カンッピ・チャペル・オブ・サイレンス

PLACEText: Mike Sullivan

ヘルシンキは世界デザイン首都2012に選ばれている。それを記念して、チャペル・オブ・サイレンスがヘルシンキ中心部に建築された。フィンランドの地元のK2S設計事務所のキンモ・リントゥラ、ニコ・シロラ、ミッコ・スンマネンによってデザインされたこの一風変わった建築は、2010年の国際建築賞に選ばれている。

カンッピ・チャペル・オブ・サイレンス

チャペル・オブ・サイレンスはカンッピのショッピングセンター近くのナリンッカトリ広場の一角に位置している。木の素材で囲われたチャペルはせわしい街の喧噪から逃れた人々を歓迎しているかのようだ。

kampin-kappeli-ulko2-kuvaaja-antonin-halas.jpg

チャペルは早朝から夜までオープンしており、少しの間、それかもっと長い時間座って静かに過ごすことができる。入口のサイドがガラスになったのドアがあり、受付や小さな展示会のスペースを通り、木のドアからチャペルの入ることができる。6つのベンチが2列に並び、むき出しの壁や上から灯るあかりなど、内装はとてもシンプルだ。チャペルは全て木で作られており、使用されているハンノキが暖かい雰囲気を与えてくれる。

kampin-kappeli-sisa-kuvaaja-antonin-halas.jpg

チャペルは外の音を遮断するので、とても静か。居心地が良く、静かな時間が流れる。毎日行われる礼拝では旅行者にはフィンランド語がわからないかもしれないが、とても穏やかな空気が手伝ってか、話の意味を容易に想像することができる。

忙しい現代社会は、わずかな時間のリラックスや休養も与えてくれない。そんな現代にとって穏やかな休息の時間を提供してくれるこの場所がとても人気があるのは、その素晴らしいデザインのお陰だけではないことは明らかだ。

Kamppi Chapel of Silence
住所:7 Simonkatu, 00100 Helsinki
時間:7:00〜20:00(土・日曜日10:00-18:00)
TEL:+358 (0)9 2340 2018
http://www.helsinginkirkot.fi/en/churches/kamppi-chapel-of-silence

Text: Mike Sullivan

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE