龍野アートプロジェクト2013 刻の記憶

HAPPENINGText: Chiaki Ogura

2013年で3回目の開催となる、龍野(たつの)アートプロジェクト。会場となったのは、江戸城下町の面影の残る一帯、“城下町美術館”。たつの市は、“播磨の小京都”とも呼ばれているほど、地場産業であった醤油蔵などの文化財が多く残っている。醤油のあまい香りの残るかつての趣きが残った蔵空間で、作品はより引き立つようだった。招待作家に、さわひらき今村遼佑などを含め、個性豊かな総勢22名の作家が集まった。地元であるたつの市出身のアーティストも多かった。ワークショップやアーティストトーク、ドキュメンタリー映像上映なども開催され盛りだくさんの9日間だ。

龍野アートプロジェクト2013 刻の記憶
「The Fall」ミロスワフ・バウカ, 2001

ポーランド出身のミロスワフ・バウカは、映像インスタレーションを醤油蔵で表現した。砂が下に流れていくにつれて、落ちた砂は山のように積み上がり、砂の重さでつっかえていた気泡は上に登って行く。物事の境界線は曖昧で、時間やその他の要因によってどんどん変化していく。第二次世界大戦にまつわる悲劇の記憶や、当時の人々が受けた傷への想いが作品の中に込められている。注意深く観察することで、信念や真実の痕跡を見つけてほしいという意味も感じられた。

p2.JPG
「発酵≒発光」山口敏郎・薮田翔一, 2013

山口敏郎と薮田翔一は、蔵を女性の子宮と見立てた。高さ約2mの樽が50個並べられた広い暗闇のなかで、鼓動音が360度サラウンドで鳴り響く。色とりどりの電飾で華やぐ400本の花は、卵子との出合いを探している精子を表している。自分自身がまだ母親の子宮の中で、人間という形になる以前の状態を体感させてくれる。作品名は「発酵≒発光」。醤油を作る過程で必要になる発酵する麹菌と、発光する花とを掛けているのもユニークだ。

p3.JPG
「ハイジ53 “echo”」松井智惠, 2013

1980年代から国内外で活躍の場を広げている、松井智惠は、龍野醤油資料館別館蔵を舞台として、この場で自ら制作した。このJ.ジュピリ作「ハイジ」から着想を得たシリーズ 「HEIDI」は、成長した少女が不思議な存在として登場する映像作品である。個人の記憶や風景の間に佇む寓意を探り、見ているうちにどこでもない別の場所に行ってしまうような、不思議な感覚に導かれる作品であった。

p4.JPG
「流れー大谷ー寿山荘」松谷武判, 1998

具体美術協会(具体)元会員の松谷武判の作品には、圧倒された。龍野城という場所に調和したその作品は、「流れー大谷ー寿山荘」。レリーフでつくられたモノクロームの作品の黒色は墨ではなく、鉛筆で塗りつぶしてつくった色である。「人の真似をしない」「誰もやらないことをする」という具体の精神を受け継ぎ、その独自のスタイルを貫いている。

p5.JPG
「焼いた揖保川の砂」尹煕倉, 2013

尹煕倉は、ガレリア アーツ&ティーで作品を展示した。龍野橋のたもとで拾った砂を、陶芸の窯に入れて色々な温度で焼いた。揖保川の河口と源流域をふくめた5カ所で採集した砂は、もともと龍野の砂ではない。今私たちが住んでいる街は、川が遠くから運んできた人、もの、情報が積み重なって成り立っているという比喩を表している。

p6.JPG
うすくち龍野醤油資料館別館蔵の外観

文化財も多く、揖保川も近かったりともともと街自体にも魅力があるたつの市。飲食店やお土産物品、宿泊施設なども協力し合い、街が一体となって作り上げている街アートイベントだった。このような魅力的で満足度の高いイベントが日本各地で開催されることを願う。

龍野アートプロジェクト2013 刻の記憶
会期:2013年11月15日~24日
時間:10:00~16:00(11月18日休館)
会場:国登録有形文化財 ヒガシマル醤油元本社工場(兵庫県たつの市龍野町大手54-1)、国登録有形文化財うすくち龍野醤油資料館、うすくち龍野醤油資料館別館蔵、うすくち龍野醤油資料館別館横住宅、たつの市立龍野歴史文化資料館、三木露風生家、龍野城、聚遠亭(浮見堂・御涼所)、たつの市立龍野図書館、ガレリアアーツ&ティー、アポロスタヂオ、東丸かるちゃーるーむ他
http://tatsuno-art-project.com

Text: Chiaki Ogura
Photos: Chiaki Ogura

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
マリアンナ・ドブコウスカ
MoMA STORE