サタデー・インデザイン 2012

HAPPENINGText: Fann ZJ

サタデー・インデザイン・シンガポール」の2度目の開催に向け、デザイン一色の雰囲気に包まれたこの街は騒然としていた。毎年恒例のトレードショーであるこのイベントは、ある土曜日に特別行なわれ、仕入れ業者、デザイナーやブランドは、オープンハウス形式のショールームとして出展する。32の出展者が至る所で、鮮やかなサンゴ色が目印のこのデザインの旗を揚げていた。今年の「サタデー・インデザイン 2012」にはなんと3300名以上もの人が来場した。

サタデー・インデザイン 2012

多くの場合、落ち着いたショールームは中へ入りにくい印象がある。しかしサタデー・インデザインでは、スタイリッシュで静かなショールームでありながら、店内では地元のデザインコミュニティーから、オーナー同様に熱心なデザイン愛好家たちまで混み合い、活気のある会話が多く聞こえてきた。

SID%20002%20foundry.jpg

ショールームの敷地には様々な屋台が出店し、ホットドックやポップコーン、綿菓子を片手に歩く参加者たちによってさらにお祭りのような雰囲気が助長された。カラフル・ヘザウィックが設計したインスタレーション「紡ぎの椅子」は屋外に展示され、若者からお年寄りまでに好まれたこの作品は人々の想像を膨らませた。また常連客は、地元アーティストであるイーシャンの壁画に色を塗る作業に招待された。こういった地元のクリエイティブに関わる人とショールームとのコラボが完成し、サタデー・インデザインのプロジェクトの一環としてこのイベントを盛り上げる。参加者は太いマーカーペンを使って、イーシャンの作品の風景や街並みに彩りを追加していった。

SID%20003%20xtra.jpg

相互作用が見られたのは、会場の並び順だ。デザイナーによるトーク、インスタレーションやライブパフォーマンスの観客の配列の工夫によって、会場や展示スペースを活気立たせたり、親密にしたりすることもできる。

SID%20004%20Space.jpg

生産技術の域を超えて、参加企業の「HBO+EMTB」がカットした段ボールを使った一日を通して変化のあるインスタレーションを来場者に提供した。そこで来場者は、それぞれお気に入りのTUCA-TUCAランプはどれかと尋ねられた。一人一人異なる精神と個性を表現しているカラーの中からそれぞれの人、インテリアにあった一つが見つかるのだ。

SID%20005%20extra.jpg

「スペース」で開催されたディスプレイキッチンは様々なアクティビティが用意され慌ただしい雰囲気であった。フィフティースリー・レストランの有名シェフ、マイケル・ハンによるマフィン、カキやオードブルは来場者を喜ばせ、彼は手早くかつ大胆なディスプレイキッチンに設置された大理石の上を炎上させるパフォーマンスも見せてくれた。共同スペースはおいしいコーヒーを味わう来場者でいっぱいとなり、デザインについて終日議論していた。

サタデー インデザインは、地元のデザインコミュニティーとデザインの愛好家が、最新情報について語り、楽しみ、学ぶために集まるデザインへの愛情がこもったお祭りのようだ。彼らの関心はこの土曜日を超えてどこまでも続いていく。

サタデー・インデザイン 2012
会期:2012年10月6日
会場:シンガポール市内各会場
TEL:+65 6475 5228(シンガポールオフィス)
info@Saturdayindesign.com.sg
http://www.saturdayindesign.com.sg

Text: Fann ZJ
Translation: Hanae Watanabe
Photos: Kevin Yong and Luo Jingmei

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
スティーブ・ベイカー
MoMA STORE