ポンピドゥー・センター・コレクション展「フルーツ・オブ・パッション」

HAPPENINGText: Maaru Hiyama

ポンピドゥー・センターの最新コレクションはかなり情熱的で繊細だ。

ポンピドゥー・センター・コレクション展「フルーツ・オブ・パッション」
ポンピドゥー・センター外観 © Centre Pompidou / Georges Meguerditchian

ポンピドゥー・センターはフランスにある総合文化施設だ。美術館、音響研究所、図書館などが入っている。芸術の街であるパリはやはり、芸術に関して幅広く手厚く支援を行っている。2002年に創設された現代美術プロジェクト(le Projet pour l’art contemporain/PAC)は学芸員とコレクターが共に作品購入を直接決定するという独創的な運営方法である。今回兵庫県立美術館にて行われている本展は、監修者である国立近代美術館グラフィック・アート室長のヨナス・ストルスヴが創設からの10年間で特に代表的なものを選出した。

本展はイントロダクションとフルーツ・オブ・パッションの二部編成となっている。
第一部のイントロダクションは現代美術の巨匠たちの作品の展示である。現代美術は難解な作品だというイメージはあるが、タッチや絵の具の色ひとつひとつに作家の情熱がふんだんに込められている。その繊細な変化から作家の情熱が垣間見える。

Cy%20Twombly.jpg
サイ・トゥオンブリー「無題」1969 © Cy Twombly Foundation
Photo © Centre Pompidou, MNAM-CCI / Philippe Migeat / Dist.RMN-GP

サイ・トゥオンブリーはアメリカの抽象主義表現の画家である。「無題」では灰色の画面に小さい引っ搔き傷のような線が見られる。この線は小さい子供が偶然壁に書いた落書き、中途半端に消し忘れ去られた筆跡…。いろいろ解釈はできるがどの答えを取ってみても何故だか切なくなる。

第二部のフルーツ・オブ・パッションはポンピドゥー・センターから選ばれた作品が展示されている。歩き進む度に表情の違う作品が展示されており、現代芸術の幅広さと奥深さと楽しさを知ることができるだろう。

Isa%20Genzken.jpg
イザ・ゲンツケン「無題」 2006 © Isa Genzken / Courtesy Galerie Daniel Buchholz, Cologne / Berlin
Photo © Centre Pompidou, MNAM-CCI / Georges Meguerditchian / Dist.RMN-GP

イザ・ゲンツケンは様々なものを使い彫刻作品をつくるドイツを代表する美術作家である。彼女の作品は彫刻でありながらストイックだ。「無題」は日常にあるもので作られた彫刻であるがどこか厳しく冷たい印象を受ける。角度によって変わるガラスの光も何者を寄せ付けない美しさを感じる。

Farah%20Atassi.jpg
ファラー・アタッシ「作業場」 2011 © Farah Atassi
Photo © Centre Pompidou, MNAM-CCI / Georges Meguerditchian / Dist.RMN-GP

ファラー・アタッシは1981年生まれの新進気鋭のアーティストだ。モザイクの可能性をとことん突き詰めた彼女の作品はモザイクだけで空間をつくる。その中に置かれた建物たちはどこか不自然でモザイクの空間と拮抗している。一見ポップに見えるが現代社会のひずみさえ感じさせる作品である。

Jason%20Rhoades.jpg
ジェイソン・ローズ「ボーブールの雌猫」 2004 © The Estate of Jason Rhoades
Photo © Centre Pompidou, MNAM-CCI / Georges Meguerditchian / Dist.RMN-GP

ジェイソン・ローズはアメリカの芸術家である。「ボーブールの雌猫」と題される作品は「愛の街」や「ムール貝」といったフランス語をネオンにしている。しかし、この17の言葉すべてフランスでは女性の陰部を表す隠語である。また、ボーブールという場所がポンピドゥー・センターの位置する地域というのもまた皮肉的である。この悪趣味なシャンデリアにつながれた赤い電気コードも圧巻である。

Su-Mei%20Tse.jpg
ツェ・スーメイ「エコー」 2003 © Su-Mei Tse

ツェ・スーメイはイギリス人の母と中国人の父を持つ。両親は共に音楽家のため彼女にとって音楽はもしかしたら美術よりも表現しやすいツールなのかもしれない。「エコー」は作家である彼女自身がチェロを弾き、そのやまびこを体感するものである。まるで自然を切り取ったような時間を体感でき、芸術作品ではあるが心が穏やかになる音の力を感じる。2003年の第50回ヴェネチア・ビエンナーレの際にこの作品を含む彼女の個展がルクセンブルグ館で開かれ、金獅子賞を受賞した。

Ernesto%20Neto.jpg
エルネスト・ネト「私たちはあの時ちょうどここで立ち止まった」 2002 © Ernesto Neto
Photo © Centre Pompidou, MNAM-CCI / Georges Meguerditchian / Dist. RMN-GP

エルネスト・ネトはブラジルの美術作家である。彼は、まるで動き出しそうな有機的な作品で有名であるがこの作品は視覚だけではなく、嗅覚を使って鑑賞するものである。垂れ下がる果実のようなものの匂いはクローブ、ウコン、胡椒。ぜひ、実際に訪れて体感していただきたい。

情熱の裏には必ず何かしらに対する繊細が必要である。この展覧会では作家の情熱と繊細が一緒に感じ取れる。常設展もすばらしいので、ぜひセットで楽しんでいただきたい。また、安藤忠雄の設計した兵庫県立美術館もすばらしい共鳴を見せてくれることだろう。

ポンピドゥーセンター・コレクション展「フルーツ・オブ・パッション」
会期:2014年1月18日~3月23日
時間:10:00~18:00(金曜、土曜20:00まで、入場は閉館の30分前まで、月曜休館)
観覧料:一般1300円(1100円)、大学生900円(700円)、高校生・65歳以上650円、中学生以下無料(前売)
会場:兵庫県立美術館
住所:兵庫県神戸市中央区脇浜海岸通1丁目1番地1号
TEL:078 262 0901
http://www.artm.pref.hyogo.jp

Text: Maaru Hiyama

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
チーヤン・チェン
MoMA STORE