台北ビエンナーレ 2016

HAPPENINGText: Cindy Tai

台北で二年に一度の国際的なアートの祭典「台北ビエンナーレ」が台北市立美術館で開催されている。台北ビエンナーレは、台湾の芸術文化にとって非常に象徴的な場となっており、異文化の衝突と交流に満ちている。第10回を迎えた今年のビエンナーレに参加している台湾のアーティストの割合は過去数年間で最も多くなっている。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
ワン・モリン & ブラックリスト・スタジオ & ソウ・ウィー《ハムレット装置論》, 2015年, 上海当代芸術博物館 初演

また、台北ビエンナーレは、展示だけでなくダンス、パフォーマンス、映画、出版、講演、ワークショップなど、様々な形の芸術活動を通じ、台北の文化施設、劇場、映画館、大学などとの相乗効果を刺激する協力関係を確立している。

TB16-Hong-Kai-Wang
ワン・ホンカイ《驚異のバンド》, 2016年, マルチチャンネルの映像と音のインスタレーション

キュレーターのコリーヌ・ディゼレンスは、今回のテーマ「現在の身振りと記録、未来の系譜」を、文化人類学者デヴィッド・グレーバーの著書「ルールのユートピア:技術、愚かさ、官僚主義の喜び」を参照し、人間の想像力と思想を失わないために、官僚主義とその構造的暴力について、いかに批判的に思考できるかを探求する。

TB16-View-of-the-exhibition
ピーター・フリードルの展示風景

ピーター・フリードルの「パワー・ショー」というコンセプトを再考し、権力構造をどのように回避するかということだけでなく、意識的に「解放区」を創出する方法について深く考えることが重要だ。

続きを読む ...

【ボランティアスタッフ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE