デフェネストレーション

HAPPENINGText: Fuyumi Saito

旧ユーゴホテル追悼のインスタレーション

サンフランシスコ6thストリートにある、旧ヒューゴ・ホテル。1988年から廃屋となっているが、その建物はサウスオブマーケット(SOMA)地区に未だ残る。通りを歩くと、その窓からはホテルで使用されていたバスタブやスタンドライトがひょっこりを顔をのぞかせている。まるで挨拶されているようで、思わず笑ってしまう。

建物はかつて、20年ほど前に、ある投資家が改修を試みたものの途中で資金が尽き、作業は中断。壁や天井は破られ、家具は破壊されたまま、手つかずの状態で数年がたった。もはやゴーストハウスと化した旧ホテルには、その後、無断居住者が出入りするようになった。彼らは壁に落書きや詩を残していった。

この建物を見つけた彫刻家ブライアン・ゴギン、ビデオアーティストのルース・エックランド、画家のマキシーヌ・ソロモン、写真家のメル・ソロモンは、建物へアクセスする権利を得てインスタレーションを創るプロジェクトをスタートした。今年、26年の歳月をかけてやっと、新たな施設(低所得者向けのレンタルユニット)へと生まれ変わることになったことを記念して、同じSOMA地区にあるギャラリーアートハウスが4人の作家によるインスタレーションを紹介する。旧ユーゴホテルが経てきた時間、空気、人々との出会い。彼らの作品からは旧ヒューゴホテルが紡いできた物語を感じることができる。

bg%20defen%20red%2028x31x29.JPG

窓から家具をはみ出させたインスタレーションは、アーティスト:ブライアン・ゴギンが放置され半壊状態の家具を使用し、100名以上のボランティアとともにアートのための寄付金で作った。ゴギンは見つけた物を組み合わせ、風変わりで刺激的な彫刻を西海岸で作り続けているアーティスト。リノベーションが中断され投げ出された歴史を表現しているのか、もしくは、家具達はこの再建のタイミングにホテルを飛び出そうとしているかのようにも見える。ギャラリースペースには、実際に施設に残っていた椅子が、折れ曲がった脚で今にもガラガラと落ちてきそうな角度で壁に吊るされている。

defen-Mel-Solomon-Defenestration-2nd-Floor-Remnants_CSL4895-2-copy.jpg
Defenestration 2nd Floor Remnants, Mel Solomon, 12”x14.5”, Photograph

メル・ソロモンによる写真で旧ホテルの外観や中の様子も見ることができる。

defenRuth-Eckland%2C-Video-still.jpg
Still from Defenestration video, Ruth Eckland

ギャラリーの展示スペース入り口に設置されているビデオ・インスタレーションは、ルース・エックランドが手がけた数分の映像作品。建物の中を記録する映像に、鳩や人のシルエット、光を表現するカラーが現れては消えていく。誰かが話しているわけではないものの、流れる映像のリズムには不思議とストーリーの口調を感じることができる。エックランドは、イメージの断片をつなぎあわせて旧ホテルを記憶に留めるための映像を作りたかったと説明している。

msDefenestration---Hugo-Hotel-No.-3.jpg
Maxine Solomon, Defenestration #3, 68”x40”, Oil and hotel remnants on canvas

画家のマキシーヌ・ソロモンによる作品は、旧ホテルの実際の壁紙や壁の素材をコラージュしたペインティングだ。彼女は何年もの間、旧ホテルの横を通っては、象徴的に残された家具やドアを開けて通り過ぎていった人々をドキュメントする絵を描くことを考えていたと言う。一つの作品に、詩のような文章が書かれた壁が逆さまにコラージュされたものがある。これは、ソロモン自身が見つけた、元々逆さまに書かれていた詩の壁を使用して作られた。最初はこれが文章だとは気づかなかったものの、解読してみると、このような詩が現れた。

「全ての人の目に映る恐怖を見よ カオスとよばれる爆弾が澄んだ青い空から落ちる時 誰かは走り 誰かは隠れ でも私の友人は全て死ぬのだろう」

外観からは感じ取ることのできない建物独特の匂いや温度が、壁紙や壁の素材を通じて伝わってくる。

一つの建物が街、人々、そして時代の変遷を映し出す。旧ユーゴ・ホテルというサンフランシスコに記憶された歴史の一ページを、作品を通じて肌で感じられる展示である。

DEFENESTRATION
会期:2014年4月4日~6月28日
時間:11:00~18:00(土曜、日曜12:00~17:00、月曜休廊)
入場料:無料
会場:ArtHaus(411 Brannan Street, San Francisco)、旧ヒューゴホテル※外観のみ(200 Sixth Street, San Francisco)
TEL:+1 415 977 0223
http://www.arthaus-sf.com

Text: Fuyumi Saito

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE