ザ・ウィンクル・オブ・ザ・シティー・ハバナ・キューバ

HAPPENINGText: Yuji Shinfuku

ハバナ、キューバから北米ニューヨークまで。歴史を内包し、そこに住む人の記憶が刻まれた都市の外壁とまるでコラボレーションするかのように、JR(ジェイアール)とホセ・パルラは独自の表現で世界を魅了する。

ザ・ウィンクル・オブ・ザ・シティー・ハバナ・キューバ
The Wrinkles of the City, Havana, Cuba Rafael Lorenzo y Obdulia Manzano 2013 acrylic and paper on canvas 72 x 144 inches

ジェイアールとホセ・パルラによる展覧会「ザ・ウィンクル・オブ・ザ・シティー・ハバナ・キューバ」は、ブライス・ボルコビッツ・ギャラリーにて開催されている。これはフランス人アーティストのジェイアールがシリーズで行っている「ザ・ウィンクル・オブ・ザ・シティー」の一貫で、2012年のハバナ・ビエンナーレにて街の外壁に作られた作品を写真に収めて再構築したものである。「ザ・ウィンクル・オブ・ザ・シティー」では人々のポートレイトを家をも覆うくらいの巨大サイズに拡大して現地の壁、屋根、階段などにはりつけるジェイ・アールが世界中で行っている活動で、これまでにスペインのカルタヘナ、上海、ロサンゼルスなどで行われてきた。彼は常にサングラスをかけた半匿名のアーティストにも関わらず、今までビル・クリントン、U2のボノなどが受賞した文化的に優れた世界を変えるアイディアを持つ人に与えられるテッド・プライズを2011年に受賞した今世界で最も波に乗るアーティストの1人だ。

%282%29767The_Wrinkles_of_The_City%2C_La_Havana%2C_Alfonso_Ramon_Fontaine_Batista%2CCuba%2C_2012_.jpg
The Wrinkles of The City, Havana Cuba Alfonso Ramón Fontaine Batista, 2012 color print on metallic paper mounted on aluminum 49 1/4 x 74 inches

もう一方のアーティスト、ホセ・パルラはマイアミ生まれ、ニューヨーク在住だが、キューバからアメリカに亡命した両親を持つ。ニューヨークのアートコレクティブ、バーンストーマーズの一員として活動していた彼の作風は、グラフィティーの影響を受けた曲線的なラインの抽象画で、既成の絵画のフォーマットにとらわれないスケールの大きさを感じさせる。街の外壁からインスパイアされた彼の絵からはストリートとギャラリーの境界線を超えていこうという意思を感じる。ジェイアール、ホセ・パルラの作風、メッセージがとてもマッチして見えるこの共同作品からみるに、共にストリートな感覚を持った2人のアーティストのハバナでの邂逅は自然なことだったのかもしれない。

%286%29550The_Wrinkles_of_The_City%2C_La_Havana%2C_Man_with_Jerry_Can.jpg
The Wrinkles of the City, Havana, Cuba Man with Jerry Can 2012 color print on metallic paper mounted on aluminum 49 1/4 x 73 3/8 inches

「ザ・ウィンクル・オブ・ザ・シティー」では常にその場所におけるなんらかの歴史的な背景を題材として扱っている。今回の「ザ・ウィンクル・オブ・ザ・シティー・ハバナ・キューバ」ではキューバ革命を生き抜いた老人達にインタビューしてそのポートレイトを元に作品を展開している。「ザ・ウィンクル・オブ・ザ・シティー」は直訳すると「都市のしわ」という意味になり、世界中で行われているこのシリーズは世界規模で社会問題、人種問題を見直し改善していくためのきっかけとなる様な役割を果たすべく行われているといえるだろう。社会的背景、歴史的背景など重い題材を相手取った表現だが、そのアプローチはとても現代的かつスタイリッシュでそこが彼らの作品が支持を集める理由の1つといえるであろう。このシリーズの他にもジェイ・アールはブラジル、インド、カンボジア、アフリカなどの戦争、貧困に苦しめられる女性達を写真に収めた「ウィメン・アー・ヒーローズ」、イスラエル、パレスチナの問題を扱った「フェイス・トゥー・フェイス」などを継続して行っている。どれもポートレイトを拡大し街中にはりつけ、その場所と一体となった表現をしているのだが、圧倒されるのはその写真のサイズで、1枚のポートレイトでなんとビルの10階分程を飲み込んでしまいそうなものさえ存在する。

%283%29617The_Wrinkles_of_The_City%2C_La_Havana%2C_Luisa_Maria_Miranda_Oliva.jpg
The Wrinkles of the City, Havana Cuba Luisa Maria Miranda Oliva, 2012 color print on metallic paper mounted on aluminum 49 1/4 x 74 inches

「ザ・ウィンクル・オブ・ザ・シティー・ハバナ・キューバ」ではそこまでのサイズのものは無いのだが、実物の何倍もの写真を貼るのは一苦労らしくその様子はギャラリー内の一室で放映されている今回のプロジェクトをまとめたドキュメントの映像でも観る事ができる。今回のブライス・ボルコビッツ・ギャラリーでの展覧会はハバナでの2人の共同作品を写真に収めそれをニューヨークのギャラリーで間接的に見せるもので、その本質はハバナのストリートの実物にあると思うが、季節が夏前という事もあってかハバナの雰囲気を感じられる見ごたえのあるものになっている。ギャラリー内には写真以外にもジェイ・アール、ホセ・パルラによってハバナの壁を再現した作品が1点、ギャラリー横のガソリンスタンドに隣接する外壁にも大きな2人の共同作品が存在する。作品だけで完結するのではなく、その作品のある都市、環境と一体になった表現を目指しているのがここでも感じられる。ギャラリー内のジェイアールによる巨大に拡大されたポートレイト、ホセ・パルラのペインティングと街の環境が一体となった写真を見ているとハバナの街の喧騒さえ聞こえてきそうな気がしてくる。

%288%29123JR_Parla_mural.jpg
JR / José Parlá Leda Antonia Machado mural

広告や政治的に意図されたものとは対称的な、匿名の一般人の超巨大ポートレイト。それらが街中に貼られる様は、そういったプロパガンダに対するアンチテーゼであるといえる。社会的に見ればある種イリーガルな事であるが、彼が世界中で行っているアート表現ではそんなあり得ない事が可能になっている。「ユーズ・アート・トゥー・ターン・ザ・ワールド・インサイド・アウト」(アートを通して世界をひっくり返す)と提唱し、テッド・プライズを受賞したジェイアール。革命的ともいえる彼のアート活動は今日も世界のどこかで進行中である。そんな彼とキューバの血筋を持つホセ・パルラの、歴史、現代社会のエネルギーを秘めたハバナのストリートでの共同作品。「ザ・ウィンクル・オブ・ザ・シティー・ハバナ・キューバ」はブライス・ボルコビッツ・ギャラリーで7月12日まで開かれている。

The Wrinkles of the City, Havana, Cuba
会期:2013年5月7日〜7月12日
時間:10:00〜18:00(日曜月曜休廊)
会場:Bryce Wolkowitz Gallery
住所:505 West 24th Street, New York, New York 10011
TEL:+1 212 243 8830
http://brycewolkowitz.com

Text: Yuji Shinfuku
Photos: Bryce Wolkowitz Gallery

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE