スウォッチ・アート・ピース・ホテル

PLACE

上海の一等地で行われているスウォッチ・アーティスト・イン・レジデンス。多くのレジデンスプロジェクトはあるが、これほどの豪華さを持ったものがかつてあっただろうか。

スウォッチ・アート・ピース・ホテル

プロジェクトの舞台となるスウォッチ・アート・ピース・ホテル(以後SAPH)は、上海で最も賑やかな南京東路と、最も豪華な場所ワイタン(外灘)に面している。租界時代の名残を残すクラシックな建物の中の1つで、赤レンガと白い壁でつくり出される模様が美しい。1850年に建てられたセントラルホテルがその後火事に遭い、パレスホテルとして1903年に再建され、1908年に現在の6階建て(欧米式に2階を1階とするため実質7階建て)の建物となった。

BROCHURE_SPECIAL_EVENTS_02.jpg

SAPHは2011年11月1日にオープンした。スイスの時計会社スウォッチグループのオメガやスウォッチのショップの他に、1階は作品を展示するスペース、5階にはレストラン「SHOOK!」や大人数でイベントや会議などを行える「ギャラリー」と呼ばれるホール、6階は景色の良いスウォッチ・アート・ピース・ホテル・テラスがある。客室は7室のみ、全室スイートルームだ。

ARTIST_WORKSHOPS_04.jpg

SAPHのアーティスト・イン・レジデンスは「アーティストを、中国で最もスピードの速い上海、その街の中心に連れて来ること」をコンセプトとしている。選考委員は、スウォッチグループのCEOや、PPR(ノー・プランタン・ルドゥート)のCEO、俳優のジョージ・クルーニーなど。彼らに選ばれたアーティストたち18名がSAPHに3ヶ月から6ヶ月間滞在し、作品を制作する。アーティストにはそれぞれ、スタジオと住居スペースが与えられる。制作費や生活費はアーティストが負担をし、最後に作品を一点残すというものだ。

BROCHURE_THE_CONCEPT_01.jpg

建物の2階と3階が、アーティストのスタジオと住居スペースとなっている。このプロジェクトは始まったばかりでどこも真新しい。主に明るいオレンジ色の木と灰色の煉瓦と白い壁とが組み合わさった内装は柔らかい雰囲気をつくり出している。曲線を多く取り入れたデザインはSF映画の宇宙船船内の様だ。この建物の歴史ある外観とは全く違うことが面白い。

BROCHURE_SPACE_TO_LIVE_04.jpg

アーティストのスタジオは個室となっており、自由に制作することができる。このスタジオを開放して、上海で知り合った人々を招いて、完成作品の披露パーティーを開くこともできる。「スタジオスペースが広くきれいで制作に集中できる」「没頭して制作できる」というのが参加アーティスト共通の意見のようだ。共同のスタジオもあり、そこにはメモリの書かれた大きな作業台やパソコン、プリンターなどが設置されており、更に便利に制作できるよう考えられている。

BROCHURE_SPACE_TO_LIVE_01.jpg

アーティスト・イン・レジデンスの注目すべき点は交流にある。SAPHではアーティストたちが交流したり、彼らの友人たちが来たときに話が出来るラウンジがある。ワイタンに面したもっとも景色の良い場所に設置されている。共同のキッチンもあり、朝食はホテルが準備するビュッフェがあり、それ以外はアーティスト自身が食事を作る。壁には1つ黒板があり、彼らがアートイベントの情報などを交換している。

BROCHURE_VISITING_ARTISTS_01.jpg

各アーティストには、創作しやすい個別のスタジオと寝起きするプライベートな空間がある。しかしそれ以外の場面で、アーティスト同士が顔を合わせる機会もSAPHは提供している。そしてアーティストは自分と異なる国や背景を持つ相手と、人生やアートについてディスカッションをする。

BROCHURE_VISITING_ARTISTS_02.jpg

作曲家でありサウンドアーティストのルカはSAPHのアーティスト・イン・レジデンスに参加し上海で制作することについて、『自分のソニックアート(音を素材とした目には見えないが体に直に伝わるアート)が自分自身と違う文化の中でどう受け取られるかを主として観察しています。そうすることで、更に私の作品は力を得て、同時に新しい問題も浮かび上がってきます。』と答えた。カラフルな色を使いペインティングを制作するロッカク・アヤコは『上海のど真ん中で溢れるエネルギーを感じられ、材料も安く揃えられるので、新しいことに挑戦するのに適した環境だと思います。』と回答してくれた。

BROCHURE_CHIANG-SOONG_ROOM.jpg

ホテルの広報マネージャーであるベラはホテルを紹介しながら一言『ここで仕事をしていると、よく昔の人のことを考えます。ここで彼らは何を考えていたのかと』。彼女だけでなく、私も、そしてSAPHに足を踏み入れた人ならば、想像力を発揮せずにはいられないだろう。このホテルは自然と人に想像力を与える。ここに敏感なアーティストを連れて来て、創作してもらう。アーティスト・イン・レジデンスがこのホテルで行われることは、意外にも必然であるように感じられる。

The Swatch Art Peace Hotel
住所:上海市南京東路23号(外滩19号)
TEL:+86 21 2329 8500
http://www.swatch-art-peace-hotel.com

Text:Hiromi Nomoto
Photos: © The Swatch Art Peace Hotel

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE