プリマベーラ・サウンド 2014

HAPPENINGText: Julio Cesar Palacio from Panopttic

今年のプリマベーラ・サウンドは、より大きくて、より強烈で、より良かったとしか言いようがない。
ここ何年も、パルク・デル・フォーラムは音楽のパラレル・ワールドへと変貌を遂げている。毎年この会場でプリマベーラ・サウンドは開催されるが、最高のセンスと的確な判断により、変身した。今年のプリマベーラは、バルセロナ市内のバーやクラブ、公園などでの無料コンサートで始まる究極のプログラムにより、動員数記録をまたも更新。世界的に有名なアーティストと並んで、地元のミュージシャンにも輝く機会を与えたフェスだった。

Julian%20Cope.png
Julian Cope

まずは、アウディトリの会場で元ティアドロップ・エクスプローズのジュリアン・コープからスタート。大きなステージの真ん中でギターのみを携え、新しいアルバム「レボリューショナリー・スーサイド」の曲を演奏し、このカリスマ詩人は純粋かつ粋なパフォーマンスでパワーを炸裂させていた。

real-State.jpg
Real State

初日の木曜日は、ハイネケンのステージでリアル・エステイトが新アルバム「アトラス」の曲を披露。早い開演時間にも関わらず既に観客がつめかけ、彼らの繊細なポップ・ロックを心待ちしていた。フレッシュなサウンドは、晴天のなか行われたプリマベーラ初日にうってつけであった。

Sun-Ra-Arkestra.jpg
Sun Ra Arkestra

次は、今年のプリマベーラのラインナップでも一目置かれているサン・ラ・アーケストラがオーディトリアムに魔法をかけた。 90歳の伝説的なバンドリーダー、マーシャル・アレンは、きらびやかで、華やかで、奇抜でとにかく最高。観客と一緒に音楽を演奏し、ステージで踊りながら土星からのアヴァン・ジャズを披露した。アーケストラのライブは特別で、幻想的である。観客も踊りでバンドのパフォーマンスに応え、最後はスタンディング・オーベーションを贈った。このような優秀なミュージシャンたちが亡きサン・ラの記憶を留めている。

Svper.png
SVPER

直後にピッチフォークのステージに向かったが、遅すぎた。フューチャー・アイランズのために集まった観客で既に満員になり、後ろのスタンドから見るしかできなかった。しかし、楽しみにしていたバイス・ステージのクロームのライブを待つにはちょうどよかった。しかも、地元の2人組スーパーの丁寧に作曲されたクラウト・ポップのライブの最後の何曲かを聞くことができた。

Chrome2.jpg
Chrome

バイス・ステージは、ヘリオス・クリードとクロームにより盛り上がり、彼らのダークなプロトパンクサウンドは会場内に隔離された雰囲気を生み出し、陰の要素も混じった素晴らしいパフォーマンスだった。

chvrches.png
Chvrches

ローレン・メイベリー率いるバンド、チャーチズを一目見ようと混雑していて、ピッチフォークのステージに近寄るのは困難だった。同じ時間帯に別ステージに立っていたメジャーバンド、クイーンズ・オブ・ザ・ストーン・エイジではなく、自分たちのステージに来てくれた観客に驚きながら感謝するチャーチズだったが、耳に残る彼らのシンセポップのファンばかりだった。

Arcade-Fire2.jpg
Arcade Fire

そして、プリマベーラ初日という素晴らしい一日を締めくくったのは、ソニー・ステージでの大きなパーティー、アーケイド・ファイアのライブだ。このバンドはいろいろと変身し、もはやメジャーではあるが、夜中12時半にソニーのステージで行われるライブにはちょうどよい。さまざまな色やネオンなど、照明で遊ぶ導入とパーティーらしい要素を取り入れたライブで観客はアーケイド・ファイアの過去を思い出し、楽しんでいたようではあったが、新アルバム「リフレクター」に対しては少し冷たい反応を示した。全体として見れば、観客は楽しんでいるようであった。ライブとして重要なのはそれだけだ。

John-Grant.jpg
John Grant

フェス2日目の金曜日は、雨予報のため、空を見上げる人の姿がまず目立った。最初に夕方の6時半からハイネケン・ステージで行われるジョン・グラントのライブに向かう途中に雷が鳴り、雨の到来を告げた。グラントの最初の曲「ヴェトナム」を聞くことができたが、2曲目で雨が降り始め、コンサートを堪能できないうちに雨宿りするはめになったが、濡れながらも楽しんでいる人も多かった。

1時間ほど降り続くなかその間もパーティー気分は続き、雨のなか色鮮やかなレインブーツでみんな踊っていた。雨が上がったら、空には見事な虹が現れ、フェスの見所の一つとなった。その瞬間、プリマベーラに関するSNSはその虹の写真に独占された。

Haim-2.jpg
HAIM

空がからりと晴れ、満足している観客は、金曜日の注目バンドである若手姉妹トリオのハイムを見るためにハイネケン・ステージに戻った。最前列はフラッグを掲げ、バンドTシャツを着ている若い女の子たちでいっぱいだった。ステージに現れたミュージシャン姉妹は、ファーストアルバム「デイズ・アー・ゴーン」を嵐のような勢いで演奏した。こんなに自立し、才能があり、自信に満ちた若い女性バンドがファンと楽しんでいる姿を見て驚いた。彼女たちは最高にかっこよかった。

Slowdive-1.jpg
SLOWDIVE

ソニー・ステージは、ニール・ハルステッドとレイチェル・ゴスウェルが率いるカルト的バンド、スロウダイヴの優美なシューゲイザーサウンドを聞きに集まったファンで満員。スロウダイヴは、インストルメンタルな演奏から始め、優れたボーカルが最高なステージだった。パフォーマンスは素敵で、観客もこのカルト的バンドの再結成を十分に楽しんだ。

Pixies.jpg
Pixies

金曜日の夜は壮大なラインナップが続き、ピクシーズがハイネケンのステージに立った。数年前にプリマベーラで演奏したピクシーズ(キム・ディールも含め)を聞いた人々は、彼らの音楽を忘れていないことを証明した。バンドの過去のパフォーマンスとは大きく異なることなく、観客も一緒に歌い続けた。ピクシーズは歳を重ねているが、彼らの曲は私たちの人生のなかでは止まっている。

Slint-2.jpg
SLINT

最後にATPステージでは、今回のフェスの目玉のバンドの一組、スリントのライブが行われた。暗闇の会場で静寂の中、観客はバンドの登場を待ち、パフォーマンス中もその静さは続いた。夜中の野外ステージだったが、こんなにも静かに集中して音楽を聞いている会場は、まるで教会のようだった。スリントは正確に、ときには激しく、まるで時計のようにスムーズに演奏した。メンバーたちは、曲と曲の間は急がず、観客も息を殺して、再び彼らの力強いサウンドに圧倒されるのを待っていた。スリントは優れたミュージシャンが集まったカルト的バンドで完璧だ!

Kronos-Quartet.jpg
Kronos Quartet

重複するパフォーマンスを見るために、3日目土曜日はステージからステージへと走り回る一日だった。そのなかで、土曜日の注目ライブであったクロノス・クァルテットのコンサートの席を取るため、早めに出向いた。しかし、同じことを考える人は多く、会場は早くから満席になった。クァルテットは、ブライス・デスナー、オマール・スレイマンやニコール・リジーなどの曲を演奏し、クラシック楽器とデジタル機材を融合させ、記憶に残るような素晴らしいパフォーマンスを繰り広げた。

Television.jpg
TELEVISON

クロノス・クァルテットの後、彼らの盛り上がりを維持するのは難しかっただろうから、カルト的なバンド、テレヴィジョンのクラシック「マーキー・ムーン」がちょうどよかった。2日目のパフォーマンスのなかでも待望のテレヴィジョンのライブの盛り上がりは少し遅く、トム・ヴァーレインは1977年のヒットアルバムを蘇らせるのに苦戦しているようだった。少し早すぎであり、期待が大きすぎたのかもしれない。しかし、テレヴィジョンはそう再結成されるバンドではない。時間は止まったように感じ、スリント、スロウダイヴ、ピクシーズなどほかの再結成バンドを見ながらもみんな同じことを感じ、嬉しく思った。

Caetano-Veloso.jpg
Caetano Veloso

プリマベーラでは休む暇もない。レイバンのステージでは音楽レジェンドであるブラジルのカエターノ・ヴェローゾがユニークなライブの準備をしていた。若い頃からずっと聞き、その後もずっと映画や演劇、テレビでも聞いていたので、カエターノの生のパフォーマンスには興奮し、それは美しいものだった。スタンドで囲まれていたレイバン・ステージは、トロピカリズモの象徴的人物である70歳のカエターノの甘い歌声を聞きに来た観客で満席となり、レジェンドは思い出となるパフォーマンスをファンに贈ってくれた。

Earl-Sweatshirt.jpg
Earl Sweatshirt

土曜日は、ヒップホップの注目パフォーマンスの日でもあった。最初にピッチフォークのステージでオッド・フューチャーのメンバーでもあるアール・スウェットシャツが自身の素晴らしいアルバム「Doris」から数曲演奏した。アールのライムは見事だが、それだけではなく、ヒップホップ界の若手としてカリスマ性もある。DJのみで行われたシンプルなステージであったにも関わらず、最高のライブだった。

Kendrik-Lamar-1.jpg
KENDRIK LAMAR

ヒップホップの勢いは止まらず、期待されていたケンドリック・ラマーのライブのため、ハイネケン・ステージへと移動。すると、なんと!ステージ上のラマーは、オールド・スクールなパフォーマンスを彷彿させるような大きなバンドにバックアップされていた。大きいベース音と震えるようなビートで力強いラマーはステージを支配し、パフォーマンスもサウンドも見事であった。観客も腕を左右に振りながら音楽にノリ、一緒に歌っていた。ヘビー級のチャンピオンがストレートを放すようにラマーはライムを踏んでいった。すばらしかった。

Nine-Inch-nails-2.jpg
Nine Inch Nails

最高なライブが続く強烈な一日だったが、フェスのメジャーなバンドがまだ残っていた。ナイン・インチ・ネイルズが装甲戦艦のようにソニーのステージを制覇する準備ができていた。彼らがステージに立つのを待っているのはたまらなかった。彼らのサウンド、照明とパワーは、ほとんど完璧なライブだった。トレント・レズナーとバンドメンバーたちは、ファンの期待をも上回った。今回のプリマベーラで恐らく一番のサウンドだっただろう。

mogwai.jpg
Mogwai

今年のプリマベーラという素晴らしい旅の終点には、分厚くて重いモグワイの力強いソニック・サウンドが、地中から空に向かって響き渡った。それはワールドカップを優勝するような壮大なものだ。体内に切り込むナイフのように、ギターが奏でるサウンドを体中で感じた。最高のフェスの完璧な結末であった。

熱狂する3日間の後、日曜日は平常に戻るための一日だったが、冒頭で語ったように、プリマベーラはより大きくて、より強烈で、より良かった。来年がもう待ち遠しい気分だ。ただ、日曜日もまだ見事なプログラムがあり、個人的に注目していたリズ・ハリス率いるグルーパーも登場した。このコンサートはバーツという特別な小さい劇場で開催された。

グルーパーのライブは素晴らしくて、美しくて、楽しかった。リズ・ハリスは、悲しみと哀愁の間の新しい風景を作り出し、それは劇的でありながら繊細で非常に美しかった。この親密で深奥なライブが大きな野外ステージではなく、この会場で行われたことにとても満足している。それは、プリマベーラ・サウンド2014の最高の終わらせ方だった。

プリマベーラ・サウンド2014 
会期:2014年5月29日〜31日
会場: Parc del Fòrum, Poble Espanyol, Barcelona
http://www.primaverasound.com

Text: Julio Cesar Palacio from Panopttic
Translation: Makiko Arima
Photos: Julio Cesar Palacio from Panopttic

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE