ヒルマ・アフ・クリント展

HAPPENINGText: Kiyohide Hayashi

彼女の直接的な表現が私たちを驚かす一方、その作品や展覧会は別の驚きを与えている。それは抽象絵画にヒルマ・アフ・クリントという別の源があったことだ。従来源流として見なされているのは、ワシリー・カンディンスキー、カジミール・マレーヴィチ、ピエト・モンドリアンなどの画家たち。

Hilma_af_Klint_DvB__14_.jpg
© Stiftelsen Hilma af Klints Verk, Photo: David von Becker

1910年頃から始まる彼らを起点とした抽象絵画の歴史だが、1906年から抽象画を始めた彼女を先駆者として見なすのであれば、再考を求められることになる。今回現代美術を見せる場所で開催された意味はそこにあるのだ。歴史とは過去と現在を繋ぐものであり、過去は現在を生み出す役割を果たす。過去の作品であっても歴史の見直しによって現在に影響を与えることができる。つまり、現在を反映するのは今現在の作品だけではないのだ。

HAK_Pressebilder_1_Portrait_b.jpg
© Stiftelsen Hilma af Klints Verk

この時代を越えて今に影響を及ぼす表現とは、抽象絵画の問い直しを求める私たちの願望なのだろうか。いや、そうではないだろう。ヒルマ・アフ・クリントが抽象絵画について意識していたかは判らないにせよ、自らの表現を未来へと託していたことは間違いないはずだ。それゆえ、死後20年を機に作品を公開することを決めていた。彼女は気付いていたに違いない。人々が将来その精神的で直接的な表現を必要とすることを。そして作品が必要とされた時に、作品は最も効果的に表現を伝えることができることを。それはまさに未来を変えるために時代を越えて投げられた表現であるのだ。彼女の作品は時代を経てもなお、それどころか、より一層私たちの心を掴んで離さない。過去のアーティストであるヒルマ・アフ・クリントの作品は、現代に生きる私たちの胸に響き、大きな驚きをもたらすのだ。

ヒルマ・アフ・クリント展
会期:2013年6月15日~10月6日
時間:10:00~18:00(木曜20:00まで、土曜日曜11:00から、月曜休館)
観覧料:8ユーロ(コレクション展と共通14ユーロ)
会場:ハンブルガーバンホフ現代美術館
住所:Invalidenstr. 50–51, D – 10557 Berlin
TEL:+49 (0)30 266 424242
http://www.hilmaafklintinberlin.de

Text: Kiyohide Hayashi

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE