、荒廃した気分を表現している。デレク・ジャーマン作品の集大成ともいえるフィルム

また、このフィルム用にブライン・イーノが新たにつけたサウンドトラックも重要なファクターとなっている。静かで眩惑的なエクスペリメントサウンドが、デレク・ジャーマンの記憶を辿り、彼の見ていたその時、その場所へと私たちをタイムスリップさせる。


「ザ・ガーデン」 1990年/85分
音楽:サイモン・F・ターナー
出演:ティルダ・スイントン、ロジャー・クック、スペンサー・リー
ホモセクシャリティ、 宗教、ジャーマンのエイズとの闘い、そして彼が愛したダンジェネスの庭とがリンクされ、ショッキングでありながらひたすらに美しい映像で綴られたフィルム

このフィルムにある映像は1986年までである。その後ジャーマンはHIV感染している事が判明、原子力発電所のある特別科学目的地区ダンジェネスのコテージに移り住んだ。彼はそこで花々を植え育て、出来上がった色とりどりの花に囲まれた「デレク・ジャーマンの庭」は、今でも多くの人が訪れる場所になった。


「エドワードII世」 1991年/90分
音楽:サイモン・F・ターナー
家臣に心を奪われた実在の王エドワードII世と、王妃イザベラとの葛藤を、ゲイ差別が行われる社会に対して現代的な解釈によりメッセージを込めて描く。ユーリズミックスのボーカリスト、アニー・レノックスが特別出演。’91年ヴェネツィア主演女優賞、’92年ベルリン映画祭国際批評家賞

その間にもジャーマンは映画を撮り続け、「ザ・ガーデン」(1990年)、「エドワードII世」(1991年)、「ヴィトゲンシュタイン」(1993年)、そして自分の体を蝕むエイズを描いた「ブルー」(1993年)を撮影した。『撮りたいと思う映画を撮れる映画監督は幸せだ。私は気持ちに染まない映画を撮ったことは一度もない』と言うデレク・ジャーマン。彼は地球を壊し続ける人間の愚かさ、歴史や慣習や宗教に囚われ争いの絶えない世界、人を愛する事で死を招いてしまう病に対して、真摯に突き進んでいった。

ジャーマンの作品を幾つか見た後に「グリッターバグ」を見ると、彼が最期にコラージュしたこのフィルムには、共に生きた仲間たちへの愛と、真実とピュアリティに満ちた人生そのものが残されていることに気付く。まだこの先の未来を生きていく私たちへ残された、デレク・ジャーマンからのメッセージを是非受け止めてほしい。


GLITTERBUG
1994年/イギリス/60分
撮影:デレク・ジャーマン
編集:アンディ・クラップ
音楽:ブライアン・イーノ
配給:UPLINK

Text: Atsuko Kobayashi

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE