NIKE 公式オンラインストア

マナカ・プロジェクト

PEOPLEText: Ari Matsuoka

現代、個人消費者がカギを握るファション業界で “サスティナブル” という言葉がソーシャルメディアを通じて世界に広まりつつある。“サスティナブル” とは直訳すると “持続可能な” という意味で、“サステイナブル・ファッション” とは、環境に良い素材を使い、廃棄物をなるべく出さないような生産や労働者の人権の尊重など “地球環境や人に配慮したファッション” である。

一時期日本では “断捨離” という言葉が流行り、年末年始になると一斉に家の中に溜まった不用品を処分することが毎年の恒例行事となっている家庭も多いだろう。だがしかし、購入する際にその商品の持続性や修繕が出来るかどうかなど、長期的な考えを持つ消費者が未だ少ないことも事実である。
気候変動や生物多様性などさまざまな分野で資源の限界が見られつつある中、今後のファッション業界でサステナビリティを意識せずにはいられないだろう。

そんな中、シャルロッテンブルク地区の閑静な街の一角で開催された、ベルリン発のサスティナブルブランド「Manakaa Project」(マナカ・プロジェクト)のポップアップイベントに招待いただき取材をすることとなった。


© Manakaa Project

マナカ・プロジェクトとは、80年という歴史を誇る広島の老舗ガラスビーズメーカー「ミユキ」に魅了されたデザイナーのステファニー・ブランクとヴァレリー・ティースメイヤーの二人が、その伝統技術とサステイナブルを提唱するブランドとして2019年にスタートさせた。オーガニック繊維における生産から製造・販売まで、すべての工程の取り扱いについて定めた世界基準「GOTS」(The Global Organic Textile Standard)認証の生地を85%使用している。

マナカ・プロジェクトが手掛けるアイテムの特徴として、ユニセックスなデザインに日本の伝統技術で作られた美しいガラスビーズがデザインされているスウェットやジャケットがある。
ガラスビーズは「ミユキ」のものを使用し、高品質、高輝度、均一な形状で “世界標準” と見なされている。ミニマルな配置の「コード」、波打った「ウェーブ」、下に流れ落ちるような「レイン」の3デザインがあり、インドの男性職人の手によってビーズ一つずつ縫われているということで、シンプルでありながらベルリンらしいミニマルな要素も感じられる。


© Manakaa Project

遺伝子組換えされた肥料や農薬が一切使われていない農場で育てられた羊の原毛のみを使用した最高級メリノウールを使用したジャケットは、染色時にも有害な重金属は一切使用しない、水は再生利用する等といった廃棄物排出の減少の助けにも繋がっている。

続きを読む ...

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE