ゴージャス・ジャパン 2015

HAPPENINGText: Taketo Oguchi

去る5月15日から16日にかけてミャンマー旧首都ヤンゴンで日本の製品と文化を紹介するイベント「GorgeousJapan」(ゴージャス・ジャパン)が開催された。展示会ではパナソニックコーセークラシエマンダム、大和ハウスグループの伸和エージェンシーがブース出展した他、ステージでは近年アジアに精力的に進出を図っているユミ カツラ インターナショナルの新作ブライダルドレスショーや、ミャンマー出身者がメンバーとして所属する日本の音楽グループ・プリズマックスなどのライブショーが行われた。

gj_yumikatsura
Yumi Katsura Bridal Show

会場となったのは、ヤンゴンにオープンしたばかりの五つ星ホテル・ノボテル。会場全体のクリエイティブディレクションをクラークギャラリー+SHIFTが担当。日本を感じさせる演出として、札幌を拠点に国内外で活動するデザインユニット・ワビサビがデザインした、ゴージャス・ジャパンのロゴを会場内に配した。

gj06
The Logo for Gorgeous Japan 2015, Designed by WABISABI

また同じくクリエイティブディレクションを担当しているメイクスマイルアーティスト・ミワンダフルのステージも行なわれた。ステージでは映像とオリジナル楽曲を使用し、歌やダンスを交えながら、日本の最新メイクアップ術を伝え、観客を巻き込みミャンマーの人々にメイクスマイルを届けた。

gj_miwonderful
Miwonderful Makeup Show

ミワンダフルの衣装はでんぱ組inc.の衣装も手掛けるミキオサカベによるオリジナル。モデルの着物ドレスは中国で行われたコンテストでグランプリを受賞しているダリアンティが担当した。

gj_front
Gorgeous Japan 2015

イベントを主催したのは、日本とアジアの架け橋となる業務を行う企業ミチル。日本のコンテンツ輸出を支援するJ-LOPのサポートによって開催された。民主化が進むミャンマーはこれからの発展が見込まれるアジア最後のフロンティアとも言われており、日本企業の進出も盛んになってきている。パゴダと呼ばれる寺院や遺跡、音楽やダンスなど独自の文化も観る価値がある。アジアで人気のルーフトップバーなどのナイトスポットもでき始めている。

Gorgeous Japan 2015
会期:2015年5月15日(金)、16日(土)
会場:Hotel Novotel Yangon Max
住所:459 Pyay Poad, kamayut Township, Yangon Myanmar
主催:michil Myanmar Co., Ltd
ロゴデザイン:WABISABI
クリエイティブディレクション:大口岳人(Clark Gallery+SHIFT)
http://michil.co.jp/gorgeousjapan

Text: Taketo Oguchi

【ボランティアスタッフ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
icon
MoMA STORE