NIKE 公式オンラインストア

ESPERANTO(エスペラント)

NEWSText: Editor

全編英語テキストで海外マーケットをメインにしたカルチャー・マガジン「ESPERANTO」(エスペラント)が、12月15日に季刊で創刊される。サブタイトルは「CULTURE MAGAZINE FOR WHOLE EARTH CITIZENS」(世界市民のためのカルチャー・マガジン)。

編集長は、武田鉄平片山真理の作品集も手がけたアートブック出版社ユナイテッドヴァガボンズ/グーテンベルクオーケストラ代表の菅付雅信。編集アドバイザーは、世界最高のキュレーターであるハンス・ウルリッヒ・オブリスト。編集スタッフはグーテンベルクオーケストラを中心に、香港、フランス、ロシア、ラトビアなど多国籍なメンバーが集結。デザインはアムステルダムのエクスペリメンタル・ジェットセットが手がけている。

特集「WHOLE EARTH GOVERMENT」(世界政府の作り方)では、フランスの歴史学者/経済学者のジャック・アタリ、台湾のデジタル大臣オードリー・タン、WIREDの創刊編集長で数多くの著者があるケヴィン・ケリーのロング・インタビューに、MITプレスから著書を出版しているモスクワのシンクタンク:ストレルカ・インスティチュート教授のベンジャミン・ブラットンの長文の寄稿が予定。

70名近くいる寄稿者には、ハンス・ウルリッヒ・オブリストに加え、音楽家の坂本龍一、経済思想家の斎藤幸平、元テート・モダンのディレクターのサイモン・ベイカー、モスクワの社会活動アーティストで「プッシー・ライオット」リーダーのナジェージダ・トロコンニコワ、イギリスの文化人類学者ティム・インゴルドを始め、世界の第一線の知識人とクリエイターが集まっている。

「ESPERANTO」(エスペラント)
仕様:A4変形(270×180mm)、88ページ(カバーを除く)、全ページ 4C 印刷
定価:1,500円+税(日本国内)、€15(ヨーロッパ)、US$18(アメリカ/予価)
発行:合同会社エスペラントメディア
問い合わせ:hello@esperantoculture.com
https://www.esperantoculture.com

Text: Editor

【ボランティア募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
MoMA STORE